SEO無視のブログ論

アフィリエイトがアップデートで飛ばされるのは当然と考える理由

ボクはブログを運営していますが、多くの方はアフィリエイトサイトを運営しています。

  • ブログ
  • アフィリエイトサイト

よく混同されがちなこの2つですが、根本的に全く別のものです。

そして最近ボクはアフィリエイトサイトに対して、本当に必要?って感じています。

その結果、実際にGoogleのコアアップデートによって検索結果から飛ばされる事態となっています。

そこで今回は、アフィリエイトサイトがアップデートされて当然と考える理由についてお話したいと思います。

アフィリサイトはアップデートされるべき理由

ブログとアフィリエイトサイトには次のような違いがあります。

  • ブログ→自分の意見を主張するメディアを作る
  • アフィリエイトサイト→商品を売ってお金を儲ける

ただ最近ではブログとアフィリエイトサイトの基準はあいまいになっています。

ボクはアフィリエイトによる収益化がダメだって言うつもりは全くありません。

アフィリエイトをビジネスとしてやることに対して、ボクがとやかく言うことはできないからです。

問題だと思っているのは、アフィリエイトサイトを検索結果の上位に表示するGoogleにあると思っています。

アフィリエイトサイトの記事とは言っても、大半は商品を売るために書かれた記事です。

それはもはやランディングページ(LP)と何ら変わることがありません。

ランディングページとは、商品を売るために作られた1枚で完結するWebページのこと

実際ランディングページは、主にリスティング広告で使われています。

  • 検索エンジン→記事を表示する
  • リスティング広告→商品を売りたいサイトを有料で表示する

このようにエリアが分かれているのですから、記事のフリしたLPはアップデートによって検索結果から除外されるべきです。

無理やり商品を売られても迷惑なだけ

以前ボクはインターネットで次のことを調べようとしました。

『居留守を使ってNHKと契約しないのは違法なのか?』

そこでGoogle検索を使ってある記事に出合いました。

最初はなるほどと見ていたのですが、途中から風向きがおかしくなってきました。

「あれ?これはなんか記事の方向性がおかしいぞ」

そう思って気がついていたら、なぜか最後に居留守が危ないからと防犯セキュリティを勧められました。

ボクは別に居留守が合法かどうかを知りたかっただけです。

行為そのものが安全かどうかなんてどうでもよかったです。

こういうサイトがGoogleの検索結果の上位に表示されるのはどうなのかと思っています。

記事化したアフィリサイトはステマと一緒

ボクがイヤなのは、文章を自分のホンネで書いていないものを見たときです。

「これ明らかに商品を売るための記事でしょ?」

こういう明らかに商品を売るためだけのサイトは、Googleの検索エンジンから飛ばして欲しいです。

最近では何かモノを購入するときは、多くの方が自分一人で決断することは少なくなっています。

  • 口コミ
  • レビュー記事
  • 比較サイト

こういった情報を購入するための決断にしています。

ところが第三者目線だと信じて書かれていた記事を読み、それが単に広告のアフィリエイト記事だとすれば騙された気分です。

アフィリサイトは商品のデメリットを絶対に言えない

何度も言いますが、アフィリエイトそのものがダメだと言っているわけではありません。

  • 明らかに商品を売ろうとする
  • 売るためにやたら商品を褒める
  • 商品を売るためだけに作られた記事

こういうサイトを検索結果から一掃して欲しいと思っています。

そして今後はGoogleによって一掃されることになるでしょう。

なぜならアフィリエイトサイトはランディングページと変わらないからです。

商品を売ることを目的にしたサイトだと、紹介する商品のデメリットは絶対に言えないです。

  • 営業マン
  • テレビ通販
  • テレビCM

これら全て一緒です。

でもこれらとアフィリエイトサイトとの違いは、見る側が広告だと認識しているかどうかです。

ユーザーが事前に広告だとわかっていればいいです。

実際新聞や雑誌などの記事広告には、必ず『広告』や『PR』と記載されるようになっています。

記載しなければステルスマーケティングと同じだからです。

そういったセールスと記事を混同したようなサイトは、やっぱり検索結果の上位に表示されるべきではありません。

アフィリエイト記事、『広告』『PR』といった表示がされていないLPのようなもの

ブログは本音を語るメディア

ブロガーを名乗るアフィリエイターがすごく多いです。

でもブログは、やっぱりホンネで語ってこその個人メディアだとボクは思っています。

広告主に対して配慮してホンネを言えないのは、もはや今のテレビと一緒です。

もちろん収益化は大事です。

ただこのブログにおけるボクの考えとしては、お金は本業などで稼いで、ブログでは自分の好きなようにやるというのがスタンスです。

だからこそリアルが伝わるし、記事を読む方に信頼してもらえると考えて居ます。

お金儲けのことを考えすぎると、サイトとしての意義を失ってしまいます。

ブログのような個人メディアは自分のホンネを語るべき

今後の個人メディアはそうあるべきだと思っています。

最後に

サイトの収益化はとても大事なことですが、だからと言ってお金儲けに走り過ぎてサイトの意義を忘れるのはいかがなものかと思います。

だから記事の内容からムリやりアフィリエイトにつなげようとしているサイトを見ると非常に残念に思います。

自分のお金儲けだけを目的として意義のないサイトは、今後はもっと検索結果からなくなっていくべきです。