SEOを無視したブログ論

今後のSEO対策について思うこと【ビジネスを変えた方が早い】

ボクはこのブログを始めてからもうすぐ5ヶ月になり、その他にも自分でサイト運営を行っています。

でも他の人と違うのが、SEO対策について一切考えていないということです。

それでも多くの人や企業は今でもSEO対策に夢中になっています。

でも今後はSEO対策にどっぷりはまらない方がコスパが良いのではないかと思うのです。

そこで今回は、ボクが思う今後のSEO対策についてお話したいと思います。

今後のSEO対策について思うこと

 
ボクもSEO対策にハマっていた時期もありましたが、流行を追ってもキリがありません。

そこでもう今後はSEO対策を追うのを諦めて、違う戦略で戦っていくことにしました。

ちなみに諦めたことについて詳しくは以下の記事をご覧ください。

 
SEO対策に必要なことはかなりたくさんあります。

コンテンツの質、被リンク、内部リンク、記事の文字数、スピード、metaタグ・・・

個人でも企業でも、全くの素人が真剣に取り組むためには莫大なコストか時間を必要とします。

つまりSEO対策はコスパが非常に悪いわけです。

もちろんSEO対策が全く不要だと言うつもりはありません。

なぜならビジネスは集客が大事であり、手段は変わる可能性があるものの、ネットを使った集客が大事なことは今後も変わらないからです。

またGoogleの検索エンジンが重要なのは、今後しばらくは変わらないのではないかとボクは考えています。

そのあたりも最近記事にしました。

 
ボクが言いたいのはSEO対策は大事ですが、コスパが悪いのに貴重なお金や時間を使う必要はないのではないかということです。

そのあたりも含めて今後はWEB集客を考えていかないといけないと思います。

なぜSEO対策はコスパが悪いのか?

 
ではなぜSEO対策はコスパが悪いのでしょうか?

ボクが思うにその理由は以下の2つがあります。

理由1:SEO対策を考えるライバルが非常に多いから
理由2:Googleのアルゴリズムが厳しくなっているから

理由1のライバルが多いというのは、日本中誰しもがSEO対策の重要性を理解しています。

そしてみんな考えることは同じです。

「検索エンジンの特定キーワードで上位表示されれば売上が増えることになる」

だからこそ今でも多くのSEO対策会社が存在しており、大金を支払う個人や企業があとを絶ちません。

そして理由2のGoogleのアルゴリズムが厳しくなっているのは、ジャンルによってもはや個人が太刀打ちできない状況にもなっています。

全体的な傾向としては、大手企業、公式サイト、影響力のある個人などがより強くなっているように感じます。

すでに知名度の高い企業が参入するのならいいですが、ほとんどの企業がそうではありません。

ましてや個人であれば知名度ゼロから始める場合がほとんどです。

そしてそれに対してボクは、こう思うのです。

わざわざお金と時間を使ってそんな厳しい戦いをする必要があるのですか?

もし新しくSEO対策を勉強してWEB集客をしようとするのであれば、

もはや厳しい市場になったところで戦おうとする必要はないのではないかとボクは考えているわけです。

SEO対策を頑張るよりビジネスを変えたほうが早い

 
これからSEO対策を頑張ろうとする人(企業)であれば、たいていは次のような人(企業)です。

▶すでに今行っているビジネスのWEB集客を強化したい
▶ホームページを作ったけど全くアクセスがない
▶アフィリエイトで稼ぎたい

こういう理由の場合ってたいていは、すでに多くのライバルが存在しています。

そしてライバルが多いということはそれだけGoogleに依存することになってしまいます。

ボクは今からSEO対策にお金と時間をかけるよりも、

新しいビジネスを始めた方が早いのではないか?

と考えています。

ライバルがいない新しいビジネスであれば、それだけSEO対策でも有利になり、攻略が簡単になります。

もちろんライバルが多いところで戦うよりも、コスパが良いのは言うまでもありません。

アフィリエイトなら別にASPに頼る必要はないと思います。

ブログにおいてもコンテンツの質は大事だとされていますが、

とはいえライバルが多ければ差別化しにくく、五十歩百歩になってしまいます。

もちろんSEO対策を頑張りたい人の中には、

「すでに今ビジネスやっているから新しいことはできない」

という方もいるかもしれません。

その場合でもライバルがいない商品だったり市場で、新たにWEB集客用戦略として戦うことは可能です。

ボクが今後のSEO対策について思うのは、SEOの知識を学んでエキスパートになるよりも、

ビジネス根本から見直すことが求められる時代になるのではと考えています。

中小企業や個人は特にです。

結局のところ、人気のないビジネスをやっている以上、SEO対策をいくら頑張っても意味がありません。

無理に今のビジネスを維持しようとしてSEO対策を始めようとする

そういう企業がとても多いような気がしています。

SEO対策はあくまでも集客方法の一つに過ぎません。

SEO対策とはそれくらいのものなので、そこに全てを注ぎ込むようなことはするべきではないと思います。

まとめ:なぜこのように考えるようになったのか?

 
SEO対策を諦めたボクがなぜ今後のSEO対策について考えるようになったのかというと、

最近ECサイトを立ち上げようと考えているからです。

正直言って、これまでにECサイトを作ったことも、運営したこともありません。

ネット上で物販をした経験すらありません。

「未経験でも何か新しいことを始めたい!」

そうは思っても、未経験のボクがまともにライバルが多い市場で戦って勝てるわけがありません。

でもSEO対策の観点から考えても、ライバルが少ないところで戦えば勝てる可能性が高いと思っています。

そう思ったので今回こういう記事を書いてみました。

こういう記事を書くということは、すでにボクの中には自信のあるアイデアがあるので、今後はそれを試してみたいと思います。