SEOを無視したブログ論

【低コストではムリ!】今後ブログにコストがかかると考える理由

会社員を辞めて独立する人がまず最初に考えることは、ネットを使った集客です。

なぜなら集客ができなければ、仕事がもらえずに生活を成り立たせていくことができないからです。

そこで多くの方がコストがかからないブログやSNSをやり始めます。

お金のかからない集客ツールの代名詞だったブログですが、

今後は本気でやるとある程度のお金はかかってくるなと最近では実感しています。

そこで今回は、今後ブログにはお金がかかると考える理由についてお話をしたいと思います。

ブログはコストがかからない?本気ならお金は必要

単にブログを始めるだけであれば、お金はかなり低コストで済みます。

  • 独自ドメイン
  • レンタルサーバー

最低限これだけあれば良いため、年間1万円のコストで始めることができます。

ホームページをしっかり作るとある程度のコストがかかってきます。

しかしブログだと維持費も安いため、WEB集客の最初の一歩として始める方がとても多いです。

実際にボクが運営しているニュースサイトはコストがほとんどかかっていないです。

2年以上もの間、毎日更新してきたという手間はかかっているものの、今となってはありがたい副収入になっています。

ちなみに月収は以下で公開しています。

フリーランスになってからの月収を実数公開私がフリーランスになってから現在までの収入を公開しています。 収入というのは主に粗利計算です。 原価のみ差し引いていますが、...

一方でこのブログを始めてから8ヶ月以上経っていますが、ニュースサイトと比べてコストがかかっています。

コストがかかっている理由は、アイキャッチ写真を有料素材にしているからです。

実際のところ、アイキャッチ写真は無料素材でも十分です。

しかし全ての記事に有料素材を使った方が、ブログ全体のイメージが良くなると考えたからです。

つまりこのブログだけ考えると、収益はないため完全に赤字です。

これまでにブログなどでいくらのコストをかけた?

ボクがこのブログを始める前にも、これまでにある程度のコストをかけてきました。

何事もそうですが、上手くやるためには勉強が必要になってきます。

これまでに以下のことにお金をかけてきました。

  • 写真の有料素材
  • セミナー代
  • コンサル代
  • ワードプレスのテーマ代
  • 書籍代

これらを合計すると約35万円ものお金を使っていました。

なおコストの詳細は以下の記事をご覧ください。

【経験談】これまでにブログの勉強などでいくら費やしたのか?低コストでできるブログやアフィリエイトですが、一般的に自己投資しないと稼げないと言われています。 ボクも現在副業として多少の収入を...

またボクはお金をかけていませんが、人によってはライターに外注している方もいます。

そうなるとそれ以上にコストがかかってきます。

つまりブログって本気でやり出すと、お金がかかるものだということです。

ブログは気軽に始められる分、辞めていく人も非常に多いです。

もちろんお金をたくさん使ったからといって、ブログで稼げるようになるとは限りません。

でもブログを続けられるのは、こういう人なのではないかとボクは思います。

必要なコストを惜しまないほどの覚悟を持って取り組んでいる人

今後ブログにはコストがかかると考える理由

ブログは低コストでできるため、誰でもすぐに始められることが大きなメリットです。

しかし始めることができても、実際にはある程度のコストをかけないと上手い可能性が高いとお話ししました。

ボクはブログの勉強代以外にも、今後コンテンツの制作費でコストをかけなければいけない時代が来ると考えています。

コンテンツの制作費というのは、例えば以下のようなものです。

  • ライターへの記事の外注
  • 関連書籍の購入費
  • 自分で足を運ぶための旅費や調査費
  • 専門家への取材費

すでに上記2つはコストとしてかけている方もいます。

しかし下記2つはあまりコストをかけている方は少ないのではないかと思います。

専門家への取材となると、もはや雑誌や新聞などのマスメディアと一緒です。

なぜこれが必要だと思ったのかというと、YouTuberのマスザワ内閣さんの動画です。

この動画にたびたび専門家らしき方が登場していました。

これってつまり自分の知識や経験では語れないからこそ、

『専門家を呼ぶことでより深く面白いコンテンツにしよう』

と考えているのだと思います。

もちろん動画とブログではまた違ったコンテンツの作り方にはなります。

しかしこのような発想がこれからのコンテンツ制作には重要になってくるのではないかとボクは考えています。

近い将来はコンテンツの時代になる

これまでブログといえば、自分の知識や経験の範囲内で書くことが主流でした。

もちろんそれはこれからも大事だと思います。

でも今後はフリーランスや副業として、より多くの方が参入してくることが予想されます。

【終身雇用が終了】副業・フリーランス戦国時代へ!?2019年5月から元号が『令和』になり、新時代の到来が期待される中、早速日本に大きな動きが出てきました。 これまでボクたちはなんと...

となると生き残っていくためには、自分がカバーできる範囲外のコンテンツも必要になってきます。

これはライティングスキルだけではカバーできない領域です。

もしギャンブラーで成功したみたいな経験や特殊なコネや人脈があれば良いですが、そんな経験をコンテンツにできる人はほんの一握りです。

ブログやYouTubeもそうですが、競争が激しくなるとコンテンツのクオリティが上がります。

もはや無料で作ったコンテンツではユーザーが満足しない時代が来るとボクは思います。

個人のブログではありませんが、アメリカのディズニーはスターウォーズのテーマパークに1000億円の投資をするようです。

ネットフリックスも自社コンテンツ制作に6,000億円の投資をすると表明しています。

またメンタリストのDaiGoさんは、書籍と論文検索に毎月100万円使っていると話していました。

もちろん個人でここまでかける必要はないでしょう。

しかしいつの時代もコンテンツのクオリティがメディアの結果を左右してきました。

それを考えると、将来はブログと言えどもコンテンツ制作にコストをかけなければいけない時代がくるかもしれません。

最後に

ブログはやるだけなら、低コストで気軽に始めることができます。

現在ではブログのコンテンツ制作にお金をかけないのが主流であり、その代わりに記事を書くための手間がかかるのがデメリットでした。

しかし今後は手間に加えて、個人でもコンテンツにいくらかのお金をかけないといけない時代が来るのではないかと思います。