SEOを無視したブログ論

【94日連続更新】日々のブログのネタはどうしているのか?【安定供給】

『今日のブログはどんな内容を書こう・・・』

ブログをやっている方であれば、一度や二度はこのように思った経験もあるはずです。

実際ボクもこれまで何度も思ってきました。

でもあることを始めてからこのように悩むことも少なくなってきました。

そこで今回は、ブログのネタをどうやって探しているのかについてお話したいと思います。

ブログのネタをどうやって探しているのか

『ブログのネタよ、出てこいや〜!』

パソコンの前に座って高田延彦のように叫んでも、残念ながらブログのネタが出てくることはありません。

不思議なもので、ネタが欲しいときにひねり出そうとしても、意外と全く思いつかないものです。

そこでボクはあるときからこのような方法を取ることにしました。

『いつでもブログのネタを書き留められるように常に準備をしておく』

どういうことかというと、パソコンの前に座っていても良いアイデアは思い浮かびません。

それよりも全然違うことをしているときの方がアイデアを思い浮かびやすいことに気がつきました。

例えば次のようなときです。

  • 『シャワーやお風呂に入っているとき』
  • 『一人で車を運転しているとき』
  • 『誰かと話をしているとき』
  • 『本を読んでいるとき』

このポイントはここにあります。

良いアイデアがいつ降臨してくるのかタイミングは自分にもわからない

これに気づいたボクは、思いついたときにすぐにスマホのメモ帳に書き残すことにしました。

これによって思いついたアイデアを逃すことなく、常にストックができている状態を作り出すことができています。

ボクの場合だと、常に10個以上ストックがあるため、少なくとも今後1週間までのネタには困らなくなりました。

毎日ブログのネタをひねり出している方にはオススメの方法です。

アイデア降臨のタイミングを逃さずにすぐにメモすることが大事

ブログのネタは農業のように育てる

ブログのネタを探すときには、インプットを増やしたり、常にアンテナを張っておくことは必要です。

さらにボクが考えるもう一つ重要なことがあります。

『いつも思いついたネタのことを意識しておくこと』

日々思いついて書き留めたネタのことを意識することで、より具体的で質の高い記事にすることができます。

どういうことか説明します。

どこかのタイミングで思いついたブログのタイトル候補をスマホのメモ帳に書き留めていきます。

正直言って、ブログのタイトルだけ決まっていても、それだけですぐに記事をすることは難しいです。

ですのでこれらのタイトルを一旦寝かせます。

そうするとまたどこかのタイミングで、『このタイトルにはこういう記事を書こう』と思い浮かぶときがやってきます。

そして思い浮かんだ記事の内容も一緒にメモ帳に書き留めていきます。

するとブログのネタはどんどんより具体的に記事の内容が決まっていくことになります。

そしてある程度ネタが育ったところで収穫(=記事にする)します。

つまりブログの記事のネタを集めるプロセスは以下のようになります。

  • プロセス1:ネタが降臨したタイミングを逃さずにメモをする
  • プロセス2:しばらく時間を置いてネタをより具体的にする
  • プロセス3:育ったネタから記事にしていく

やっていることはまさに『ブログの農業』って感じです。

さらにこの『ブログの農業』の良い点は、毎日の記事のクオリティが安定することです。

毎日パソコンに向かって、『今日のブログは何を書こう・・・』と考えると、どうしても日々のネタにバラツキが出てしまいます。

しかし農業のようにネタを育てることによって、良い記事を安定供給することができるようになります。

ネタが毎日しんどいって思っている方は、ぜひ参考にしてみてほしいと思います。

ネタを常に意識して書き留め続けると質の高い記事のネタが完成する

最後に

アイデアとは不思議で、無理やりひねり出しても出てこない上に、無理に考えて出てきたものはたいしたことなかったりします。

それよりも降臨のタイミングを逃さず書き留め、それを育てていった方が効率的です。

かつて日本人は狩猟を行っていましたが、いつからか農業や飼育という方法を取ることになりました。

これによって現在でも良い食糧が安定供給できるようになっています。

ブログでもこれと同じ方法を取ることで安定供給できるようになります。