SEOを無視したブログ論

【クオリティはスキルの差】記事作成に莫大な時間を費やしても変わらない

現代はもはや1億総ブロガーとも言える時代です。

しかしブログを書き続けることができる人はほとんどいないのが現状です。

ボクはこのブログで毎日記事を更新し続けて230日を超えました。

そこで思うのは記事の作成に多くの時間を費やしてもクオリティはそれほど変わらないということです。

良い記事を書こうと思って時間を費やすのですが、ただの自己満足で終わってしまっているような気がします。

そこで今回は、記事作成に莫大な時間を費やしてもクオリティは上がらないというお話をしたいと思います。

1日かけた記事と3日かけた記事はほぼ同じもの

ボクはこのブログの記事を書くために、毎日1〜2時間を費やしています。

1記事の文字数は1,800〜2,500字くらいです。

これ以上の文字数を書いてしまうと自分が飽きてしまうので、毎日これくらいにしています。

もしボクが毎日書いている記事を3日に1回にするとどうなるでしょうか?

おそらく文字数は3,000〜4,000字くらいに増えるかもしれません。

しかし記事のクオリティはおそらくほとんど変わらないものになるはずです。

理由:毎日の記事に書きたいポイントは全て入れているから

ブログの記事には伝えたいポイントというのがあります。

そこが変わらない限り、単に文字数を増やしても意味がありません。

仕事が遅い=仕事ができない人

ときどきブログをやっている人でこういうことを言う人がいます。

「丁寧にクオリティの高い記事を書いているため、週に1回しか記事が書けません」

こう言うのを聞くと、ボクは「本当にそうなのかな?」って思ってしまいます。

ボクの持論として、『仕事が遅い=仕事ができない人』というのがあります。

これは過去に記事にしているのでよかったらご覧ください。

レスポンスが早いほど優秀なフリーランスであると言える理由フリーランスは個人のスキルに依存するため、いかに高いスキルを持つことができるかが重要となります。 特にクリエイティブな仕事をする場...

本人としては毎日記事を書いているため、費やす時間がとても多いように感じているはずです。

しかし実際に記事作成に“集中している”時間を合計してみると、1日でも3日でも1週間でもそれほど変わらない気がします。

  • 1日で書く→一気に書き上げる
  • 3日や1週間で書く→分割して書く

ただこれだけの違いです。

もちろん1,000文字、3,000文字、5,000文字で費やす時間の合計には差が出てきます。

ただ『時間を費やせばそれだけクオリティが上がるか?』といえば、それは違うのではないかというのがボクの考えです。

ブログ初心者であれば記事の作成に時間がかかってしまいます。

しかし自分にある程度の負荷をかけないと、クオリティはなかなか上がっていかないです。

『丁寧に作っているから時間がかかって遅くなるというのは全て言い訳』

ボクは別にみんながブログで毎日記事を書くべきだとは思っていません。

しかし1つの記事を書くときには集中して一気に書き上げた方が、集中している分クオリティの高いものが作れるのではないでしょうか。

一気に集中して書き上げた方が記事のクオリティが上がる

クオリティは時間の差で変わるものではない

ブログでもデザインでも仕事でも同じですが、クオリティの差はかけた時間によって変わるものではありません。

もちろんそれなりのクオリティのものを作るためにある程度の時間は必要です。

しかし時間をかければかけるほど、比例してクオリティが上がっていくというのは間違いです。

なぜならクオリティの違いは時間ではなく、その人のスキルと意識の違いによって生まれるものだからです。

その人が持っているスキル以上にクオリティが上がることはない

同じ人が時間をより長くかけたところで、クオリティの差に対して違いが生まれるわけではありません。

これは極論として、初心者が長い時間をかけても大して良いものが作れないと考えるとわかりやすいと思います。

例えば、洋食店のデミグラスソースは1週間かけて作ることもあるそうです。

しかし料理の素人であるボクが美味しいデミグラスソースを作ろうとしたところで、1週間かけても同じクオリティのものは絶対に作れません。

なぜなら料理のスキルも経験も何もないからです。

ということで良い記事を書こうとして、ムダに多くの時間を費やすのは辞めた方が良いと思います。

それよりもたくさんの記事を書き続けることでスキルを上げていった方が、よっぽどクオリティもスピードも上がるようになっていくはずです。

1つの記事に多くの時間を費やすよりも多くの記事を書いた方がスキルが上がる

最後に

今回は、記事のクオリティを高めるためにより多くの時間を費やしても意味がないというお話をしました。

ボクは230記事以上も毎日書いてきましたが、だんだん書くことに慣れて書くスピードも上がってきました。

毎日記事を書くことは大変ですが、今ではそれなりに自分へ負荷をかけてきて良かったと思っています。

ということでもしクオリティを上げたいのであれば、たくさん書いてスキルを高めたり、経験値を増やした方が良いと思います。

あとは『良い記事を書きたい』って強く思う意識も大切です。

そういったことが自分の身になってくると、自然とクオリティも上がってくるのではないでしょうか。