SEOを無視したブログ論

【失敗談】ブログで多くのアクセスを集めるためにはテーマ選びが重要

ボクはこれまでいくつものサイトを作っては潰すを繰り返してきました。

そんな中で今では月間70万PVを超えるサイトを運営して副収入を得ています。

 
でもそれまで作ったサイトは月間1万PVすらも超えたことすらありませんでした。

さらにボクはこの月間70万PVのサイトを作る前に、あるサイトを作って失敗しています。

そこで今回は自分の失敗した経験から、ブログで多くのアクセスを集めるためにはテーマが重要ということについて説明していきます。

ブログはテーマ選びが重要【失敗談】

 
ボクは現在月間70万PVを超えるプロレスサイトを運営していますが、その直前にある失敗をしています。

プロレスサイトを始める約3週間前に、海外サッカーの情報サイトを始めていました。

当時はボク自身が海外のサッカーを好きでよく見ていたため、それなりに知識を持っていました。

そこで本場のイングランドやスペインのウェブサイトから情報を仕入れて発信すれば、かなりアクセスが集まるのではないかと考えたわけです。

なぜなら海外サッカーは日本でもポピュラーであり、ファンの数はかなり多いからです。

そして実際にブログを立ち上げて、海外サッカーの情報サイトを開始しました。(2017年4月3日〜)

ところがここである失敗をしてしまいました。

それは市場(テーマの需要)の大きさだけしか考えておらず、ライバルサイトなどのことを一切考えていなかったことです。

今思えばとても愚かでしたが、当時のボクはそんなこと考えもしませんでした。

実際にやってみて気がついたのですが、海外サッカーは需要が非常に大きいため、その分ライバルである情報サイトのレベルがかなり高かったです。

ただし記事のレベルは、結局海外サイトの情報を翻訳して発信しているだけなので、それほど差はありません。

ボクがライバルサイトのレベルが高いと感じたのは以下の点です。

記事のクオリティではなく、情報を発信する早さ

海外から情報を仕入れる場合、日本と時差があるため、日本で深夜寝ている時間帯でも多くの情報が発信されています。

ところがサッカーのライバルサイトは、日本人が寝ている時間帯であるにもかかわらず、海外で発信されてからわずか30分以内に記事にされていたのです。

ボクは自分のブログを一人で運営していたのに対して、おそらくライバルサイトは複数人のスタッフが24時間体制で記事を書いていたのだと思います。

海外サッカーサイトを始めてから1ヶ月経ってようやく以下のことにボクは気がつきました。

個人が大手に真っ向から挑んでも絶対に勝つことはできない

そのことを知ったボクは3ヶ月間頑張ったものの、月間1万PVには遠く及ばなかったことから、諦めてそれ以降更新をストップしました。

失敗した経験を次に活かして新たなブログを開始

 
サッカーサイトが伸び悩んでいた頃、この海外から情報を仕入れて翻訳するやり方は他のテーマでも活かせるのではないかと考えていました。

そこでボクが海外サッカー以外にも好きだった『アメリカンプロレスのサイトはできないか?』と考えるようになりました。

とはいえ海外サッカーの日本国内での需要と比べると、アメリカンプロレスはそれほど需要がないことは誰にでもわかります。

そしてサッカーサイトで失敗したことを二度としないために、始める前にライバルサイトのチェックをしっかりと行いました。

すると見つかったのは大手サイトは存在せず(公式は除く)、個人で発信している情報サイトが一つあっただけでした。

『これはチャンス!』と思ったわけですが、問題だったのはこのサイトに対して本当に需要があるのかどうかです。

そこでボクは『Simliar Web(シミラーウェブ)』を使って、その唯一存在していた個人サイトのアクセス数を調べてみました。

この『Simliar Web』は、URLを入れるだけでそのサイトのおおよそのアクセス数を調べることができます。

そして調べてみたところ、そのサイトはなんと月間20万PVと判定されたのです。

『Simliar Web』は自分のサイトで確かめたこともあるので正確な数字が出るとは思っていませんが、他のサイトを調べる上で一つの目安にはなります。

『こんなサイトが月間20万PV?』とそのときボクは思ったわけですが、同時にチャンスでもあると考えました。

そのときはサッカーサイトを始めて3週間経った頃でしたが、プロレスの情報サイトも始めようと考えてすぐに立ち上げて開始しました。

すると2ヶ月ほどで後発だったプロレスサイトがサッカーサイトのアクセス数を上回ってしまったため、そこでようやくサッカーサイトを閉める決断をしました。
 

ポイント

ブログのテーマ選びは、需要の大きさとライバルサイトとのバランスが重要

まとめ

 
フリーランスの仕事でもそうですが、儲かりそうなだけでブログのテーマを選んではいけないとボクは学びました。

世間の需要がとても大きいということは、それだけ目を付けるライバルも多くて当然です。

ボクは需要の大きさはほどほどでも、ライバルがいないエリア(いわゆるブルーオーシャン)を狙うことでより簡単にアクセスが集めることができました。

ですので今後はこの失敗を自分の本業の方でも活かしていきたいと思います。