SEOを無視したブログ論

【SEOの常識を完全無視】ボクが理想でありお手本とするサイト

自分でブログやWEBサイトを作っている人であれば、一つや二つ憧れのサイトはあるものです。

そして実際ボクにも理想であり手本とするサイトがあります。

しかしこのサイトは、世間一般で言われるようなSEO対策の常識を完全に無視したサイトです。

ではなぜこんなサイトをボクが理想とするのでしょうか?

そこで今回は、SEOの常識を完全無視したボクが理想であり手本とするサイトについてお話したいと思います。

ボクが理想でありお手本とするサイト

 
ボクが手本とするサイトですが、まずは説明する前にご覧いただいた方がわかりやすいと思います。

ボクが理想とするのは以下のサイトです。

『PWInsider.com』

英語のサイトになるので、見慣れていない人はあまり良い印象を受けないかもしれません。

ちなみにどういうサイトかというと、プロレスに関するニュースを日々提供しているサイトです。

正直言うと、ボクが最初にこのサイトを見たときには広告ばかりで見にくさを感じました。

ここまで広告をベタベタ貼りまくっているのは最近あまりないような気がします。

そしてこのサイトですが、広告の数以外にもSEOの常識を無視している点がいくつもあります。
 

SEO対策の常識を無視している点

▶サイトがスマホ対応になっていない
▶1つの記事が1〜2行で終わることもある
▶アイキャッチを含めて写真が一切使われていない

今このようなサイトを作っていたら、はっきり言って笑われてしまうレベルです。

「もう少しブログのことを勉強したら?」

このように言われてもおかしくはありません。

ましてやスマホ対応になっていないサイトなど、最近ではほとんど見かけなくなりました。

恥ずかしくて誰もこのようなサイトをマネしようとは思わないでしょう。

でもおそらくあなたはこのサイトをバカにすることができないはずです。

なぜなら『SimilarWeb』で調べてみると、月間100万PV近い数字になっているからです。

もちろん『SimilarWeb』は完全に正確だとは思っていないため、あくまでも目安にしか過ぎません。

それでもPVが低く見積もられることもあるため(ボクの経験上)、実際には100万PVを超えている可能性もあります。

こんな変てこりんなサイトでも月間100万PVを超えているわけですから、SEO対策って何なのか?って話ですね。

サイトの収入源

月間100万PVもあると、毎月かなりの収入になっているはずです。

実際に問い合わせたわけではないので具体的な金額についてはわかりませんが、

このサイトの情報にはスタッフ4人の名前が記載されているところをみると、4人を養えるだけの収入はあるはずです。

このサイトの主な収入源ですが以下の2つに分類されます。

収入源1:広告・アフィリエイト
収入源2:オンラインサロン

一つ目の広告・アフィリエイトは、見ての通りサイトの至るところにベタベタ貼られています。

基本はGoogleアドセンスですが、通常の純広告バナーも貼られているため、おそらくアフィリエイトもあるのではないかと思います。

そして二つ目のオンラインサロンですが、最近話題のサブスクリプションモデルのことです。

このサイトとは別に、月額制の有料会員限定のサイトも運営されています。

それが『PWInsider ELITE』というサイトです。

ちなみにご覧になられても入り口で会員登録しないと入れないため、中身を確認することはできません。

会員になるためには毎月8.99ドル(約960円)の支払いが必要です。

この会員限定サイトは何が違うのかというと、まずベタベタ貼られている広告が完全になくなります。

ですのでニュースを読むときには読み込み時間も短くなり、ストレスなくチェックすることができます。

そしてここがこのオンラインサロンの特徴なのですが、

会員限定のポッドキャストが定期的に配信されることです。

このポッドキャストは音声での配信になるのですが、会員限定で特別な情報を聞くことができます。

その情報を目当てに多くのプロレスファンたちがオンラインサロンに登録するわけです。

広告収入とオンラインサロン収入、この2つによってこのサイトは運営されています。

ちなみにボクはポッドキャストについて今後日本でも伸びると考えており、それについては以下の記事をご覧ください。

 

なぜSEO対策を無視して巨大サイトができたのか?

 
ここまではボクが理想とするサイトがどういうものなのかを説明してきました。

ではなぜボクがここまで理想とするのかというと、

『コンテンツさえ良ければサイトの作りはどうでもいい』

これを体現するサイトだからです。

2004年にできたこのサイトは、独自の情報源によるニュースが掲載されています。

他のどのサイトにも載っていないオリジナル情報が掲載されていることから、ファンや関係者みんなが注目しているわけです。

しかもボクの知る限り、かなり信頼性の高い情報です。

その結果が月間100万PVという数字になっています。

おそらく今からブログを始める人がこのサイトをマネして、1記事1〜2行しか書かなければ絶対にアクセスは集まりません。

新しいサイトであれば検索エンジンからの流入は必須になるため、文字数が少な過ぎて評価されないからです。

実際に『SimilarWeb』で見ても、検索からの流入は全体の5%です。

一方でサイトに直接訪れるダイレクトは77%になっています。

ダイレクトが多いということは、いかにこのサイトのファンが多いのかということです。

もちろん長い期間積み上げてきたものがあるからこそダイレクトでファンが訪れる仕組みが出来上がっています。

そのため今から始める人であれば、最初は必ずGoogleの検索エンジンを頼る必要があります。

しかし流入をいつまでもGoogleに頼っていてはいけないと思うのです!

新規ユーザーを集めるためには検索エンジンは必要ですが、その後リピーターになってもらえるかどうかはそのサイト次第です。

これはサイトでも店舗によるリアルビジネスでも何でも同じです。

リピーターになってもらえるかどうかは以下の2点にかかっています。

1:提供するコンテンツのクオリティ
2:ほぼ毎日記事を更新する

コンテンツのクオリティによって直接訪れてもらえるサイト作りが大事

そこがボクの理想とするところです。

まとめ

 
ボクはコンテンツさえ良ければ、必ずアクセスは集まるものだと考えています。

だからこそこの『PWInsider.com』はボクにとって究極です。

ただし完全にSEO対策を無視すると集まるまでに時間がかかるため、最低限の対策は必要だとも思います。

でもいつまでもGoogleに依存しなければいけないというのはただの幻想です。

コンテンツのクオリティをそばに置いてSEO対策だけを考えるのは、一時的には伸びても長くは続かないのではないでしょうか。