SEOを無視したブログ論

【質の高いコンテンツとは何か?】当てはまる4つのポイント

ブログ、SNS、動画など収益を上げるためには質の高いコンテンツの提供は必須です。

それはネットフリックスがコンテンツ制作に数千億円もの投資を行っていることが何より証明しています。

そして今後多くの個人が収益源の確保のためにコンテンツ制作を行うことを考えると、ますます質の高いコンテンツを作ることが求められます。

しかしその前に、そもそも質の高いコンテンツとは一体どういうものなのでしょうか?

そこで今回はブログを例にして、質の高いコンテンツに当てはまる4つのポイントについてお話したいと思います。

質の高いコンテンツとは何か?当てはまる4つのポイント

 
ボク自身も最近このブログで『質の高いコンテンツって何だろう?』とよく考えています。

そんな中で出合ったのが、どうすれば売れるのか?(ダイヤモンド社・木暮太一著)という本です。

この本は今回の参考文献です。

そのタイトルの通り、何か商品を売れるようにするための本であり、決してブログ関連の本ではありません。

しかしここで書かれていた内容はブログを書くことにおいても当てはまると思ったので、今回は置き換えてお話したいと思います。

そこで書かれていた質の高いコンテンツのポイントは以下の4つです。

ポイント1:ベネフィット
ポイント2:資格
ポイント3:目新しさ
ポイント4:納得感

それでは順番に説明していきます。

質の高いコンテンツのポイント1:ベネフィット

 
質の高いコンテンツのポイントの一つ目は、ベネフィットです。

最もわかりやすく、よく使われる良いコンテンツのポイントがこのベネフィットです。

このベネフィットを簡単に説明すると、
 

ベネフィットとは

ブログを読んだ人が何かを学ぶことができるコンテンツ

ということになります。

例えば以下のようなタイトルのブログです。

▶『Googleで検索順位を上げるために具体的にどうすれば良いのか?』
▶『胃痛や腹痛が起きたときに痛みを抑えるための対処法とは?』
▶『40代で婚活を成功させるために必須のある行動とは?』

このようなノウハウ系ブログであれば、全てベネフィットに当てはまります。

ポイントは読者を今の状態から新しい状態へ変化させることです。

この変化を起こせる情報こそがブログにおけるベネフィットになります。

そしてこのベネフィットを見つけるために必要なことが以下の考え方です。

『読者はどんな不満を持っているだろうか?』
『読者はどんな不便を感じているだろうか?』

このように考えて良いコンテンツというのは、誰かの不満や不便を解消するような情報を提供しています。

このベネフィットを意識してブログを書くだけでも、コンテンツの質がかなり上がってくるはずです。

質の高いコンテンツのポイント2:資格

 
質の高いコンテンツのポイントの二つ目は、資格です。

この資格というのは、誰が言うのかがポイントだということです。

コンテンツではベネフィットを提供することは大事なのですが、それと同時に語る人に資格があるのかも重要になってきます。

例えばボクがこのブログで以下のような記事を書いたらどう思うでしょうか?

▶『今からでも間に合う!仮想通貨で億り人になる方法』
▶『これからの時代は必須!ビッグデータを上手に活用する方法』
▶『フリーランスが毎年50万円以上節税できる方法』

自分の実体験から記事にすれば問題はありません。

でもボクは仮想通貨をやっていなければ、ビッグデータを活用したこともなければ、税理士でもありません。

つまりボクがこのような記事を書いても、読者に対して全く説得力がないわけです。

書ける記事というのは、その書く人によって全く違ってきます。

それはブログだけでなく、どんなメディアであっても同じです。

例えば雑誌でも新聞でもテレビでも、全ての記事に対して記者が知識を持っているとは限りません。

もしない場合には必ず専門家に取材して意見を求めているはずです。

なぜならそうすることによって、メディアとしての信頼感を保たなければいけないからです。

ですので記事に信頼性を持たせるためには、ベネフィットに加えて書く資格があるのかどうかも重要なポイントです。

質の高いコンテンツのポイント3:目新しさ

 
質の高いコンテンツのポイントの三つ目は、目新しさです。

昔は1日に4〜5時間もテレビを見ていたボクですが、最近ではほとんど見なくなりました。

なぜならテレビ番組はどれも同じようなものばかりで、目新しさが全くないからです。

これはブログにおいても同じことが言えると思います。

すでに世の中にある多くのブログと同じような記事を書いても、目新しさが全くありません。

あまり他人のブログをディスるのはイヤなので具体例は出さないですが、

『このテーマはもう記事にする必要がないんじゃないか?』

と思ってしまうような記事もよくあります。

それはすでに同じようなテーマが出回りすぎて、記事に対する目新しさが全くなくなっているからです。

しかし中には、どうしてもこのテーマで記事を書きたい!ということもあるかもしれません。

そういうときには、切り口を変えて斬新さを出すというのも一つの方法です。

ちなみにそれについては過去の記事で取り扱っているので、良かったらご覧ください。

 

質の高いコンテンツのポイント4:納得感

 
質の高いコンテンツのポイントの四つ目は、納得感です。

記事を読んだ人が納得してくれるかどうかは大きなポイントです。

▶『この人が言っていることは本当かもしれない』
▶『実はうすうすそう思っていたんだよな』

読んだ後にこのように思ってもらえれば、それは良いコンテンツだということになります。

マインドセットを伝えるブログやツイートが人気なのは、この納得感を持ってもらいやすいからです。

あと最近ではDaiGoさんのニコニコ動画がとても人気です。

それは1日に何冊も本を読むDaiGoさんが厳選してオススメする情報であること、

さらに学者の研究結果を元にした情報だからこそ、ユーザーは高い納得感を持つことができます。

ただしあまり自分の立場を考えずに奇抜なことを記事にすると、この納得感が薄れる可能性もあります。

例えば東スポが以下のような記事を出していたらどう思うでしょうか?

『ついに火星で宇宙人を発見か?』

おそらくほとんどの方が、『あぁまたか』と思うはずです。

ところが日経新聞が同じ内容の記事を出していたらどう思うでしょうか?

今度は多くの方が、『何?本当か?』と記事を信頼してしまうはずです。

この違いは記事に対する納得感が異なるために生まれているものです。

記事に納得感を出すというのは難しいところですが、

ベネフィット、資格、目新しさと連動させながら上手く納得感を出せると良いコンテンツになるでしょう。

まとめ

 
今回は質の高いコンテンツに当てはまる4つのポイントをご紹介しました。

この4つのポイントのうちどれか一つだけが当てはまるとは限りません。

いくつ当てはまっても問題ないですし、多く当てはまればそれだけ良いコンテンツになるはずです。

もし今後、『良いコンテンツって何なのか?』と疑問に思うことがあれば、

この4つが当てはまっているかどうかを参考にしてもらえれば良いのではないかと思います。