SEOを無視したブログ論

【ブログ初心者必見】誰でも良い文章が書けるようになる方法

今日本でブログをやっている人はすごく多いです。

その中にはまだ始めてまもない方もいれば、何年も積み上げているベテランの方もいます。

そしてブログ初心者ほどベテランのブログを見て、このように思うことでしょう。

「こんなに良い文章自分も書けるようになりたい!」

そこで今回は、ブログ初心者でも良い文章が書けるようになる方法についてお話したいと思います。

誰でも良い文章が書けるようになる方法

『良い文章を書く方法』は、様々なテクニックが公開されていますし、書籍もたくさん販売されています。

もちろんこういったテクニックは有効ですし、どんどん吸収するべきだと思います。

でも文章テクニックは、初心者がすぐに効果を発揮するのは難しいものも多いです。

やはり初心者がいきなり良い文章を書くことは簡単ではありません。

5年、10年ブログや文章を書く仕事をやっている人と同じだけのクオリティの文章を書くことはかなり厳しいでしょう。

そんな中でも誰でも良い文章を書ける方法があります。

誰でも良い文章を書ける方法:とにかく推敲すること

初心者が良い文章を書くためには、何度も何度も修正を加えて推敲することが一番効果的だとボクは考えています。

しかもブログだけでなく、これら全てに有効です!

  • ブログを書く
  • 広告のコピーを書く
  • 何か文章を書く
  • デザインを作る

公開する前に、自分で何度も何度も文章を確かめることは大切なことです。

一流の職人でも何度も確かめる

昔テレビで『料理の鉄人』という番組が放送されていました。

この番組に登場していた鉄人は、おそらく日本でもトップクラスの料理人だと思います。

そんな鉄人でさえも料理を作っているときに、しっかりと味見をしていたシーンが映し出されていました。

「あれだけすごい料理人でも、料理を完成させる前にきちんと自分の舌で味を確認するんだ」

ボクはこの番組を見ながら衝撃を受けました。

これって文章も同じだと思います。

文章が上手い人ほど何度も確認して修正しているものです。

初心者であればなおさらです!

ということで文章に自信がない人ほど、ブログを公開する前に推敲することをオススメです。

初心者が良い文章を書くには推敲が近道

推敲するときのポイント

ブログ初心者が良い文章を書くためには、公開する前に何度もチェックする必要があります。

つまり『文章が上手くないならその分時間をかければ良い』という考え方です。

そして推敲の方法ですが、ボクはまず初めに文章を最初から最後まで先に書いてしまいます。

そのあとで完成した文章を一行、一文字ずつ読んでチェックするようにしています。

一文字ずつチェックしていくので、「が」を「は」に変えるなどのようなことはよくあることです。

そして推敲するときに大事なことが、客観的な視点を忘れないことです。

  • 『この表現で伝わるかな?』
  • 『こうするともっと良くなるかな?』
  • 『わかりやすくなるかな?』
  • 『読みやすくなるかな?』

このように考えながら一文ずつチェックすると、だんだん良い文章が生まれてきます。

推敲のメリットは、時間を書けた分だけ文章の質も上がっていくことです。

だからこそ誰でも文章のクオリティが上がるようになります。

さらに何度もチェックしていくことで、文章中の誤字脱字、おかしな日本語などにも気づくことができます。

「今日は良い記事を書けたから早く公開したい!」

このように思う気持ちもわかりますが、良い記事だからこそ推敲によってさらにクオリティを高めていくべきです。

良い文章って上手さが全てではない

文章は推敲を重ねることで誰でもクオリティを上げることができます。

でもそもそも良い文章って上手さが全てではないとボクは考えています。

たとえ上手くても何も伝わらない文章だってあります。

  • 『どんな内容を記事にするか?』
  • 『気持ちを込めて書いているか?』

文章はテクニックだけでなく、このようなことも非常に重要です。

ボクがよく読むブログに『黄金の金玉を知らないか?』があります。

正直言って、このブログの文章としてはそれほど上手い方だとは思いません。

でも書いてある記事の内容が独特だったり、熱意などはかなり高いものがあります。

そういった他にはない個性も文章には大事だとボクは思うのです。

また気持ちが込もっている文章ほど読む人を引き込むことができます。

ですので良い文章を書くために推敲することは大事ですが、それ以上に気持ち(熱意)、個性、内容なども重要だということです。

テクニックだけでは良い文章は書けない

最後に

ブログの初心者が良い文章を書くためにはテクニックを学ぶよりも、時間をかけて推敲する方が効果的です。

また推敲と同じくらい、気持ちを込めて内容のある文章を書くことも重要です。

そして経験を積むことによって、より味のある文章が書けるようになるのではないかと思います。