雑談

【実体験】6ヶ月間でお金をかけずに無理なく18kgやせた方法

ボクは先日、自分が過去にダイエットを行って半年間で18kgやせたことをお話ししました。

 
しかしこのときには具体的なダイエットの方法については一切言及していませんでした。

そこで今回は、ボクが実際にダイエットを行った具体的な方法についてお話したいと思います。

※これはあくまでも実体験を元にした記事です。科学的な根拠は一切ありませんので、参考程度にご覧ください。

ダイエットにおける基本的な考え方

 
実際の方法を説明する前に、ボクが実際にやせたビフォーアフターの写真を掲載しておきます。

ダイエットをしたときにはボクがまだ会社員時代でした。

そしてボクがみるみるやせていったことで、周りのスタッフ(全て女性)からも『どうやってやせたの?』と聞かれるほどでした。

ボクがダイエットを始めたきっかけですが、2016年3月に会社の健康診断で体重測定を行いました。

そのときに90kgの表示を目にしたことで、『これはマズイ!』と思ったことがダイエットを始めるきっかけでした。

そこから10ヶ月くらいで3kgほどやせたのですが、どうやって痩せようかと考えながらやっていたため、思ったほど効果が出ませんでした。

そしてボクが実際にダイエットを始めたのは2017年1月からです。

このときの体重は87kgでした。

あるとき、ボクはダイエットに関するある言葉を目にしたとき、大きな衝撃を受けました。

摂取カロリー>消費カロリー→必ず太る

世の中には様々なダイエット方法があり、おそらく今後も色々なやり方が世に出てくるでしょう。

しかしどんなダイエット方法で、どんなカロリーオフの食べ物を摂取しようと、摂取カロリーが消費カロリーを上回れば太ってしまうのです。

当たり前といえば当たり前です。

でもボクたちはついついこのように思ってしまいがちです。

▶『たくさん運動したから痩せるだろう』
▶『毎日スムージーを飲んでいるから痩せるだろう』
▶『今流行りのダイエット方法だから期待できるだろう』

しかし結局のところ、摂取カロリーが消費カロリーを上回れば太ってしまうのです。

これがボクの中でダイエットにおける基本的な考え方として、具体的な方法を考えることにしました。

【実体験】6ヶ月間で無理なく18kgやせた方法

 
ダイエットをするにしても、継続的に行っていかなければすぐにリバウンドしてしまいます。

そのため自分にとって無理なく続けられることが何よりも大事だと考えました。

そのためには以下の3つの基準を満たす方法を探すことにしました。

基準1:全く運動しない、ジムに通わない
基準2:お金は使いたくないので0円でできることをやる
基準3:ご飯(白米)をやめられないので3食とも食べる

これだけ見るとかなりわがままのように見えますが、どれも自分にとってダイエットを続けるためには不可欠なものでした。

そしてこの基準を元に、ボクは自分でダイエットにおけるルールを決めました。
 

ダイエットにおけるルール

ルール1:毎日の摂取カロリーを1300〜1500kcalにする
ルール2:炭水化物と脂質は必要以上に摂らないようにする

ダイエットをするためには、消費カロリーを増やすか、摂取カロリーを減らすしか方法がありません。

ボクは運動をしたくなかったので、摂取カロリーを減らす方法を考えました。

その結果できたルールが、『毎日の摂取カロリーを1300〜1500kcalにする』というものです。

1日3食食べるので、朝300kcal、昼500kcal、夜500kcalのような感じです。

また3食ともご飯を食べていましたが、それ以外ではできる限り炭水化物と脂質は摂らないように心がけました。

このルールを満たしたことで、ボクは毎月2kg〜3kgが安定してやせていくことになりました。

1ヶ月経つと効果が数字で現れるので、それに嬉しくなって半年続けていたら18kgもダイエットに成功することができました。

ダイエット期間中の食生活

とはいえこのようにお話ししても、『1日1300kcalで、3食ともご飯を食べるって無理でしょ?』ってよく思われます。

まずボクが3食とも食べていたご飯の量は100gです。

具体的にははごろもフーズのレトルトご飯を食べていました。

これは200gですが半分に割ることができるため、1回の食事でちょうど100gを食べることができます。

記載のカロリーによると、このご飯100gで129kcalになります。

朝:ご飯100g+おかず170kcal
昼と夜:ご飯100g+おかず370kcal

このようにしてカロリーを計算しながら1日3食食べるようにしていました。

またボクがその他よく食べていたのがサラダチキンでした。

最近ではダイエット食として定番になりましたが、約100kcalでボリュームのあるお肉が食べられるため腹持ちには最適です。

さらに低脂質な上に高タンパクなため、筋肉が落ちにくく健康的なダイエットが可能になります。

とはいえこのような食事ばかりしていると、ときには以下のような状況も出てきます。

▶『カロリーを気にせずに違うものも食べたい』
▶『会社の同僚にご飯に誘われたけどダイエット中だしなぁ』

こういうときには我慢しないで、食べたいものを食べていました。(もちろんほどほどですが)

確かに一時的に体重が増えるものの、また翌日からいつもの食事にすれば体重は戻っていきます。

ダイエットを長く続けていくためには、食べられないストレスというのはかなり厄介です。

そんなときには無理をしないで食べてしまい、また翌日から頑張ることでダイエットが長続きできるようになります。
 

ポイント

ストレスを溜めないように時には好きなものを食べることも大事

まとめ

 
今回お話しした方法で、ボクは6ヶ月間で18kgものダイエットに成功しました。

でもこの方法が誰しもに適しているとは主張するつもりはありません。

運動が好きな人であれば消費カロリーを増やす方法が適しているでしょう。

ご飯は我慢できるけど、パンが食べたいという人もいるかもしれません。

そのためボクは、自分に合った方法を見つけることが大事だと思っています。

ただボクから言えるのは、ダイエットはいかに無理をしないで継続できるかが重要です。

一時的にやせてもすぐにリバウンドしてしまっては意味がないため、その辺りは考慮した方が良いかもしれません。