雑談

【闇営業問題で考える】手に職をつけるのは安定であり大事なこと

先日吉本興業は、所属芸人が反社会的勢力への闇営業を行っていたとして、謹慎処分を発表しました。

闇営業が良いか悪いかについては所属事務所の問題であるため、外部であるボクが意見することはできません。

しかし今回の問題を見ると、やっぱり手に職をつけることは大事なのかなと感じました。

そこで今回は闇営業問題で考える、手に職をつけるのは安定であり大事なことというお話をしたいと思います。

本当に強いテレビタレントとはどういう人?

 
今のテレビ番組には多くの芸人やタレントが登場しており日夜しのぎを削っています。

テレビに登場する芸人でもランクは様々であり、司会を行う人もいれば、ロケやひな壇にいる人もいます。

おそらく司会をするようなタレントであればギ日頃のギャラが良いため、

たとえ謹慎になったとしてもある程度の貯えがあるかもしれません。

しかしロケに行ったり、ひな壇に座っているような若手芸人であれば稼ぎは少ないのでしょう。

しかも吉本興業であれば、ギャラの配分が事務所と9:1だとも言われています。

そんな中でもし無期限の謹慎になったとすればどうなるでしょうか?

「明日からどうやって生活しよう。アルバイトをしないといけない」

おそらくこのように思う芸人もいるかもしれません。

テレビタレントの難しいところに、スポンサーの意向が大きく反映されてしまうというのがあります。

つまりイメージの悪いタレントは、今後一切テレビに出られなくなる可能性もあるということです。

ところがたとえテレビに出られなくなったとしても、

本業を別に持っている人や漫才・コントなどの芸を持っている人は非常に強いです。

例えば『今でしょ!』でブレイクした林修先生は、現在でもテレビに出続けています。

でも彼の本業は塾講師であり(しかも一流の!)、別にテレビに出なくても生きていけるわけです。

もしくは芸人でも漫才やコントなどの芸が出来れば、テレビに出なくても舞台に出て生きていくことができます。

もちろんテレビに出続けることで人気を持続できるメリットはありますが、

すでに知名度のある芸人であれば、闇ではない営業や単独公演によって収入を確保することができます。

つまり『テレビの仕事を失っても良い』と思っている人は、一つ収入源がなくなっても困らないということです。

ですので何か問題を起こして謹慎したときに本当に困るのは、

収入のほとんどをテレビやラジオなどへの出演に依存していた人なのではないでしょうか。
 

ポイント

本業の仕事や漫才・コントなどの芸があればいざという時でも困らない

手に職をつけるのは全ての人にとって大事なこと

 
テレビタレントの話で手に職をつけることは大事だとお伝えしましたが、

これは誰しもに当てはまることだと思います。

例えば大学を卒業して同じ会社に勤めている人がいるとします。

今は仕事があって良いかもしれませんが、いつ会社が倒産するかわからない時代です。

会社員にとっての倒産は、芸人の謹慎以上に大ごとです!

もし会社が倒産して仕事を失ってしまったらどうなるでしょうか?

当然新しい仕事を探す必要が出てきます。

このときにこれまで長年かけて習得したスキルが、

その倒産した会社にだけしか役立たないものだったとしたら?

おそらく次に働く会社ではゼロから学びなおす必要性が出てきます。

もしくは再就職でさえも困難になるかもしれません。

しかし手に職をつけておけば、

自分でゼロからビジネスを始めることもできますし、再び会社員として働くこともできます。

ちなみにこの手に職をつけるというのは、資格のことを言っているのではありません。

世間から需要のあるスキルであり、自分の顧客や人脈のことを意味します。

そしてボクはこれが結果的に一番安定している方法ではないかと考えています。

そういう意味でいうと、ブログやアフィリエイトだけで稼ぐことも非常にリスクが高いと思っています。

副業であったり、別の収入源を確保しながらやる方が安定するのでオススメです。

ということでこれからの時代は、終身雇用もなくなり、年金もどうなるかわからないので、

その会社でしか食いつぶしが効かない仕事には人が集まらなくなると思います。

そして働く人にとっても、『いざという時に生きていけるのか?』というところまで手に職をつけることを考える必要があります。
 

ポイント

需要のあるスキルや自分の顧客を持つことが安定につながる

まとめ

 
今回の闇営業問題を見ていてボクが思ったのは、

本業や芸を持っていないテレビタレントはもはや非常に厳しい時代だと感じました。

そしてこの厳しい時代は、そのままボクたちの現在にも置き換えることができると思います。

これからの時代、本当に信頼できるのは国や会社ではなく自分自身です。

手に職を持っていない人は今後どんどん淘汰されていくのではないでしょうか。