雑談

iPad OSでワードプレスのブログが上手く書けるのか?

ボクはこれまでiPad Air(初代)を持っていたのですが、上手く起動しなくなったのを機に新しいiPadを購入することにしました。

そして先日iPad Air(3世代)を購入しました!

廉価版のiPad(7世代)と迷ったのですが、チップが『A12 Bionicチップ』だったのでiPad Airを購入することにしました。

ボクが購入iPadでやりたかったことの一つに、ワードプレスのブログを書くことがありました。

そこで今回は、iPad OSでワードプレスのブログを書いた感想についてお話したいと思います。

なぜiPad Airを購入したのか?

ボクがiPad Airを購入した一番の目的は、家以外でワードプレスのブログを書きたかったからです。

基本的にはほぼ毎日家でブログを書いているボクですが、ときには外へ出ることもあります。

そんなときに空いた時間にいつでもブログを書ければ、時間の有効活用が可能です。

この目的をきっかけに、iPadを選んだのは以下の理由からです。

  1. 外へ手軽に持ち運べるから
  2. iPhoneとiMacを持っているから
  3. iPad OSができたから

ボクはノートパソコンを持っているのですが、iPadの軽さとは比べ物になりません。

おそらく重さが1/4くらいになったことで、外へ持っていくことが圧倒的に軽くなりました。

またすでにiPhoneとデザインや写真で使用するiMacを持っているので、iCloudの関係でアップルに統一した方が便利です。

そして最後にダメ押しだったのが、iPad OSが導入されたことです。

iPad OSとは→これまでiPadもiPhoneも同じOSだったのが、iPad単独で開発された。その結果タブレットながらパソコンの使い勝手に近づいた。

ボクはiPad OSによってワードプレスのブログがより手軽にできると考えました。

ということでiPad Airを購入することにしました。

購入してまもないですが、思ったことや感じたことを記事にしたいと思います。

iPad OSでワードプレスのブログが上手く書けるのか?

普段はiMac(21インチ)を使っているため、操作性などはあくまでもiMacとの比較になります。

一応ボクのiPadでブログを書く環境についてお伝えしておきます。

  1. Chromeを使っている(Safariではない)
  2. スマートキーボードとマウスを使用
  3. ワードプレスのテーマはJINを使っている

結論を言うと、iPad OSでブログを書くことは十分可能です!

もちろんiMacと違って細かい点で違和感はありますが、外で突発的にブログを書く分には全く問題無いです。

ただブログを書くためにはiPad以外にスマートキーボードとマウスがあると便利です。

ちなみに初めてiPadでブログを書き始めてから、慣れるまで3時間ほどかかりました。

でもそれだけやれば十分iPadでブログを書けるようにはなります。

詳しいことは次の項目で良かった点と悪かった点をまとめておきます。

iPad OSでブログを書くことの良かった点

ボクがiPad OSを使ってブログを書いてみて良かった点は以下の項目です。

  • 10.5インチの画面は書くだけなら問題無い
  • スマートキーボードはmacのコマンドが使える
  • スクリーンショットが楽にできる

iPad Airは10.5インチの画面サイズなのですが、ワードプレスでブログを書くだけなら問題ないです。

参考に画面をそのままスクリーンショットした画像も貼っておきます。

iPadのワードプレス画面

ただボクは普段iMacの21インチを使っているので、画面サイズはおよそ1/4になります。

なので最初は多少の違和感を感じました。しかし慣れれば問題ないです。

比較のためにiMacの画面も貼っておきます。

中央の書くところがiMacの方が圧倒的に大きいので見やすいです。

iMacのワードプレス画面

また、Macユーザーにとっては嬉しいショートカットコマンドがスマートキーボードでも使えました。

  • コピー:command + C
  • ペースト:command + V
  • 切り取り:command + X
  • 取り消し:command + Z

ボクは普段からこういったコマンドを使うのですが、そのまま使えるのでブログを書くときに便利でした。

いちいちマウスでクリックする必要がないため、時間の短縮とストレス軽減になります。

iPad OSでブログを書くことの欠点

確かにiPadでワードプレスのブログを書くことはできますが、やっぱり欠点があるのも事実です。

ボクが感じた欠点をまとめておきます。

  • マウス操作が最初は慣れない
  • スプリットビューにすると画面が小さすぎる
  • リライトに時間がかかる
  • 図解画像が作れない

それでは順番に説明していきます。

マウス操作が最初は慣れない

まずマウスの操作に慣れるまでに少し時間がかかりました。

先ほどiPadでブログを書くのに3時間あれば慣れるとお伝えしたのですが、ボクの場合はほとんどがこのマウスでした。

特に文字の選択に慣れるまでに一苦労でした。

iMacであればクリックしながらスライドすれば簡単に選択できます。

文字の選択

この操作がマウスでできなかったために時間がかかって仕方がなかったです。

なおマウスの左クリックを長押しすることでスライド選択ができるようになります。

ちなみにマウスの右クリックは押すとこのような画面が出てきます。

マウス右クリック画面

ここでスクリーンショットなどの操作が可能です。

スプリットビューにすると画面が小さすぎる

iPadの10.5インチ画面ならワードプレスでブログを書くことは可能です。

しかしスプリットビュー(画面分割)を利用するとブログを書くことが困難になります。

スプリットビュー画面

他のアプリを立ち上げると2分割されるのですが、もはやワードプレスのブログは書けたものではありません。

なのでもしiPadでブログ以外のマルチタスクを行いたい場合には、スライドオーバー機能を利用すると良いと思います。

リライトに時間がかかる

これはボクの場合だけかもしれませんが、記事のリライトにとても時間がかかりました。

新規作成は文字を新たに打ち込むことが基本となります。

しかしリライトの場合、すでにある文章を追加、削除、移動などの作業が加わってきます。

特にマウス操作に慣れていなかったため、コピペなどに時間がかかりました。

その結果、通常なら1記事20分ほどでできるリライトでしたが、1時間ほどかかることになりました。

マウス操作に慣れてからは時間を短縮することができましたが、それでもリライトは大きな画面の方がやりやすいです。

図解画像が作れない

iPadはスクリーンショットが簡単にできるのですが、図解などを作るのが大変です。

特にボクの場合にはアドビのIllustratorを使っているので、まだiPadで使えないのが欠点です。

2020年にiPad版Illustratorが登場するとも噂されています。

そうなるとiPadでのブログ作業や仕事がさらに楽になるかもしれません。

最後に

iPadでワードプレスのブログを書くことは十分可能です。

最初は画面サイズや操作が大変でしたが、慣れれば全く問題ありません。

しかしできることならデスクトップやノートパソコンでの作業の方が圧倒的に楽ですし、時間の短縮にもなります。

iPadは軽いことから外への持ち運びに圧倒的なメリットがあります。

なので普段はパソコンでブログを書いて、外で書く必要が生じたときにiPadを使うくらいにした方が良いというのがボクの感想でした。