雑談

【体が資本】肉や魚を食べなくなって得られた3つの効果

5月は本業で絶不調だったのですが、実は自分の健康面でも絶不調でした。

そのため5月からは肉と魚を食べない生活を始めることにしました。

ちなみにボクはベジタリアンでもなければ、ビーガンでもありません。

そして始めてからわずか1ヶ月ほどにもかかわらず、すでに生活に変化が見られています。

そこで今回は、肉や魚を食べなくなって得られた3つの効果をご紹介したいと思います。

肉や魚を食べなくなって得られた3つの効果

 
フリーランスは『体が資本』と言われますが、本当にその通りだと思います。

なぜボクが肉や魚を食べない生活を始めたのかというと、病院で血液検査を行ったら尿酸値が8.2もあったからです。

ちなみに尿酸値は7以下が正常だと言われており、それを越えると痛風になる恐れがあります。

『これはマズイ!』と思ったボクは、生活習慣から改善しようと思い、肉と魚を食べない生活を始めたというわけです。

そしてわずか1ヶ月ですが、肉や魚を食べなくなったことで得られた効果は次の3点です。

効果1:体が健康になったこと
効果2:体重が落ちたこと
効果3:食費が1割以上下がったこと

それでは順番に説明していきます。

効果1:体が健康になったこと

 
肉と魚を食べなくなって得られた効果の一つ目は、体が健康になったことです。

もともと始めたキッカケが尿酸値だったことはお話しましたが、血液検査を受けてから5日後にも再び検査を行いました。

するとわずか5日間で、尿酸値が8.2から7.2へと減少することになりました。

ボクはもともと酒・タバコは一切摂取しないため、変えたのは食生活くらいです。

それでこれだけの効果が得られたわけですから、食事は人間にとって大事なのだと改めて実感させられました。

ちなみに品川庄司の庄司さんが、鶏のささみばかりを食べて痛風になったと発言していました。

ですのでたとえ脂身が少ない肉であっても食べすぎるのは体に良くないみたいです。

そしてもう一つわかったのは、肉や魚を食べていた頃は、台所の排水溝のゴミ受けカゴがすぐに汚れていました。

掃除をしても2〜3週間ですぐに真っ黒になっていたので困っていたほどです。

ところが野菜中心の食生活に変えてからは、1ヶ月が経ってもそれほど汚れなかったことは驚きでした。

そしてこのカゴを人間の体に置き換えると、肉や魚が体を真っ黒にしてしまうのではないかと考えさせられました。

タンパク質は別に肉や魚から摂らなくても、大豆や卵から摂取することができます。

そう考えると、普段の食事では肉や魚はそれほど摂取する必要がないのかもしれません。

効果2:体重が落ちたこと

 
肉と魚を食べなくなって得られた効果の二つ目は、体重が落ちたことです。

今年に入ってから少し太り気味だったので、痩せないといけないと思いながらもそのままにしていました。

しかし肉や魚を食べなくなってからわずか1ヶ月間で、3kgものダイエットに成功することができました。

しかもベルトのユルさも以前に戻ってきたため、食生活を変えたことが結果的にダイエットにつながりました。

おそらくこれは肉や魚を食べなくなったことで、摂取カロリーが大幅に落ちたことが原因だったと思います。

以前ボクはブログでダイエットの成功体験を記事にしました。

 
ここでもお話したように、やはり何を食べようと摂取カロリーが多ければ簡単に太ってしまうのだと実感しています。

もしダイエットをしたいのであれば、肉や魚を控えた野菜中心の生活にすると良いかもしれません。

効果3:食費が1割以上下がったこと

 
肉と魚を食べなくなって得られた効果の三つ目は、食費が1割以上下がったことです。

正直言って、野菜中心の生活にすることで体が健康になって体重が落ちるのは予想通りでした。

しかし食費が下がったことはボクにとって最も大きなサプライズでした。

ボクはフリーランスになってからほとんどコンビニで買い物をすることがなくなり、食材は全てスーパーで購入します。

そしてこれまでは1回の買い物で約2,000円でした。

しかし食生活を変えてからは1回で1,600円〜1,800円まで下がることになりました。

1ヶ月の食費が3万円だとすると、1ヶ月で3,000円〜4,000円のコスト削減につながることになります。

ボクは何か努力したわけでもないのに、勝手にコストが下がることほど素晴らしいものはありません。

この食費で下がったコストは書籍代か広告宣伝費に費やしていきたいと思います。

まとめ

 
昔は肉や魚を食べない生活は考えられませんでした。

でもボクが年をとったのか、今では日々の食事は大事だと考えるようになりました。

ただしボクはベジタリアンではないので、時には肉や魚を食べることもあるかもしれません。

しかしフリーランスは倒れてしまうと、収入がゼロになってしまう可能性があります。

ですので収入面の対策をすると同時に、倒れずにいつまでも働けるように日々の健康には気を使った方が良いのだと実感した1ヶ月間でした。