雑談

誰が言うかの時代|インフルエンサー広告は影響力は最も強い

最近では有名人ではない一般人でも、影響力を持つ人が増えています。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • ブログ

こういったところで多くのフォロワーを集めて影響力を持っている人のことをインフルエンサーと言います。

このインフルエンサーですが、テレビよりも影響力があると研究で明らかになっています。

そこで今回は、インフルエンサー広告はテレビ広告よりも影響力が強いというお話をしたいと思います。

インフルエンサー広告はテレビ広告よりも影響力が強い

自社商品を販売したい民間企業は常にこのように考えています。

『どうすれば世間一般に認知してもらって商品を購入してもらえるようになるだろうか?』

そこであらゆるメディアを使って、広告宣伝の手段を取ることが多いです。

これまで日本全国に広告をするにはマスメディアを使うことが一般的でした。

  • テレビ
  • ラジオ
  • 新聞
  • 雑誌

ところが最近では、インフルエンサーに企業案件の広告が持ち込まれることがあります。

企業からすれば影響力が弱まっているマスメディアよりも、

『インフルエンサーに宣伝してもらうことで多くの人に知ってもらいたい!』

このように考えるようになるのは自然なことなのかもしれません。

インフルエンサー広告の神経科学研究

インフルエンサーマーケティング会社『Whaler』は、インフルエンサーに関する世界初の神経科学研究を発表しました。

この調査ではInstagram、Facebook、YouTubeを使用する合計187人のユーザーが参加しています。

調査での比較対象メディアは以下の通りです。

  1. YouTube
  2. Facebook
  3. テレビ
  4. インフルエンサー

今回はこれらの広告によって引き起こされた感情を調査しています。

そして研究結果はどの広告よりも、インフルエンサー広告が最も高い数値を出しています。

つまりインフルエンサー広告が『最も強い印象を受けると同時に記憶にも残る』という広告として最高の結果になったということです。

ちなみに研究結果の数値は以下の通りです。

    テレビ広告との比較

  • 感情の強度:+277%
  • 記憶への符号化:+87%

    YouTube広告との比較

  • 感情の強度:+28%
  • 記憶への符号化:+73%

    Facebook広告との比較

  • 感情の強度::+64%
  • 記憶への符号化:+182%

どのメディアと比べてもインフルエンサーは最も影響力があることがわかります。

特にマスメディアの代表とも言えるテレビと比べると、大きな数値を発揮しています。

インフルエンサー広告はポジティブな反応を示す

調査をした『Whalar』の上級副社長は、インフルエンサー広告がプライミング効果が最も高かったと結論付けました。

プライミング効果とは、先に得た情報によって、無意識のうちにその情報に引っ張られた行動を取ること

この調査によると、インフルエンサーにプライミングされていなかった各広告に対しては当初否定的な反応を見せました。

しかしインフルエンサーがプライミングした後は、各広告ともポジティブな反応を示したようです。

これをわかりやすく言うと、このような感じです。

  • インフルエンサーによる広告前→ユーザー「あんまり信用できさそうなモノだなぁ」
  • インフルエンサーによる広告後→ユーザー「なんか良さそう!買ってみたい!」

つまり消費者はインフルエンサー広告の方が、その商品に対して最も高い好感度を抱くことになるということです。

このような調査結果が示されると、今後ますますインフルエンサーの影響力が強まっていくかもしれません。

何を言うかよりも誰が言うかが重要な時代になる

一昔前までの最も影響力のあるメディアといえば、間違いなくテレビでした。

ぽっと出のタレントであっても、テレビを通して言うことで大きな影響力を持つことができるほどです。

しかし今後はそれも変わってくるかもしれません。

現在ではインターネットやソーシャルメディアによって様々な人とつながれる時代ですが、人に対する信頼性はますます重要になっています。

今回の調査でも、ユーザーは企業が広告によって自らアピールすることは信じないけれども、

『この人(信頼できるインフルエンサー)が言うことなら間違いない!』

このように考えている人が多いことが示されたのだと思います。

ですので今後はメディアを使って『何を言うか』よりも、『誰が言うのか』が大きな影響力を持つことになるかもしれません。

最後に

今回は神経科学研究を元に、インフルエンサー広告の影響力についてお話ししました。

ネットを使えば簡単にコミュニケーションが取れる時代だからこそ、人に対する信頼性がこれから重要になってくると思います。

ただしステマは法律に触れる可能性があるためご注意ください。