フリーランス・独立

『お金がない』はフリーランスにとってメリットだと考えるべき

ボクは会社員をやめてフリーランスになって2年が経ちました。

おそらく独立したいと考えている方は非常に多くいるのではないかと思います。

でも実際に会社員をやめて独立する方は非常に少ないです。

会社員をやめたいのに独立しない最も多い理由の一つは、『お金がない』ことです。

でもボクはフリーランスにとってお金がないことは一つのメリットとして考えべきだと思っています。

そこで今回は、『お金がない』はフリーランスにとってメリットである理由について説明していきます。

お金がないはフリーランスにとってメリットである理由

毎月安定した給料をもらえる会社員をやめるというのは、確かに勇気がいることかもしれません。

そのため独立する前には準備に余念がないわけです。

そして独立したいけどしない人は、たいてい以下の理由を語ります。

  • 『必要なお金がないし・・・』
  • 『毎日忙しくて準備する時間がないし・・・』
  • 『スキルや経験がないし・・・』

これはつまり『準備が整ったら会社員をやめて独立する』ってことを言っているわけですね。

でもボクは『お金がない』『時間がない』『スキルや経験がない』ことをデメリットとして捉える必要はないと考えています。

むしろ何かが足りないことはフリーランスにとって大きなメリットです。

というのもボクはフリーランスにとって最大の武器はこれだと思っています。

最大の武器:自分の頭を使って考えること

何かが足りないからこそ、『どうすればいいのか?』って頭を使うようになります。

ですのでもしお金もあって、時間もあって、スキルや経験もあるなら頑張ろうってモチベーションにはならないだろうって思うのです。

そして頭を使って考えることが、自分にしかできない価値を生み出すきっかけになるのではないかとボクは考えています。

だからこそ何かが足りないのは決してデメリットではなく、むしろメリットとして考えるべきです。

お金がないことは考えるためのきっかけになる

もしお金が潤沢にあるとどうなっているのか

とはいえ、お金があるといろいろと選択肢が増えることも事実です。

となるとやっぱりお金がないことはデメリット?って思われるかもしれません。

しかしながらお金があって選択肢がありすぎるのも問題です。

なぜなら何でもできるようになると頭を使わなくなるからです。

ボクは稼いでいる芸能人が副業でお店を始めるものの、失敗する人が多いのはこれが原因だと思っています。

例えば飲食店を開業しようとしたときに、たいていは実際にかかるコストが開業資金内に収まることはありません。

開業資金<開業までにかかるコスト

だからこそ、『どうすればコストを抑えて自分のやりたいことを実現できるか?』と考えるようになります。

ところがお金があると何でもできてしまうため、頭を使うタイミングを失います。

何も考えずにお店を開業したところで、上手くいくはずがありません。

何かが足りないことで選択肢が限られ、それによってアイデアが生み出されることになります。

もし『お金は無制限にあるから好きな副業しても良いですよ』って言われても何をしようか困ると思うんですね。

それよりも『毎月使える予算が1万円、使える時間が毎日1時間以内』って制限があるとどうでしょうか?

ブログ、アフィリエイト、転売など具体的な副業の選択肢が思い浮かぶはずです。

そしてそこからさらに『自分の興味のあるジャンルは?』というように制限をつけていくことで、より具体的なアイデアを生み出していきます。

つまり何かの制限があるということは、具体的で自分に合ったアイデアを生み出すために必要なものなのです。

選択肢が限られることでアイデアが生まれる

フリーランスになる前に何のために準備をするの?

フリーランスにとって何かの制限があることは、頭を使える大きなチャンスです。

それなのにその制限をわざわざなくすために独立する準備をするって時間をかける意味あるの?って話です。

そしてそういう人に限って、お金やが潤沢にあって、スキルや経験もある強者のマネをして強者の戦略を取ろうとしています。

でも残念ながら、ゼロから新しく始める人に強者のマネをすることは不可能です。

なぜなら人それぞれでできることとできないことが全く違うからです。

だからこそフリーランスが強者に勝つためには、自分の頭を使って考えるしかありません。

ボクも今は主に広告デザインの仕事をしていますが、愛知県内には従業員を何十人と抱える強者の広告会社がたくさんあります。

でもボクがそれらの会社と同じことをしていたら、間違いなく勝てる見込みはありません。

だからこそ戦う業界を絞って、自分の持っているスキルと経験を武器に、持っていた貯金の範囲内でできることを考えた結果が今になっています。

フリーランスとして月収20万円を稼げるようになった戦略ボクはフリーランスとして2年が経ち、これまでなんとか生活に困ることなく仕事を続けることができています。 ボクの場合は人脈もコネもな...

もちろんフリーランスになるために準備は必要ですが、必要以上の準備に時間を使うのはムダではないでしょうか。

最後に

日本で最も納税を行なっている斎藤一人さんがこんなことを言っていました。

『仕事はとにかく自分のできることから始めるんだよ』

つまり自分が今持っている武器で、『どうすれば勝てるだろうか?』って考えることが、結果的に良いアイデアを生み出す源になります。

そう考えると、『お金がない』『時間がない』『スキルや経験がない』というのはフリーランスにとって一つのメリットになるのではないでしょうか。