フリーランス・独立

フリーランスになる魅力とは?【仕事面でのメリットを解説】

ボクはフリーランスになって2年以上経ちましたが、独立するというとデメリットに目を向けられがちです。

  • 収入が安定しない
  • 休めないくらい働く
  • 企業と比べて立場が弱い
  • 国民年金や国民健康保険は全額自己負担

なお大変なことについて詳しくは以下の記事をご覧ください。

フリーランスになってマジで大変だと思った3つのことボクは会社員をやめてフリーランスになってから一度もこの選択に後悔していません。 フリーランスになって良かったと心から思っています。...

しかし会社員を辞めてフリーランスになったことは、大変なこと以上にかなり大きなメリットがあったと感じています。

そこで今回は、フリーランスになる魅力についてお話したいと思います。

フリーランスになる魅力とは?

フリーランス一番の魅力はなんといっても自由なところです。

全てを自分で管理しなければなりませんが、その代わりに全てにおいて自由を手に入れることができます。

ボクがフリーランスになって良かったと思ったのは、誰にも束縛されずに自由になったことでした。

詳しくは以下の記事で説明しています。

【2年間経験】フリーランスになって心から良かった3つのこと会社員を辞めてフリーランスになったことで大変なことは多々あります。 実際に仕事をする時間が増えましたし、常にお金の不安は頭から離れ...

そしてその中でも仕事においては特に以下のメリットがあります。

  1. 自分の好きな仕事ができる
  2. 思い立ったらすぐに行動できる
  3. 仕事で使った分は経費にできる

それでは順番に説明していきます。

魅力1:自分の好きな仕事ができる

会社員であっても自分の好きな仕事を選ぶことができます。

なぜなら憲法で職業選択の自由が規定されているからです。

しかしフリーランスにおいては、職種だけでなく具体的なところまで自由に決めることができます。

例えば以下のようなことです。

  • 好きな商品・サービスを作ることができる
  • 料金設定を自由に決めることができる
  • いつでも改良を加えることができる
  • 営業や販売方法を自由に行うことができる

業務委託ならまだしも、会社員でここまで決めることができるのはまずないはずです。

なぜなら会社の根幹となる部分は必ず社長や役員が決めることになるからです。

もちろん自由に決めれるということは、稼げなければ収入はゼロになってしまう責任を負っています。

それでもボクは商品やサービスを自由に売ることを望みました。

常に変化しなければ世の中についていけない

ボクがこのような考えになったのは将来が不安だからです。

「将来が不安だからこそ会社員でいるべきでは?」

普通はこのように思う方が多いです。

しかし人生のハンドルを自分で握れることこそ、本当の意味での安定を手に入れることができると考えています。

この考えについて詳しくは以下の記事をご覧ください。

【実はリスクが嫌い】なぜ会社員をやめてフリーランスになったのかボクは2年前に会社員を辞めて、現在はフリーランスとして働いています。 最近では働き方改革が盛んに行われるようになっており、今後はフ...

ボクが働いていた会社は、全く変化しない会社でした。

確かにボクが入社したときには非常に調子が良かったです。

しかし10年以上同じビジネスモデルを続けていたために、だんだん下降の一途を辿っていきました。

会社員時代の経験があったために、常に以下のようなことをしないといけないという危機感を持つようになりました。

  • 日々改良していく
  • 新しいことをしていく
  • 世の中の流れについていく

ですので5年後や10年後を見据えるのであれば、フリーランスの方が大きなメリットがあると考えています。

魅力2:思い立ったらすぐに行動できる

『自分で好きな仕事ができる』に関連して、思い立ったらすぐに行動できるのもフリーランスのメリットです。

会社員でも思い立ったら行動することができます。

しかし自分のお金ではなく会社の資金を使って行うために、実行するまでに多くの決済が必要です。

  1. 自分で良いアイデアが思い立つ
  2. 直属の上司に相談する
  3. 統括するマネージャーレベルに上げられる
  4. 最後に社長決済をもらう

大企業ではなかったとしても、通常これくらいのステップはあるものです。

しかしフリーランスであれば上司や会社の許可は必要ないため、今日からでも始めることができます。

「もし失敗したら、自分のお金だから損するでしょう?」

確かにこれは事実ですが、一方で成功すれば全て自分の稼ぎになります。

また最初は上手くいかなかったとしても、何度でも修正することで成功へと近づけていくことができます。

チャレンジ精神がない方であれば、おそらく向かないでしょう。

しかし何でもやってみたい方にとってフリーランスという環境は非常に大きなメリットです。

魅力3:仕事で使った分は経費にできる

会社員にはないフリーランスのやるべきことに確定申告があります。

実際ボクは独立してから初めて行ったのですが、意外と簡単でした。

詳しくは以下の記事でも解説しています。

【不安な人必見】フリーランスの確定申告は意外と簡単な理由会社員からフリーランスになると、最初はいろんなことに不安を覚えます。 その一つが確定申告です。 確定申告とは、前年の収入や支...

確定申告というのは、自分の売上と経費を税務署に報告することです。

それによって支払う税金の金額が決まってきます。

会社員であれば、会社の経理が全てやってくれるため確定申告はする必要がありません。

ここで会社員とフリーランスに大きな違いがあります。

  • 会社員→源泉徴収
  • フリーランス→自己申告制

会社員であれば源泉徴収のため、問答無用に税金や社会保険料などを引かれたあと残った手取りが支給されます。

しかしフリーランスは売上も経費も全て自己申告です。

つまり自分でたくさん経費を計上することで、来年支払う税金が安くなります。

これは会社員にはない大きなメリットです。

どんなものが経費になる?

ではどんなものを経費として計上するのかですが、基本的に仕事関係で使ったものなら全て経費として認められます。

例えば次のようなものです。

  • 自宅の家賃・光熱費・ネット代(仕事分のみ)
  • 文房具・パソコンなどの仕事道具
  • 国内・海外への出張費
  • カフェ・飲食代(仕事関係に限る)

自分の自宅を事務所として使う場合には、その分だけ経費として認められます。

また国内や海外へも仕事での用事があれば、その旅費などは経費として計上することができます。

税金などが引かれる前のお金を手にできるのは、会社員にはないフリーランスの特権です。

最後に

フリーランスにある魅力をご紹介させていただきました。

ただしおそらく仕事が好きでなければフリーランスは務まらないと思います。

仕事が嫌いならフリーランスになってはいけない理由ボクは2017年10月に会社を辞めてフリーランスになりました。 それからやっていて思うのが仕事を本当に好きで良かったということです...

でも仕事が好きな人にとっては、自由度が大きいフリーランスはとてもメリットが大きいです。

会社員を辞めて様々な縛りから解放される気分を味わって欲しいと思います。