フリーランス・独立

貯金残高2万円切った経験|フリーランスは手元のキャッシュが重要

フリーランスになると、本当にお金の大切さを学ぶことができます。

フリーランスとして生きていくためには仕事をしなければなりませんが、ただ仕事をすればいいってわけでもないです。

特に重要なのが手元のキャッシュ(現金)の存在です。

そこで今回は、フリーランスにとって手元のキャッシュが重要というお話をしたいと思います。

貯金残高が2万円を切った経験

ボクは2019年9月に消費増税前で忙しい時期を過ごしました。

フリーランスが忙しい=お金を多く稼げる

これは間違いありません。

しかしこのとき手元のキャッシュはほとんどありませんでした。

ボクは個人事業主としての銀行口座を単独で所有しています。

その口座の残高が最近2万円を切ることになりました。

一応三井住友銀行のネットバンキングのスクショを証拠として掲載しておきます。

ちなみにムダに高価な買い物とかは一切していないです。

なぜ銀行貯金残高が少ないのか?

なぜこんなに残高が少ないのか?といえば以下の理由があります。

残高が少ない理由:仕事関係で様々な支払いが重なったから

忙しいということは、それに伴って支払う変動費も増加します。

変動費とは、売上に比例して増減する経費のこと

ボクの仕事は主に飲食店のメニューやチラシを作ることです。

  1. 飲食店のメニューやチラシのデザインを作る
  2. 印刷する
  3. 完成したら顧客に納品する
  4. 代金を受け取る

仕事はこの流れで行われます。

そのため代金を受け取る前に、印刷代の支払いが先に来てしまいます。

つまりこういうことです。

仕事が忙しい→変動費(印刷代)が増える→一時的にキャッシュが足りなくなる

あとからお金が入ってくるとはいえ、かなりのプレッシャーです。

フリーランスは手元のキャッシュが重要

フリーランスは様々なコストが毎月かかってきます。

例えば以下のようなコストです。

  • 家賃などの生活費
  • 国民健康保険・国民年金
  • 予想していなかった急な支払い
フリーランスは毎月いくらのコストがかかる?|リアルなお金の話会社員をやめてフリーランスになろうとすると、まず考えるのがお金のことです。 どれだけ仕事がもらえるだろうか? 最初はいくら稼...

もちろんたくさん仕事をすれば、収入は増えることになります。

ところが2万円しか手元にキャッシュがないと、大きな制作の仕事は作るためのお金がないので受注することができません。

だからこそフリーランスにとって手元のキャッシュは非常に重要です。

  1. 銀行口座の残高
  2. 直近で支払うべき金額

キャッシュを維持するために、この2点は常に意識しておく必要があります。

顧客が代金を支払ってくれるとは限らない

「手元にキャッシュがなくても、あとから代金を回収すれば大丈夫」

このように思っていると痛い目を見るかもしれません。

なぜなら顧客が必ず代金を支払ってくれるとは限らないからです。

仕事だけが忙しくなっても、回収が遅いお金が増えればキャッシュが不足する原因になってしまいます。

ちなみにボクはこれまで未払金を溜めたことは一度もありません。

ポイントなど詳しくは過去に記事にしているので以下をご覧ください。

フリーランスの悩み:現金化が遅いこと【対処法】フリーランスにとってお金の問題というのは常に起こり得るものです。 ボクもこのブログでフリーランスのお金に関して色々と記事にしてきま...
フリーランスが報酬の未払金を溜めないようにする3つのポイントフリーランスになることは、常にお金の不安との闘いと言っても過言ではありません。 https://jj-milky.com/free...

また顧客によっては、支払いが納品の1ヶ月先になってしまうこともあります。

それは手元にキャッシュがない状態だとかなりキツイです。

契約する前にいつ代金を支払ってもらえるのか確認しておく必要があります。

  • 顧客からの未払金を防ぐ
  • 代金はなるべく早く回収する

この2点に注意しながら、いざという時のために手元にキャッシュを残しておく必要があります。

最後に

フリーランスとして考えるべきお金のことは、仕事をどれだけするかだけでは不十分です。

必ず手元のキャッシュと支払いのことは頭の中に入れておく必要があります。

ボクの場合には銀行口座の貯金残高が2万円を切っているので一時的にピンチでした。

でもこれもまたフリーランスのリアルではないかと思います。

そしてフリーランスの難しいのが、いつどこで何が起こるかわからないことです。

そのため突発的な支払いに対処できるほどの手元にキャッシュがないと、一瞬で詰みになってしまいます。

ですのでちょっとお金が入ったからと言ってムダな買い物をするよりも、少しでも多く手元にキャッシュを残しておく方が安全です。