フリーランス・独立

【経験談】独立する前に周りから反対されたときの対処法

「よし!会社をやめてフリーランスになろう!」

このように考えても、実際にはすぐに行動に移すことができない人が大半です。

その理由の一つに、周りの人から反対されてあきらめてしまうというのがあります。

しかし自分の人生なのに他人の意見によって左右されるべきではないとボクは思います。

そこで今回はボクの経験を元に、独立する前に周りから反対されたときの対処法についてお話したいと思います。

独立する前に周りから反対されたときの対処法

ボクはフリーランスになると決めた会社員時代、このように思っていました。

「独立するって言ったら周りから反対されるんだろうなぁ」

このように考えていたので、反対されてもいいように心の準備が出来ていました。

そして実際に同僚の何人かに独立する旨を伝えると、意外にも反対されることが全くありませんでした。

「こいつなら上手くやれるのではないか」と思われていたのかどうかはわかりません。

でもボクは反対されることでやる気になるタイプなので、本当はもっと反対されたかったです(笑)

同僚はこんなものかもしれませんが、反対されると言えばやはり社長や上司です。

ところがボクは会社や上司から反対されることはありませんでした。

理由:会社や上司に独立するとは一切言わなかったから

前々から思っていたのですが、会社や上司に独立すると言って何かメリットはあるのでしょうか?

ボクの場合には言うことに何のメリットもないと思ったので、黙っていることにしました。

もちろん会社を辞めると言ったときに、理由を聞かれました。

そのときボクはこのように言いました。

「これまでボクが働いてきた会社は最長で1年でした。それがこの会社では6年も働くことになりました。過去の自分からすれば6年もいることが奇跡です。もう十分満足したので辞める決断をしました」

屁理屈とごまかしですが、決してウソは言っていないです。

ですのでこれがボクが考える対処法です。

周りに独立することを一切言わない

これも立派な一つの対処法だと思います。

親はほぼ確実に反対してくる

周りから反対されなかったボクは、スムーズにフリーランスになれたかというとそうではありません。

唯一ボクの親だけは独立するのに反対してきました。

ボクの父親は大手企業に新卒で入社して、定年まで辞めずに一筋で働き続けました。

まさにボクの人生とは正反対です!

そもそもなぜ親世代はいちいち独立に反対するのでしょうか?

その理由は昭和的な価値観があるからです。

ボクの言う昭和的価値観というのは以下のようなものです。

  • 偏差値の高い大学に行けば将来安泰だと思っている
  • なんだかんだ大企業は潰れないと思っている
  • 福利厚生が充実している会社にいる方が安心
  • 会社を辞めずに働き続けることでより多くの年金がもらえる
  • 年金制度は崩壊するわけがないと考えている

つまり親世代が子供に言いたいことは、こういうことです。

「自分たちと同じ人生を歩めば絶対に間違いない!」

ところが親世代とはすでに時代が変わっており、親の言うことを聞いたらマジで終わりです。

ですのでボクが考える親から独立を反対されたときの対処法は、とにかく聞き流すことです。

ボクも経験があるのですが、なぜ会社員を辞めるのかを以下の記事で書いたことを説明しました。

【実はリスクが嫌い】なぜ会社員をやめてフリーランスになったのかボクは2年前に会社員を辞めて、現在はフリーランスとして働いています。 最近では働き方改革が盛んに行われるようになっており、今後はフ...

しかしいくら理屈で説明したところで全く議論になりません。

そもそも自分の人生なのに、なぜ親の言うことを聞かないといけないのでしょうか。

自分の人生のことであれば、自分がハンドルを握って運転するべきです。

周りからの反対意見をなくすためには?

そんな親から独立を反対されたボクですが、独立した後もいろいろと言われることがありました。

ところが1年経つと、反対されることもなくなりました。

もし周りからの反対意見をなくしたいのであれば、とにかく頑張って続けることが大事です。

  • フリーになっても仕事をもらっている
  • 1年以上生活ができている
  • とにかくフリーとして仕事を続ける

継続することで周りも認めてくれるようになります。

親が反対するのは、いちおう子供の人生を考えてのことです。

たとえ自分の意見とは違っても、それで上手くやれているのであれば反対する理由はありません。

ただし友人や元会社の同僚などは、継続してもいろいろ言ってくる可能性はあります。

彼らが反対する理由は単なる嫉妬に過ぎないので無視するのが良いでしょう。

彼らは独立を批判することによって、自分の人生が一番正しいのだと主張しようとしています。

ですので批判されることによって、誰が本当に自分を応援してくれているのかがわかるようになります。

最後に

新しいことや周りとは違ったことをやろうとすると、反対されるのは当然だと思います。

しかし自分がやりたいことを周りに反対されたくらいであきらめるのはどうかとも思います。

ですのでもし反対されるのが怖いのであれば、独立することを言わなかったり、聞き流すような対処法を取ると良いでしょう。

そしてやり続けることで、自分に対する批判を封じ込めることができるようになります。