フリーランス・独立

フリーランスにとってヒマなときのアイデアが最も危険な理由

会社員をやめてフリーランスになると、毎月の生活費は自分で稼がなければいけません。

そのため仕事があれば高収入が期待できるものの、全く仕事がなければ収入ゼロもあり得ます。

忙しいときとヒマなときでは労働時間に大きな差が生じてきます。

そしてなぜかフリーランスは、ヒマなときほど悪い思考になってしまいがちです。

そこで今回は、フリーランスにとってヒマなときに出たアイデアが最も危険な理由についてお話ししたいと思います。

ヒマなときに出たアイデアが最も危険な理由

ボクは独立してからこれまで忙しかった時期もヒマだった時期も経験してきました。

実際ボクは2019年5月は、仕事がヒマすぎて1ヶ月の労働時間が20時間ほどでした。

【1ヶ月の労働時間が20h】2019年5月の月収報告毎月1日は先月の月収報告を行っていきます。 先日ブログで少し触れたのですが、4月〜5月にかけて絶不調でした。 特に5月はかな...

そうかと思えば、2019年9月は消費増税前の需要で非常に忙しかったです。

【過去2年間で最も忙しい1ヶ月】2019年9月の月収報告毎月1日は先月の月収報告を行っていきます。 2019年10月から消費税が10%にアップしましたが、9月はそのための駆け込み需要があ...

暇なときは基本的に記事作成などで時間を費やしたものの、それがなければもはや毎日何もやることがない状態です。

そういうときってどうしても不安な気持ちを持ってしまいます。

『このヒマな時期がこのまま一生続くのかなぁ』

なんて考えたことも一度や二度ではありません。

特に1年目で仕事がなかったときには、よくこのように思ったものです。

フリーランスにとってヒマなときの思考が最も危険なのは、以下の理由があるからです。

理由:考えること全てがネガティブになってしまうから

不安なときには悪いアイデアしか浮かばない

ボクは独立1年目に仕事がほとんどなくてヒマな時間がたくさんありました。

実際2018年8月には、本業での収入が約3万円しかありませんでした。

フリーランスがヒマになると、考えることはただ一つです。

『このままではマズイ。何か他の収入源を作らないと・・・』

そこで何を思ったのかボクは、株式投資を始めようと考えました。

もちろんお金を投資すること自体は決して悪いことではありませんし、将来ボクも行う可能性だってあります。

しかしお金が全然ない状況での投資は、何も生み出すことはありません。

ましてや過去に株式投資などやったことがありません。

それにもかかわらず、ボクは時間が有り余っていたため、証券会社の口座を作るところまで進めてしまいました。

口座を作った後にすぐ我に返る

資産が数千万円〜数億円もある人であれば、利回り数%でも大きな収入になります。

しかしお金がないのに投資をしたところで、リターンがほとんどないことに口座を作ったところでようやく気がつきました。

結局その後は口座に一度も入金をしないまま、解約もしないまま今に至っています。

それ以来、株式投資をやろうなんて思うことは一切なくなりました。

それに今では口座を作ったことを後悔すらしています。

このときの経験からボクは、ヒマなときの思考で出てきたアイデアは非常に危険なものであると理解することができました。

フリーランスは日々仕事がないと一瞬にして不安な気持ちにかられることになります。

しかしそこで何か良いアイデアを思いつこうとしたところで、何も良い考えは生まれないことは理解しておいた方が良いかもしれません。

ネガティブな感情で生まれたアイデアは使いものにならない

不安を消すには仕事に取り組むしかない

証券会社の口座を作ってしまったボクは、その後不安な気持ちを打ち消すことができました。

それはどうやったのかというと、ただ目の前の仕事に集中しただけです。

ありがたいことにその後いくつかの仕事をいただくことができたため、毎日の忙しさで不安な気持ちを忘れることができました。

仕事で忙しいときには何も考えることはありません。

むしろ考えている余裕はありません。

しかしヒマなときほど、ムダなことを考えてしまいます。

そしてヒマなときほど考える時間はあるものの、なぜか良いアイデアは生まれにくいのです。

良いアイデアが生まれるときは、たいていこういうときです。

  • 毎日の仕事が忙しいとき
  • 顧客と会って話しているとき
  • 仕事が楽しくてワクワクしているとき

不安が生まれているときほど、アイデアを理屈で考えてしまいます。

でも自分が仕事をしてワクワクしている時ほど、自分の正直な気持ちに添ったアイデアが自然と生まれます。

不思議なものですが、仕事をしているときほど気持ちの中に多くの刺激が生まれ、それが良いアイデアを生み出すのだと思います。

そう考えると、やはり毎日の仕事の存在はフリーランスにとってとても重要なものだと言えます。

日々自分のメンタルを安定させるためにも仕事の存在は非常に大きい

最後に

フリーランスにとって仕事は日々の生活費を稼ぐために欠かせないものです。

それと同時に良いアイデアを思いつくためにも、仕事は重要な存在になってきます。

フリーランスにはお金の不安は必ずついて回るものですが、不安を打ち消すには仕事の取り組むしかありません。

そう考えるとヒマなときほど1件でも多く仕事を受注することが大事なのだと思います。