フリーランス・独立

フリーランスは資格がなくても十分やっていける3つの理由

ボクは過去にフリーランスになるために特別なスキルは必要ないということを記事に書きました。

フリーランスにはズバ抜けた特別なスキルが必要ない理由最近日本ではフリーランスになろうとする方や副業を始める方が増えています。 そしてこれからフリーランスになろうとする方の多くが、『ど...

そしてそれと同じくらい必要ないと思っているものに、資格があります。

フリーランスになって稼ぐためなら資格は全く必要ないとすら考えています。

そこで今回は、ボクが考えるフリーランスは資格がなくても十分やっていける理由について説明していきます。

フリーランスは資格がなくても十分やっていける理由

資格が必要ないとは言っても、中には法律上絶対に必要な国家資格があります。

  • 弁護士
  • 税理士
  • 公認会計士
  • 宅地建物取引主任者

こういった仕事は別として、フリーランスにとって資格は全く必要ありません。

実際にボクはこれまでに資格を取得したことは一度もなく、持っているのは車の普通免許くらいです。

そんなボクがなぜ資格が必要ではないと考えているのか、その理由は以下の3つがあります。

  1. 資格があっても仕事が増えることはないから
  2. その他大勢と一緒になってしまうから
  3. スキルアップにつながりにくいから

それでは順番に説明していきます。

理由1:資格があっても仕事が増えることはないから

フリーランスには資格が不要だと考える一つ目の理由は、資格があっても仕事が増えることはないからです。

ときどき独立前に資格の取得を考えている人がいます。

そういう方の多くはこのような動機から資格取得を目指していることが多いです。

理由:資格によって仕事の依頼が増えるから

ところが残念ながら、資格を持っていてもそれによって仕事が舞い込むことはまずありません。

現在では弁護士や税理士であっても、簡単には仕事にありつけない時代です。

それなのに民間の資格やMBAなんかで仕事がもらえるはずがありません。

例えば経営に悩んでいる中小企業の社長が、経営改善に向けてコンサルタントに依頼しようと考えていたとします。

以下の2人の経営コンサルタントがいた場合、どちらを選ぶと思いますか?

もちろんその社長の考えにも寄りますが、たいていはコンサルタントBを選びます。

理由は簡単で、資格よりも実績の方が圧倒的な説得力があるからです。

過去に記事にもしていますが、実績を示すことは非常に大事です。

【過去の実績を示す】フリーランスが自分の価値を高める考え方ボクはフリーランスになってからこれらの仕事を一人ですることになりました。 営業 制作 写真撮影 経理・事務作業 ...

ましてや知り合いからの紹介ということで、実績に加えて信用も兼ね備えています。

それであればコンサルタントBが選ばれないはずがありません。

資格=仕事ができるにはつながらない

仕事を依頼する社長の立場になって見れば、コンサルタントBが選ばれた理由がよくわかります。

  • 「資格を持っていても仕事ができるとは限らない」
  • 「高額な料金を支払うから絶対に失敗したくない」
  • 「結果が出る保証がない」

ここで考えるべきことは、資格というのはあくまでもスタートラインに立つためのものです。

そのため仕事のクオリティや結果が保証されたものではないことを理解しなければなりません。

一方ですでに仕事をした実績や知人からの紹介というのは、結果が出ているためにある程度の仕事のクオリティは期待できると考えてもらうことができます。

ですので資格を取得する時間があるくらいなら、早く独立して良い実績を積み重ねた方が仕事につながります。

これがボクが考える、フリーランスにとって資格取得が無意味である大きな理由です。

理由2:その他大勢と一緒になってしまうから

フリーランスには資格が不要だと考える二つ目の理由は、資格によってその他大勢と一緒になってしまうからです。

資格を取得すると、どうしても資格に頼ってしまいがちになります。

ボクもこれまで多くの方と名刺を交換してきましたが、名刺の肩書きとしていくつも資格を並べている方をたくさん見かけてきました。

フリーランスとして生きていこうと思ったら、他人とは違う差別化を図る必要があります。

なぜなら他人と同じことをしてしまうと、同業他社と比較されて単純に安い方を選ばれてしまう可能性が高いからです。

その点資格取得というのは、それ自体で差別化が非常に難しいです。

つまりそれは営業で苦戦することを意味します。

おそらく資格を取得しようとする方は、集客を資格に依存したいと考えていることでしょう。

それであればむしろ資格を取得しないで、自分の頭で考えて差別化した方が良いと思います。

理由3:スキルアップにつながりにくいから

フリーランスには資格が不要だと考える三つ目の理由は、スキルアップにつながりにくいからです。

『資格取得=スキルアップのため』

これはよくある資格取得の理由の一つです。

つながらないとまでは言いませんが、ボクはこのことに結構疑問を感じています。

資格って本当にスキルアップにつながりますか?

ボクは大学生の頃に簿記を4級レベルでしたが勉強しました。

将来使う必要がないだろうと考えていたので資格は取らなかったのですが、大学のテストに向けて簿記の基礎を勉強しました。

でも実際のところそのときに勉強したことよりも、実は今独立してからの方が圧倒的に簿記に対するスキルが上がっています。

つまり同じことを勉強するのなら、実践の方が圧倒的にスキルアップにつながるのではないかということです。

資格取得をするとなると、様々な方法があります。

  • 通信講座
  • 専門の学校へ通う
  • オンライン学習

これらに共通しているのが、自分でお金を払って学んでいることです。

ところが実践の場合には、顧客からお金をもらって仕事をすることになります。

つまりお金を払って学ぶのと、お金をもらって仕事をするのとでは緊張感が全く違うということです。

ですので資格取得がスキルアップにつながらないとは言いませんが、同じ時間を実践に費やした方が圧倒的にスキルアップにつながるのではないかと思っています。

最後に

ここまでフリーランスにとって資格は不要という話をさせていただきました。

正直言って、ボクは資格を取得しようとしている人の気持ちが全くわからないです。

むしろ取得に費やす時間とお金がもったいないとすら思ってしまうくらいです。

今後どこを目指すのかによって変わってくるとは思いますが、早く実践で学んだ方が何倍も得るものがあるはずです。

フリーランスになるにはどうすればいい?|初心者向けに徹底解説ボクは2017年に会社員を辞めて、それ以降はフリーランスとして働いています。 主な仕事内容は、飲食店向けの販促物(メニューやチラシ...