フリーランス・独立

フリーランスが顧客件数増加で得られる3つのメリット

ボクはフリーランスとして自分で営業して顧客の新規開拓に励んでいます。

フリーランスはどこかの会社から仕事を回してもらうのではなく、自分で顧客を獲得するべきという考えです。

また顧客が増えてくることで、仕事を回してもらっている人には得られないメリットもあります。

そこで今回は、フリーランスが顧客件数増加で得られるメリットについてお話していきます。

フリーランスとして月収20万円を稼げるようになった戦略ボクはフリーランスとして2年が経ち、これまでなんとか生活に困ることなく仕事を続けることができています。 ボクの場合は人脈もコネもな...

フリーランスが顧客件数増加で得られるメリット

コネや人脈から仕事を回してもらうことは、確かに独立当初から仕事を確保することができます。

一方で自分で商品を作って、自分で顧客を開拓していくと最初は売上がゼロから始まります。

しかし顧客が増えるに従って、どんどん収益がアップしていきます。

顧客件数が増える最も大きなメリットは、自分の収入が増えることです。

さらにそれ以外にもメリットがあります。

ボクが考える顧客件数が増えることで得られるメリットは以下の3つです。

  • メリット1:収益が安定する
  • メリット2:相手の無理な要求を断れる
  • メリット3:顧客からの紹介案件が増えてくる

それでは順番に説明していきます。

メリット1:収益が安定する

顧客が増えることで収益が伸びることは当然ですが、それに伴って収益が安定するようになります。

実際ボクも顧客が少なかった独立1年目よりも2年目の方が比較的安定して収益を出せています。

なおボクの独立したときからの月収は以下からご覧ください。

フリーランスになってからの月収を実数公開私がフリーランスになってから現在までの収入を公開しています。 収入というのは主に粗利計算です。 原価のみ差し引いていますが、...

フリーランスにとってリスクなのは、毎月の収益が安定しないことです。

会社員とは異なり、毎月決まった収入を得られるわけではありません。

今月が良くても、来月には収入がゼロになってしまう可能性すらあります。

ところが顧客が増えてくると、忙しい時期も暇な時期もある程度の仕事が入ってくるようになります。

そうすると全体的に底上げされるため、暇な時期の収益も安定するようになるということです。

もちろん会社員ほど安定しているわけではありません。

しかし忙しい時期に多く稼げることを考えれば、フリーランスになると会社員時代以上の収入を稼ぐことも可能です。

フリーランスになって前職の給与を超えるまでどれくらい?フリーランスになる理由は人によって様々ですが、誰しもに共通している目標があります。 会社員時代よりも稼げるようになること ど...

このように考えると、顧客を増やしていくことはフリーランスが長く活躍していくための必須条件の一つです。

メリット2:相手の無理な要求を断れる

フリーランスは企業と比べて立場が弱いため、相手から無理な要求を求められることがあります。

  • 「これだけ発注するんだからもっと安くしてよ」
  • 「もっと納期を早められないの?」
  • 「こういう仕事もやってよ」

相手からの無理な要求は断るのが一番です。

でも場合によっては断りにくいケースもあります。

例えば以下のようなケースです。

  • 仕事がないため目先の仕事が欲しい
  • 要求を断るともう仕事がもらえないかもしれない

しかし自分の顧客件数が多いと、相手の要求をキッパリと断ることができます。

なぜなら無理な要求をしてくる顧客に依存する必要がないからです。

収入源を1件の顧客に依存しないことが大事

ボクも独立当初は仕事を断ることは難しかったですが、2年目になって顧客数が増えてくると断ることもできるようになっています。

リピーターさんなどにはなるべく期待に応えたいとは思いますが、無理な要求まで受けるつもりはありません。

フリーランスはできる仕事量が限られているので、断ることも大事な仕事です。

そして相手の要求を断るということは、もう今後一切お付き合いしない覚悟も必要です。

それができるようになるためには、顧客を多く持つことが重要になってきます。

フリーランスは値下げ要求にきっぱりと断るべき【対処法あり】独立して2年になる2019年は前年よりも収入が増える見込です。 それは1年目に顧客を増やしたこともありましたが、過度な値下げを辞め...

メリット3:顧客からの紹介案件が増えてくる

ボクは独立当初から自分で顧客の開拓に務めていましたが、当初からある目論見がありました。

それは顧客数が増えてくると、紹介案件も増えてくることです。

最初は顧客数が1件、2件と順番に増えていきます。

しかしだんだん増えてくると、既存顧客から派生して向こうからやってくる仕事も出てきます。

自分で営業する必要がないため、紹介案件は非常にありがたいです。

フリーランスにおける究極の理想は、紹介だけで仕事が回っていくことです。

そのためにはまずベースとなる顧客件数の増加が必要です。

紹介だけでは仕事が成り立たない

紹介してもらえるのはとてもありがたいことです。

しかしボクは紹介だけで仕事をしていくやり方はあまり良い方法ではないと思っています。

なぜなら紹介案件はいつやってくるか誰にもわからないからです。

  1. 新規案件
  2. 既存案件
  3. 紹介案件

この3つがバランスを取りながら仕事をしていく方が安定していくと考えています。

『自分で仕事を獲得しながら、既存顧客からリピートしてもらいながら、仕事の紹介もされる』

欲張りなやり方ですが、何事も一つに依存するのはよくありません。

そのため今後もボクは紹介案件ももらいながら、新規開拓を続けていくつもりです。

理想の仕事の形=新規案件+既存案件+紹介案件

最後に

ボクは独立してからの2年間で67件の顧客を獲得できました。

詳細は以下でご覧いただけます。

フリーランス2年間で何件顧客を獲得できたのか?【その方法】ボクは現在フリーランスとして仕事をしていて、2019年10月で独立2周年となりました。 https://jj-milky.com/...

それで今のところなんとかやっていけているので、自分の顧客を持つ大切さを実感しています。

まずは100件の顧客獲得を目標にこれからも継続し、それに伴って収益の拡大と安定を図っていきたいです。