フリーランス・独立

フリーランスより会社員の方が羨ましいと思うのはどんなとき?

ボクはフリーランスになってから一度も会社員に戻りたいと思うことはなく、できることならこのままフリーとして仕事を続けたいと思っています。

しかしボクが唯一会社員の方が良かったと思うところは、モチベーションの部分です。

金銭面では今のところなんとか生活していけていますが、気持ちの部分ではまだまだだと考えています。

そこで今回は、フリーランスより会社員の方が良かったと思うときについてお話したいと思います。

会社員に戻りたいって思うのはどんなとき?

ある有名ブロガーであり、YouTuberである人が会社員に戻りたいという内容をアップしたことが話題になりました。

ボクは基本的に会社員に戻りたいとは全く思いません。

なぜなら仕事において誰かに指図されて動くのがイヤだからです。

やるからには自分で考えて行動して、その上で結果を出したいと考えています。

フリーで1人で働くのはかなり気持ちが楽なのですが、一方でデメリットもあります。

それはフリーランスになると、全ての仕事を1人で行う必要があることです。

  • 営業
  • 制作
  • 経理

これらの仕事を1人で行う必要があります。

しかしそれだけでなく、モチベーションを高めていくことも1人で行う必要があります。

「今日はダルいから仕事したくないなぁ」

って思えば自分の判断で仕事をしないことも可能です。

だからこそ自分1人でのモチベーションの維持は難しいと言えます。

ただボクの場合はおそらく、他の人よりも仕事に対してモチベーションは高い方です。

ボクは特に趣味といったものがなく、仕事をすることが好きな体質でもあるからです。

仕事が嫌いならフリーランスになってはいけない理由ボクは2017年10月に会社を辞めてフリーランスになりました。 それからやっていて思うのが仕事を本当に好きで良かったということです...

ところがフリーランスになってから、夜遅くまで働くことができなくなりました。

朝から働き始めるのですが、17時ごろになるとモチベーションが急降下していきます。

忙しくて夜も働く必要があるときには仕事をするものの、普段は17時を過ぎると全くやる気が起こらなくなっています。

ただそれはボクが朝型人間というのもあるかもしれません。

しかし会社員時代には、19時でも20時でも仕事に対するモチベーションが下がらないことが多くありました。

ですので夜遅くまで働く気力がなくなってしまったのは、明らかにフリーランスになってからです。

近くにライバルがいるから頑張れる

フリーランスとして1人で働くのは、誰にも気を使わなくて良いため非常に気楽です。

その反面、競い合うライバルがいないというのはデメリットの一つでもあります。

ボクが夜遅くまで働けなくなってしまったのは、間違いなく自分1人で働いているからです。

会社員時代には当たり前のことでも、フリーランスになって気づいたことがありました。

気づいたこと:周りにスタッフがいるから自分も頑張れる

おそらく会社員で働いていた方がモチベーションを上げることは簡単でした。

なぜなら上司や同僚に常に見られているからです。

例えばもしボクが夜遅くまで仕事をしていたとします。

すると上司からはこのように思われるでしょう。

「あいつは夜遅くまで仕事をしていて頑張っているな!」

また同僚からはこのように思われるかもしれません。

「あいつが夜遅くまで仕事を頑張るんだったら自分はもっと頑張ろう!」

会社であれば誰かが仕事を頑張ることで、それにつられて周りのモチベーションが上がっていきます。

そしてさらには会社全体のモチベーションアップにまでつながっていくことになります。

近くに一緒に働く人がいた方がモチベーションが上がりやすい

フリーランスになってから丸くなった

ボクは会社員時代には、同僚もみんなライバルだと思っていました。

確かにモチベーションは高かったですが、それに伴って気持ちの面でギスギスもしていました。

フリーランスになった後の変化:ギスギスした気持ちがなくなった話ボクは会社員時代に営業職をしていたのですが、フリーランスの今と比べて気持ちの面で変化がありました。 当時のボクは気持ちの面でいつも...

モチベーションを上げるってことで言えば、誰かとバチバチにやり合った方が高い状態を維持できます。

しかし会社員を辞めて周りにライバルがいなくなったことから、フリーランスになってから性格が丸くなったように思います。

『今よりももっと働きたい!』って思う気持ちがあるため、会社員時代の方が良かったと感じます。

一方でギスギスした気持ちがなくなったので、フリーランスになって良かったと感じます。

会社員とフリーランスは、結局のところ無い物ねだりの関係だと思います。

夜でもバリバリ仕事をしていた会社員時代を振り返ってみると、周りにライバルがいる会社員のことを少し羨ましく思います。

最後に

ボクは自分のやりたい仕事をしたいと思ったのでフリーランスになりました。

ですので会社員には絶対に戻りたくはありません。

しかし自分のやりたい仕事ができるようになったものの、皮肉にもモチベーションの低下で働く時間は昔よりも短くなった気がします。

ボク個人的にはもっと働くだけのモチベーションとパワーが欲しいです。

そんなときには少し会社員のことをうらやましく思ったりもします。

夜遅くまで働くモチベーションが作れないのであれば、日中の時間の使い方によって働く質を高めていくなどの工夫をしたいです。

時間は“長さ”ではなく“密度”で考えるべき『1日24時間は万人に平等である』 これはよくある名言っぽい事実です。 世の中平等なことはほとんどないけれど、時間だけは誰し...