フリーランス・独立

【自作にこだわる】外注を使って制作を行わない理由

現在ではクラウドソーシングのサイトが発達しているため、様々な制作や作業を外注を使って行うことができます。

特にブログやサイトなどの執筆業、デザイン業などは個人でも気軽に外注できる時代です。

しかしボクはこれまでほとんど外注を使ってきませんでした。

何かを作る上では必ず自分で作ることにこだわっています。

そこで今回は、ボクが外注を使って制作を行わない理由についてお話したいと思います。

外注を使って制作を行わない理由

『これまでほとんど外注を使ってこなかった』

とはいっても、ボクは決して外注することを否定しているわけではありません。

実際にこれまでにもランサーズで制作を依頼したことがあります。

ただそのときには自分で作れないキャラクターデザインを依頼したときでした。

それ以外にも印刷は自分でできないために、全て外注しています。

しかしこういったケースを除いては、自分で作れるときには必ず自分で全ての作業を行うようにしています。

そんなボクが外注を使って制作を行わない理由は以下の2つです。

  • 理由1:制作にコストをなるべくかけないから
  • 理由2:自分にしかできないものを作りたいから

それでは順番に説明していきます。

理由1:制作にコストをなるべくかけないから

外注を使わない理由の一つ目は、制作にコストをなるべくかけないからです。

ボクの仕事はフリーランスである以上、毎月の収入は結構差が出てきます。

そのためなるべくムダなコストをかけたくないというのが正直なところです。

また収入が安定しないということは、月によって仕事量も安定することがありません。

忙しいときもあれば、ヒマにしているときもあります。

『お金はなるべくかけたくないし、時間はたくさんある』

このような場合には自分で作業をするべきです!

結局のところ、外注というのはこういうことです。

外注=お金で時間を買うこと

普段の仕事が忙しい人の場合には、人を雇うほどではないけれども、各仕事ごとに専門家に依頼した方がコスパが良い場合もあります。

そういったときには外注を利用するのも一つの方法です。

しかしボクのようなフリーランス2年目でヒマにしているような人であれば、外注する必要性がありません。

ただしときに本業の仕事が忙しくなることもあるので、その場合に満足のいく作業ができなくなるのはデメリットではあります。

時間があるなら外注しない方がコスパが良い

理由2:自分にしかできないものを作りたいから

外注を使わない理由の二つ目は、自分にしかできないものを作りたいからです。

今回のテーマにおいては、コストとか時間よりもこの理由の方がボクの中では大きいです。

『自分にしかできない良いものを作りたい』

ボクは何かを作るときには必ずそう思っています。

それは飲食店のメニューを作るときでも、写真を撮るときでも、ブログやサイトの記事を作るときでも全て同じです。

むしろ『誰でも作れるものを自分が作っても仕方がない』とさえ思っています。

だからブログを書くときにでも、他のサイトの記事を参考にすることは一切ありません。

なぜなら書く内容が他のサイトに影響を受けて同じようになってしまうからです。

そういった意味では、ボクは自分の感性を大事にしていると言えるかもしれません。

外注では細かいニュアンスが伝わらない

また外注のデメリットの一つとして、細かいニュアンスが伝わらないこともあります。

ボクが何かを作るときに必ず行っているのは、推敲しながら作品を完成させていくことです。

デザインでもブログの記事でも、何度も何度も修正を重ねながら完成へと近づけていきます。

ちなみにこの推敲に関しては、このブログでも過去に記事にしています。

【ブログ初心者必見】誰でも良い文章が書けるようになる方法今日本でブログをやっている人はすごく多いです。 その中にはまだ始めてまもない方もいれば、何年も積み上げているベテランの方もいます。...

ただその推敲の作業は、自分の感性のままに作業をしていくことが大半です。

修正点の良いか悪いかは理屈で説明するのが難しいところですし、実際説明するのが面倒です。

そのため外注を行ってしまうと、自分の意図していることが上手く伝わらないことがあります。

『誰かに任せずに全て自分で作業した方がより良いものが作れる』

だからこそボクはこのように考えています。

そして何かを作ることによって自分が成長できると考えています。

それはデザインにおいてもブログにおいても何でも一緒です。

細かいところを推敲によってこだわることによって、自分が成長できないはずがありません。

『細かいところにもこだわって良いものを作れる人になりたい』

この気持ちを持っている以上は、これからもできる限り外注を使わずに自分で作業をしていきたいです。

最後に

現在はまだフリーランスとして未熟なので、まだまだ自分で作業をすることができています。

自分で何かを作ることは成長につながると考えている以上、外注を利用する理由はありません。

しかし今後もし本業がかなり忙しくなったときには、外注などに依頼する可能性もあります。

ただボクの本質にあるものは、『自分にしか作れないものを作る』という気持ちです。

その気持ちがある以上は、なるべく外注を使わずに自分で制作をしていきたいです。