フリーランス・独立

【仕事の本質は一緒】フリーランスと起業って何が違うの?

会社員を辞めて自分で仕事を始めると、大抵は『独立する』『起業する』って言い方をします。

ボクは2017年に会社員を辞めてフリーランスになったため、『起業』という言葉を使っていません。

実際に言葉の意味でいうと、フリーランスと起業は別の意味を持っています。

でもボクはフリーランスも起業も本質はほとんど同じだと思っています。

そこで今回は、フリーランスと起業って何が違うのかについてお話したいと思います。

フリーランスと起業の言葉の意味とは?

まずはフリーランスと起業それぞれの言葉の意味を見てみます。

起業・・・新しく事業を起こすこと・始めること (wikipediaより)

起業っていうと、一般的には仲間と株式会社を作って、社員を雇って株式公開を目指すようなイメージがあります。

  • 起業家
  • ベンチャー企業
  • スタートアップ
  • アントレプレナー

こういった言葉にピッタリと当てはまるのは『起業』です。

一方でフリーランスの言葉の意味はどうなっているのでしょうか。

フリーランス・・・特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人。 (wikipediaより)

要するに、雇われずに自分のスキルを活かして仕事をしている人や法人のことを言います。

フリーランスっていうとこういう仕事を指すことが多いです。

  • Webデザイナー
  • イラストレーター
  • ブロガー・アフィリエイター
  • カメラマン
  • ライター
  • YouTuber

思いつくだけでこれだけあるので、フリーランスっていうとまだまだ他にたくさんの仕事があります。

言葉の意味だけでみると、このような違いがあります。

  • 起業→事業に対しての言葉
  • フリーランス→職業に対しての言葉

このように見ていくとフリーランスと起業の方向性は異なるように思えます。

フリーランスと起業の仕事の本質は同じワケ

ボク自身フリーランスをやっているのですが、確かに『起業』という言葉は使いません。

でもそれは世間一般でイメージされている言葉の意味の違いがあるからです。

仕事の本質はどちらも一緒だと思っています。

『自分の仕事を通して社会や世の中に貢献する』

かっこいい言葉で言うと、これが上手くいくために必要なことだとボクは考えています。

誰かわかりませんが、とある名言でこういう言葉があります。

『世の中は全て誰かの仕事で成り立っている』

まさにこれが仕事の本質を語っていると思います。

独立するということは、新しい仕事をゼロから始めて世の中の誰かに喜ばれることが大事です。

ちなみにボクはフリーランスとして飲食店のチラシやメニューを作る仕事をしています。

しかも他の広告会社やデザイナーと違うのが、ゼロから完成までを一貫して受注していることです。

  • 営業・打ち合わせ
  • 写真撮影
  • デザイン
  • 印刷

これらをボクが一人で一貫して提供することで、個人店でも良い品質のチラシやメニューを低価格で提供できると考えました。

こう思ったのも全てはこのような考えがあったからです。

『食べログに載っている写真、飲食店で使われているメニューはどれも素人レベルのもので溢れている』

これを実現するためには様々なスキルが必要です。

ボクは会社員時代に営業と写真撮影をやっていたので、あとはデザインを独学で学んでフリーランスになりました。

スキル自体は専門の人に比べると遠く及ばないですが、スキルを掛け合わせることでビジネスになると考えました。

スキルについて詳しくは以下の記事でも説明しています。

フリーランスにはズバ抜けた特別なスキルが必要ない理由最近日本ではフリーランスになろうとする方や副業を始める方が増えています。 そしてこれからフリーランスになろうとする方の多くが、『ど...

ちなみに法人化しなかったのは、この仕事を始めるにあたって必要なかったからです。

これはボクの考えですが、独立するって『こういうのがあったらいいな』を形にすることが大事だと思っています。

そう考えると仕事の本質って起業もフリーランス全く変わらないです。

単に法人か個人事業主か、もしくは大人数か一人かの違いしかありません。

せっかく何か新しい仕事を始めるのであれば、誰かに喜ばれるような仕事をしたいものです。

最後に

ボクはフリーランスになって自分で仕事を始めたり、サイトやブログを作ったりしてきました。

これも全ては誰かに喜んでもらいたいという想いがあって始めたものです。

ちなみにこのブログは、これからフリーランスになる人やすでに始めている人に何か役立つ情報が提供できればと始めました。

毎日更新して200記事以上書いてきましたが、単にお金のために始めていたら続かなかったです。

あとボクの場合、自分がおもしろいと思ったものを始める傾向にあります。

  1. 誰かに喜んでもらえる
  2. 自分がやっていておもしろいと思える

新しく仕事を始めてこの2つが揃えば、それはあなたにとって素晴らしい仕事になるはずです。