フリーランス・独立

【独立志望向け】フリーランスとして上手くいく3つの基準

『早く会社員をやめてフリーランスになりたい!』

ボクは会社員時代に毎日こんなことを考えながら仕事をしていました。

そうは言いながらも心の中では、「フリーになって本当にやっていけるのか?」とも考えていました。

独立する前は不安もまた大きいものです。

そこで今回は独立したい人向けに、フリーランスとして上手くいく3つの基準をお話したいと思います。

フリーランスとして上手くいく3つの基準

ボクはフリーランスになって3年目になっています。

とても成功しているとは言い難いですが、ここまでなんとかやっていくことができています。

しかし実際のところ、やってみるまではどうなるかわかりませんでした。

またこうすれば必ず成功すると言い切れるものはありません。

そんな中でもフリーランスとしてやっていける人は、何かしらの共通点があるのではないかとボクは考えています。

そこでボクが個人的に考えるフリーランスとして上手くいく基準は以下の3つです。

  • 基準1:会社を辞めるときに引き止められる
  • 基準2:自分の好きな仕事を理解している
  • 基準3:営業ができること

それでは順番に説明していきます。

基準1:会社を辞めるときに引き止められる

フリーランスとして上手くいくかどうかの一つ目の基準は、会社を辞めるときに引き止められることです。

そもそも自分一人でやっていくためには、ある程度の能力が必要です。

その能力を一言で言い表すなら、『あなたは仕事ができる人ですか?』ってことです。

それを示す最も手っ取り早い方法が、会社に辞表を出したときに周りから引き止められるかどうかです。

会社で働いているスタッフは主に3つのタイプに分類されます。

  1. 絶対にいて欲しい人
  2. どっちでもいい人
  3. いらない人

この中でフリーになって最も成功する可能性が高いのは、当然ながら絶対にいて欲しい人です。

ですので会社を辞めるときに引き止められるということは優秀な証とも言えます。

むしろ引き止められなければ、会社の人から早く辞めて欲しいと思われていた可能性があります。

実際ボクの周りを見ていると、会社から辞めるように勧められて独立した人で上手くいっている人はほとんどいません。

あくまでも傾向ですが、長くフリーランスとして活躍している人ほど、会社を辞めるときに周りから反対されています。

ちなみにボクの場合は、そもそも会社は慢性的な人手不足だったので、事前に引き止められることがわかっていました。

でもボクは絶対に辞めるつもりだったので、なるべく引き止められないように配慮しています。

【経験談】独立する前に周りから反対されたときの対処法「よし!会社をやめてフリーランスになろう!」 このように考えても、実際にはすぐに行動に移すことができない人が大半です。 その...

会社を辞める半年前に辞表を出したことで、無理やり説得させることに成功しました。

  • 『半年間でボクの代わりになる人を採用してください』
  • 『半年間かけて、後輩に全ての仕事を引き継ぎます』

このように伝えたことで辞める直前にも多少の引き止めはあったものの、スムーズに会社を辞めることができました。

ただ会社を辞めるときに全く引き止められないのもさみしいものです。

ですので辞表を出した後の周りの反応というのは、あなたの仕事の価値を図る上でとても大事だと言えます。

引き止めは会社や上司だけではない

辞職を引き止めるというと、一般的に会社(社長)や上司からが多いです。

しかしそれだけでなく、ボクは同僚や後輩からの辞めないでアピールはかなり大事だと思っています。

会社や上司だと誰かが辞めると言った場合、このように思うこともあります。

「辞めたいって言うなら仕方がない。今後は他のスタッフに頑張ってもらおう」

会社からすれば一人いなくなるのは大勢のスタッフの中の一人かもしれません。

ところが同じ会社で働いていた同僚や後輩は、優秀な先輩がいなくなってしまうのは死活問題です。

なぜなら同僚や後輩には、その先輩が担っていた仕事のしわ寄せが来るからです。

しかも仕事量が増えたところで給料が上がることはありません。

ということで同僚や後輩からの引き止めは、優秀かどうかのバロメーターになることがあります。

会社を辞めるときにはぜひとももらっておきたいところです。

基準2:自分の好きな仕事を理解している

フリーランスとして上手くいくかどうかの二つ目の基準は、自分の好きな仕事を理解していることです。

ボクはフリーランスのメリットの一つとして、自分の好きな仕事を選ぶことができることにあると思っています。

フリーになると、全ての責任は自分自身で取っていく必要があります。

そのため嫌いな仕事をやっていると、間違いなく長く続けることは難しいです。

仕事が嫌いならフリーランスになってはいけない理由ボクは2017年10月に会社を辞めてフリーランスになりました。 それからやっていて思うのが仕事を本当に好きで良かったということです...

ボクは社会人になってからこれまで、色々な仕事をしてきて本気で面白いと思ったことはありませんでした。

しかし広告代理店に入社して初めて本気で仕事が面白いと感じました。

これまで最長1年しか仕事が続かなかったのが、そこでは6年間も在籍することができました。

その仕事を今でも続けているので、飽きることもイヤになることも全くありません。

ですのでフリーランスとして長く続けるためには、自分が好きな仕事を理解した上で選択する必要があります。

基準3:営業ができること

フリーランスとして上手くいくかどうかの三つ目の基準は、営業ができることです。

一般的に上手くいきそうな人の特徴として、以下のようなことが考えられています。

  • 『誰にも負けないスキルを持っている』
  • 『十分なお金の蓄えがある』

確かにスキルやお金も大事な要素の一つではあります。

しかしそれ以上に大事なものがあります。

それは仕事を自分の力で勝ち取ることができる営業力です。

ボクは過去に営業力が大事だという記事を書いたので、よろしければ以下の記事もご覧ください。

フリーランスで稼ぐために最も重要なスキルとは?【営業スキル】ボクは2017年10月にそれまで勤めていた会社を辞めてフリーランスとして働くことになりました。 当初は全く仕事がなかったボクでした...

『フリーランスには営業力が大事!』

ただこのように言うと、「営業職の人しか独立しても上手くいかないの?」と思われるかもしれません。

ボクの言う営業力というのは、仕事を持ってくる能力のことを言います。

例えば営業職未経験の技術者であっても、自分でコネや人脈を築いている人もいます。

また最近ではTwitterやInstagramなどのソーシャルメディアがあるので、

在籍時代から始めて独立するときにはすでに多くのフォロワーを抱えているケースもあります。

どんな手段であれ、仕事を持ってくることができればそれは全て営業です。

そして『なぜ営業が必要なのか?』ということですが、これも過去に記事にしているので以下をご覧ください。

【お金の価値から考える】そもそもなぜ営業活動が必要なのかボクは現在フリーランスとして仕事をしていますが、会社員時代は主に営業職で働いていました。 営業職はどの会社にも存在しており、しかも...

最後に

フリーランスとして上手くいくための3つの基準をお話しました。

これら3つの基準が当てはまれば、上手くいく確率はかなり高いのではないかと思います。

反対に1つも当てはまらなければ、独立してもかなり厳しいのではないでしょうか。

もちろん今回お話ししたことが全てではありませんが、もし今後独立を考えているのであれば、一つの参考にしてもらえたらと思います。