フリーランス・独立

フリーランスを2年間経験して思う|心から良かった3つのこと

会社員を辞めてフリーランスになったことで大変なことは多々あります。

実際に仕事をする時間が増えましたし、常にお金の不安は頭から離れません。

仕事をするのが嫌いならフリーランスになるべきではない理由ボクは2017年10月に会社を辞めてフリーランスになりました。 それからやっていて思うのが仕事を本当に好きで良かったということです...

だからと言ってフリーランスになって後悔したかといえば、それは全くありません。

むしろ会社員を辞めてフリーランスになって良かったと思っています。

そこで今回は、2年間経験してフリーランスになって良かったことをお伝えしたいと思います。

フリーランスになって心から良かったこと

近年フリーランスとして活躍する人がとても増えてきました。

しかし中にはフリーランスで上手くいく人といかない人がいます。

ボクはこれを性格的な問題もあるのではないかと考えています。

人間なので向き不向きはどうしても出てきます。

フリーランスの適性|独立に向いている3つの性格とは?ボクはフリーランスになって2年以上が経ちました。 当初は不安もありましたが、実際にやってみると、自分の性格がフリーランスにとても向...

ボクの場合は働き方と性格がとても合っていたので、独立したことは心から良かったと思っています。

そこでフリーランスになって心から良かったと思ったことは以下の3つです。

  1. 仕事に対して誰からも縛られない
  2. 仕事関係でのストレスがなくなる
  3. スキルがかなり上達したこと

それでは順番に説明していきます。

良かったこと1:仕事に対して誰からも縛られない

ボクの性格的に最もイヤなのが、誰かに縛られて仕事をすることです。

  • 上司に仕事を押し付けられる
  • 仕事のやり方を会社から縛られる
  • 時間をガチガチに縛られる

会社員時代に経験したこういうことは本当にイヤでした。

しかしフリーランスになったことで、誰からも時間を縛られなくなりました。

例えばこのようなことをしても誰からも怒られることはありません。

  • ラジオや音楽を聴きながら仕事をする
  • 昼食の後に昼寝をする
  • アポの帰りにユニクロに寄る

そして制約がなくなったことによって仕事だけでありません。

プライベートも自分が望み通りになります。

例えば会社員時代だと以下のような悩みが出てきます。

  • ライブに行きたいけど平日は絶対に休めない
  • スポーツ観戦に行っても仕事のせいで日帰りになってしまう
  • 大型連休にテーマパークへ行っても混雑しすぎて楽しめない

しかしフリーランスであれば、こういった問題で悩むことがなくなります。

なぜなら自分が好きなときに働いて、好きなときに休むことができるからです。

平日に旅行へ行くと料金が安くなる

例えばボクは今名古屋に住んでいて、時々東京に行くことを楽しみにしています。

しかし一方で、お金の心配が常にあるため、旅行にはなるべく多くの予算を費やしたくないと思っています。

そしてボクがよく東京で泊まるアパホテルは毎日料金が変動します。

※アパホテル〈六本木一丁目駅前〉公式サイトより

ところが東京には日曜日に行って1泊するため、宿泊料金が金曜・土曜の半額以下になることもよくあります。

都心だと土曜日が1泊17,000円だったとしても、日曜日なら5〜6,000円で泊まれることもあります。

しかも月曜日だと混雑しないため、有意義な時間を過ごすこともできます。

働く時間や休みを縛られたくない方にとっては、フリーランスの働き方はマッチするものになるでしょう。

時間や休みに縛られないことでプライベートがより充実する

良かったこと2:仕事関係でのストレスがなくなる

フリーランスになると、特に仕事上の人間関係のストレスがなくなります。

これ本当でした!

完全にストレスがゼロになります。

正直いうと、ボクは会社員時代に以下のようなことを思っていました。

  • 『上司は何でも人に聞かずに自分で調べて欲しい』
  • 『会社も上司もボクの本当の実力わかっていない』
  • 『なぜ会社が取る戦略はいつも間違っている』

会社員をやっている方なら、このように思うことも一度や二度あるはずです。

ちなみにボクは会社や上司に対して平気でNoを言える人間でした。

【周りを気にしない】上司にNOを言えるくらい自由な働き方とは?ボクはフリーランスとして独立する前は、広告代理店で会社員として働いていました。 でも当時は他の人たちとちょっと違う考え方をしていま...

そして実際にボクが思っていたことを証明するために会社を辞めてフリーランスになりました。

その結果、会社の人たちがいなくなったことで、自分の心の中でグチを言うことが全くなくなりました。

なぜなら全ての仕事の責任は自分自身にあるからです。

グチを言わなくなったということは、全てをポジティブ考えられるようにもなりました。

フリーランスになった今では毎日こんなことを考えています。

  • 『どうしたらもっと収入が増えるようになるのかな』
  • 『どうしたらもっと顧客を増やすことができるのかな』
  • 『もっと売れる商品が作れないかな』

会社員を辞めたことによってボク自身の考え方がより成長したのは間違いありません。

仕事関係のストレスがなくなることによってグチがなくなり、考えがポジティブになる

良かったこと3:スキルがかなり上達したこと

ボクは会社員時代に広告代理店の営業として働いていました。

  • 営業スキル
  • 写真撮影スキル

会社員時代にはこれら2つのスキルを身につけることができました。

ところが自分が身につけたスキルを考えてみると、ほとんどが独学で身につけていたことがわかりました。

例えばボクが独学で身につけたスキルは以下のものがあります。

  1. Illustrator
  2. Photoshop
  3. ホームページ制作(ワードプレス)
  4. サイト運営の方法
  5. ダイレクトメールの制作

つまり会社員として働いていなくても、やる気次第でスキルはいくらでも身につけることができるということです。

フリーランスは前に進むしかないという状況なので、新しいスキルは身につける環境としては適しています。

ですのでもしフリーランスになるなら会社に頼らずに、独学でどんどんスキルを身につけて欲しいと思います。

フリーランスになってからも独学でスキルを身につけることができる

フリーランスにとって成長につながる勉強方法|独立後も必須以前の会社に勤めていた友人から、どうやってビジネスの勉強をしているのかと尋ねられました。 ボクはフリーランスになってから2年以上が...

最後に

ここまでボクがフリーランスになって良かったと心から思ったことについて説明してきました。

『フリーになったことによって自分の成長が加速した』とボクは考えています。

  • 『会社は自分のことを何もわかっていない』
  • 『上司よりも自分の方が絶対に有能だ』

もしこのように考えるのであれば、すぐにでもフリーになって実力を証明するべきです。

『もっと成長したい』と考える人にとってフリーランスはピッタリの環境です。

フリーランスになるにはどうすればいい?|初心者向けに徹底解説ボクは2017年に会社員を辞めて、それ以降はフリーランスとして働いています。 主な仕事内容は、飲食店向けの販促物(メニューやチラシ...