フリーランス・独立

フリーランスの商品価格は高くするべき理由|集客面から考える

このブログで以前フリーランスの商品価値についてお話ししました。

詳細は以下の記事をご覧ください。

価格アップにつながる|フリーランスの商品価値の高め方今回はフリーランスの商品についてのお話です。 ボクは会社員時代に広告代理店で6年間働いていて、次のような仕事をしていました。 ...

それに関連して今回は、商品価格を高くするべき理由についてです。

もちろん価格を上げることができれば、より少ない作業量で多くを稼ぐことができるため上げるべきなのは当然です。

そこで今回は違った角度から、商品価格は高くするべき理由についてお話したいと思います。

フリーランスの商品価格は高くするべき理由

独立したばかりだとどうしても商品価格を安くしてしまいがちです。

これはまだ実績がないことに対する自信のなさがそうさせています。

しかしボクは集客面から、フリーランスほど商品価格を高くするべきだと考えています。

その理由は以下の2点です。

  1. 集客コストが生み出せないから
  2. 集客にかかる時間はそれほど変わらないから

それでは順番に説明していきます。

理由1:集客コストが生み出せないから

フリーランスとして長くやっていくためには以下の3つが必要になってきます。

  • 集客
  • セールス(営業)
  • 商品

しかし多くの方は、集客やセールスに対してあまり考えていません。

ボクは自分の顧客を持つことがフリーランスにとって大切だと考えています。

なぜなら同じ仕事量でも収入が違ってくるからです。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

フリーランスが自分の顧客を持つべき3つの理由|楽に収益アップボクは独立当初から自分の顧客を持つことにこだわってきました。 それはこのブログの記事にも多く反映されています。 例えば過去に...

自分の顧客を作るためには、集客することが大事です。

ところが商品価格が低すぎると集客コストが生み出せなくなってしまいます。

なぜ商品価格が低いと集客コストがなくなるのか?

実際に例を出して説明します。

扱っている商品が以下の2点だったとします。

  • 商品A:5,000円
  • 商品B:10万円

この2つの商品を何らかの広告を使って集客を行ったとします。

広告を出すときに考えるべきは、以下のことです。

商品1個を販売するためにいくらの広告費が使えるのか?

商品Aだと、1個販売で広告費10,000円を使ってしまうと当然赤字になってしまいます。

ところが商品Bだと、1個販売で広告費50,000円を使っても黒字になります。

そのため集客コストを考えると、商品価格はなるべく高く設定した方が良いということです。

価格を安くしてもたくさん売れるとは限らない

『商品価格を安く設定したのであれば、その分たくさん売れば良いのでは?』

中にはこのように考える方もいるかもしれません。

しかし価格が安ければ必ずしもたくさん売れるとは限りません。

実際にボクはこのような経験をしました。

  • 商品A:1万円
  • 商品B:6万円

この2点で考えると、商品Aは商品Bよりも6倍売れれば良いことになります。

ところが実際に1年間で販売した件数を見ると、以下のようになりました。

  • 商品A:1年間で12件
  • 商品B:1年間で15件

意外と高単価の商品の方が需要があったことがわかります。

商品単価が大きく違っても、販売件数はそれほど変わらない

ボクは実際に営業してみて以下のことがわかりました。

顧客は欲しいからその商品を購入するのであって、『価格が安い=買う』にはならない

結局のところ、価格が安ければ買ってもらえると考えるのは作り手のエゴです。

もちろん安い方が商品に興味を持ってもらいやすいことは間違いありません。

しかし自信がないから価格を安過ぎるのは良くないということです。

理由2:集客にかかる時間はそれほど変わらないから

これまではコストの面から商品価格について考えてきました。

今度は時間の面でも考えてみます。

例えばリスティング広告を設定するときに必要な作業は以下の通りです。

  1. 商品とターゲットを決める
  2. 広告予算を設定する
  3. 広告を表示するキーワードを設定する
  4. 広告の見出しやコピーを決める
  5. 管理を行う

これらの作業は絶対に必要であり、商品価格に左右されることはありません。

つまり商品価格が高くても低くても、広告の設定に要する時間は同じだということです。

極端な話、100円の商品を扱っていても、100万円の商品を扱っていても要する時間が変わることはありません。

商品の価格は高く設定した方が時間的に効率が良い

このような結論になります。

最後に

集客コストとかかる時間の2点から、フリーランスは商品価格を高く設定するべきとお話しました。

ただし大事なことは、お客様が欲しいと思う商品を適切な価格で提供できているかどうかです。

単に価格を上げても売れなければ意味がありません。

そのためには商品の価値を高めてから、価格を上げることが必要だとボクは考えています。

今後はボクも価値を高めて商品価格を上げる方向でやっていきたいです。

フリーランスの営業・価格交渉のやり方|仕事がないを解決ボクは2017年に会社員を辞めて、それ以降はフリーランスとして働いています。 主な仕事内容は、飲食店向けの販促物(メニューやチラシ...