フリーランス・独立

勇気は不要!フリーランスが仕事を角が立たずに断る方法

会社員を辞めて独立した当初は、なかなか仕事を断ることができません。

その後少しずつ忙しくなってくると、徐々に仕事を断る必要性が出てきます。

なぜなら一人で仕事できる量は限られているからです。

とはいえ仕事を断るのもはっきりキツイ言い方になってしまうと、悪い評判が立ちかねません。

そこで今回は、フリーランスが仕事を角が立たずに断る方法についてお話ししたいと思います。

フリーランスのリアルな働き方とは?|実体験を元にゼロから解説ボクは2017年に会社員を辞めて、それ以降はフリーランスとして働いています。 主な仕事内容は、飲食店向けの販促物(メニューやチラシ...

仕事を角が立たずに断る方法

ボクは実際独立して2年目になってからは少しずつ仕事を断ることも出てきました。

中にはやりたくない仕事も出てくるからです。

とはいえこちらから仕事を断ってしまうと角が立ってしまいます。

そのため相手から断ってもらうのが理想です。

そこでフリーランスが角が立たずに仕事を断る方法は以下の3つです。

  1. 高額な料金を提示する
  2. スケジュールの都合を伝える
  3. 自分にはできないと伝える

どれも断る勇気がいらずに誰でもできる方法です。

それでは順番に説明していきます。

方法1:高額な料金を提示する

ボクがよく利用する仕事を断る方法は、高額な料金を提示することです。

相場よりも高額な料金を提示することで、相手の方から断ってくれるようになります。

フリーランスに仕事を依頼する理由はいくつかあります。

  • 相場よりも料金が安いから
  • クオリティが安定しているから
  • 直接やり取りして完成が早いから

この辺りはポジションによって様々ですが、基本的にフリーランスは企業と比べて固定費がかかりません。

そのため大きな企業に依頼するよりも料金が安くできる傾向にあります。

それなのに高額な料金を提示されては、相手からするともはや依頼する意味はありません。

ですので相手の方から断ってくれるようになります。

高額な料金を提示しても断られなかったら?

場合によっては通常よりも高額な料金を提示して断られない可能性も出てきます。

その場合には、さらに前払いを要求する方法もあります。

2回目以降のリピーターであれば難しいですが、新規顧客であれば申し出ることは可能です。

もし相手が企業の場合には支払い方法が決まっているため、前払いを受ける可能性は低いです。

しかしそれでも前払いを受けてくれる可能性もあります。

  • 相場よりも高額な料金
  • 事前に料金を支払ってくれる

もしこの条件が揃っているのであれば、ボクからすればもはや断る理由がないのでは?と思ってしまいます。

たとえ相手が嫌いでも、フリーランスにとっては良い案件の一つになるからです。

方法2:スケジュールの都合で断る

高額な料金では断れない状況の場合、スケジュールの都合で断る方法もあります。

なぜなら相手はこちらのスケジュールの都合を知らないために、如何様にも伝えることができるからです。

この方法には以下のメリットがあります。

  • 本当は仕事を受けたい感を出せる
  • 売れっ子フリーランスを演出できる
  • 断っても相手に角が立たない

これだけのメリットがあるため、断る方法としてはかなり良い方法です。

そして断るときのポイントがあります。

本当は仕事を受けたいけど、忙しすぎて受けられない感じを出すこと

この伝え方は非常に大事です。

以下がその例文です。

「いつもお仕事のご依頼ありがとうございます。大変申し訳ないのですが、現在多くの受注をいただいているため、新たなご依頼については受付ができない状況となっております。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。また機会がございましたらよろしくお願いいたします」

この例文のポイントは以下の3つです。

  1. 受注に対する感謝の気持ちを述べる
  2. 他の仕事も全て受注をしていないと伝える
  3. 仕事を受けられないことにお詫びする

この3点はとても重要です。

そしてこのポイントさえ含まれていれば、あとはどのように伝えても良いのではないかと思います。

方法3:自分にはできないと伝える

依頼を受けた仕事が自分にできない仕事の可能性もあります。

その場合には、はっきりとできないことを伝える方が賢明です。

例えばボクの場合だと、主に飲食店を相手にメニューやチラシなどを制作しています。

しかし中には、「お店の看板は作れないの?」という依頼があったりします。

ボクは以下の理由で看板の制作を断っています。

  • そもそも自分で看板を作る技術がないから
  • 看板の仲介の仕事は手間がかかるから
  • 仲介の仕事はあまり利益がないから

しかしそのまま断ってしまっては、相手に角が立つことになってしまいます。

そこでボクは断るときに次のポイントを大事にしています。

  1. 自分にできないことを正直に伝える
  2. 看板の業者を紹介してあげる
  3. 撮った写真は看板で使ってもらうため無償提供

ここまでやると、顧客からの他の仕事の依頼がなくなることはありません。

フリーランスは顧客との信頼関係が非常に大切です。

リピート率が上がる|フリーランスが顧客と良い関係を築くポイント毎月フリーランスとして何件かお仕事をいただけることができたのですが、そこでふと気づいたことがありました。 それは仕事をいただいたク...

単に断るだけでなく、自分にできることをすることで相手との関係性を良い状態に保つことができます。

さらにまた別の仕事の依頼がもらえることにもつながっていきます。

最後に

今回はフリーランスが角を立てずに仕事を断る方法を3つご紹介しました。

これらを相手によって使い分けると良いかと思います。

ただし基本的には仕事は断らないに越したことはありません。

仕事を断るのであればメリットとデメリットをしっかりと把握した上で行うべきです。

なお断るメリットとデメリットは以下の記事で解説しています。

フリーランスが仕事を断るメリットとデメリットを解説会社員であれば時間によって給料をもらうことになるため、イヤな仕事もやらなければいけません。 しかしフリーランスは責任は全て自分で負...