フリーランス・独立

【独立2年】実際にフリーランス開業前に準備して良かったもの

『フリーランスになりたい!』って思っても、どんな準備をすればいいのかわからないってありますよね。

ボクはフリーランスになってから2年が経ちますが、独立する前の準備は本当に大切だと感じています。

実際ボクは独立を決めてから会社を辞めるまでに1年半かかりましたが(長い方かも?)、その間に準備していたものはいくつもあります。

そこで今回はボクの実経験から、フリーランスになる前に準備しておいて良かったものについて説明していきます。

フリーランス開業前に準備して良かったもの

ボクは心配性な性格のため、本当に色々と準備しました。

ボクは会社員を辞めると同時に新しい家でスタートしたいからと引っ越しをしました。

今では笑い話ですが、とりあえずお金がなくなっても生活だけはできるようにシャンプーやティッシュまで買い溜めしておきました。(笑)

フリーランスに生活必需品の買い溜めは必要ありません。

でも独立して2年が経った今だからこそ、準備しておいて良かったと思うものがあります。

ボクがそう感じるものは以下の3点です。

  • 準備したもの1:半年分の生活費
  • 準備したもの2:パソコン・プリンタ
  • 準備したもの3:サイト(ブログ、ホームページ)

それでは順番に説明していきます。

準備したもの1:半年分の生活費

一般的に会社員から独立するとなると、それまでの顧客をそのまま引き継いだり、仕事をもらえるコネなどを築いておくものです。

特にボクは営業をしていたため、それまでの顧客をコネとして作っておくことは可能だったのかもしれません。

しかしそういったことはフェアではないからと、ボクは独立後に全てゼロから築く決断をしました。

ですので独立当初は全く仕事がなかったです!

そんな時に準備しておいて良かったのが、生活費(貯金)です。

仕事をもらえるコネや人脈がない上に、クラウドワークスなどを利用するつもりがなかったため、最初の頃の売上は乏しいものでした。

ちなみにボクはこのブログで創業当時からの月収を全て公開しているので、良かったらご覧ください。

フリーランスになってからの月収を実数公開私がフリーランスになってから現在までの収入を公開しています。 収入というのは主に粗利計算です。 原価のみ差し引いていますが、...

自分で営業ができたので、多少はなんとかなると思っていました。

でもいきなり最初から仕事にありつけるほど甘くはないだろうとも考えていました。

そこでボクは独立当初は仕事がないことを想定して、半年分の生活費を貯めていました。

1ヶ月のコスト20万円×6ヶ月=総額120万円

貯金額はおよそ120万円くらいです。

そのおかげもあって、仕事がなくてもなんとか生活することができていました。

独立当初から仕事がなかったため自ら営業で周り、それから仕事を受注できるようになっていったのが5〜6ヶ月頃です。

営業は種まきは大事ですが、結果が出るまでにやっぱり最低でも3ヶ月はかかってきます。

【開花は3ヶ月以降】営業活動で大事なことはタネを蒔くことボクは会社員時代に営業職をしており、今でも直接見込客に案内に行ったりしています。 どんな会社でもフリーランスでも、営業をすることは...

半年の貯金でもなんとかやっていけましたが、欲を言えばもう少し貯金に余裕があればもっと楽に続けることができました。

ですので最低でも半年〜1年分の生活費を持ってスタートすると良いと思います。

独立当初は仕事がないため、最低半年分の生活費を確保しておく

準備したもの2:パソコン・プリンタ

ボクが独立する前に準備しておいて良かったものの二つ目は、パソコンとプリンタです。

フリーランスとして仕事をするのであれば、この二つは絶対に必須だと思っておいた方が良いです。

まずパソコンはメール、インターネットなどはもちろんとして、請求書や見積書を作るときにも必要です。

そしてプリンタも印刷するときには欠かせないものになります。

ボクは自宅の一室を作業スペースにしているのですが、以下はその写真です(キレイじゃなくてすいません)。

画面左側はプリンタ、中央がデスクトップのMac、右下側がノートパソコンになります。

Macはデザイン関係で使っており、ノートパソコンは5万円くらいの安いもので主にサイトの更新用に使っています。

またプリンタも高価なものではなく、3万円くらいの家庭用プリンタです。

パソコンもプリンタも高性能である必要はない

ボクの経験上これは本当で、リースの複合機などはフリーランスの独立当初であればはっきりいっていらないです。

請求書や見積書の発行は家庭用プリンタで十分ですし、コピーならその都度コンビニへ行けば良いと思います。

もし仕事の規模が大きくなって複合機が必要になったときに初めて導入すれば良いだけです。

フリーランス独立の基本はなるべくコストを抑えることなので、パソコンやプリンタは欠かせないものですが安いもので十分です。

フリーランス初期に大事なことはとにかくコストを抑えること

準備したもの3:サイト(ブログ、ホームページ)

ボクが独立する前に準備しておいて良かったものの最後は、ウェブサイトです。

このウェブサイトというのはホームページやブログなどのことを言います。

最近ではホームページを持つことが当たり前になっているので、フリーランスと言えどもサイトの一つや二つは誰でも持っているものです。

しかしよくあるのが、会社員を辞めたあと独立準備期間にホームページを作ることです。

はっきり言って、独立してから作るのではかなり遅いです。

ボクの場合には、最初にホームページを作ったのが独立する1年前でした。

さらに半年前にはニュースサイトを作って運営を始め、それが今ではありがたい副収入(Googleアドセンス)となっています。

ちなみにサイト運営のこともこのブログで記事にしているのでよかったらご覧ください。

【アドセンス収入月7万円】副業で運営しているサイトを完全公開ボクは2019年2月からこのブログを始めています。 しかし作ったのは今回が初めてではなく、これまでにもいくつかのサイトを潰してきて...
【最高月間70万PV】アクセスを集めるポイントを解説ボクは副業として2つのサイトを運営しており、毎月約7万円のGoogleアドセンス収入を得ています。 アメリカのプロレスサイト ...

なぜ独立してからホームページを作るのでは遅いのか?

理由:アクセスが集まるまでに時間がかかるから

サイトを作成してからGoogleの検索エンジンでアクセスが集まるまでに、最低でも半年はかかると思っておいた方が良いです。

そうなると、独立後に作ってもアクセスが集まり出すのは半年後となってしまいます。

以下は私が運営しているサイトの一つのデータです。

2017年7月に始めたこのサイトですが、最初の半年間はほとんどアクセスがありませんでした。

ただボクのサイトだけでなく、このようなことはサイト運営を行ったことがある方なら誰でも経験しているものです。

だからこそ独立する前に会社員時代からサイトを育て始めて、アクセスが集まり始めた頃に独立するのがオススメです。

『独立する=ホームページを作る』という考えを持つことは良いのですが、『育つまでに時間がかかる』というのも知っておくと良いでしょう。

サイトの作成は必須だが、最低でも独立半年前には作っておくべき

最後に

私の実体験から、独立前に最低限準備するべきもの3つをご紹介しました。

  1. 半年分の生活費
  2. パソコン・プリンタ
  3. サイト(ブログ、ホームページ)

これらはどれも独立前に必須で準備するべきですが、なぜ必要なのかまで理解しておくと独立後に役立つことでしょう。

独立に向けて準備が多すぎる必要はありませんが、困らないように最低限の準備は必要です。