フリーランス・独立

【独立3年目突入】フリーランスの2年間を振り返ってみる

2017年10月13日はボクが開業届を提出した日です。

そのため2019年10月13日でフリーランスになって2年間が経ちました!

当初はすぐに廃業するのではないかとも考えていましたが、なんとか2年間続けることができました。

そこで今回は、ボクがフリーランスになってからの2年間を振り返ってみたいと思います。

フリーランスの2年間を振り返ってみる

ボクは独立するための準備として半年間の生活費120万円を貯金していました。

なぜなら売上も顧客もゼロだったためまずはベースを築く必要があったからです。

ちなみに独立前の準備のことは以下の記事でも説明しています。

フリーランスの準備にはどれくらいの期間が必要?【理由も説明】よく世間では、会社員を辞めて独立したいと考えている方に対して、次のようなことが言われています。 『いつまでも起業準備中の人は一...

半年分の貯金があれば、その間に顧客を開拓すればなんとかなると漠然と思っていました。

当初の目標は毎月20万円以上稼ぐことです。

そうすれば生活費が赤字にならないため、なんとか続けることができました。

でも独立した当初は毎日こういうことを考えていました。

『来年の4月まで(独立から半年後)に毎月20万円のベースを築けなければすぐに終わりだな・・・』

もし半年間で売上がゼロのままだったら、単に貯金を食いつぶすだけで生きていけなくなるからです。

そこでボクは独立当初から、飲食店にターゲットを絞って写真撮影を商品としてアピールすることにしました。

そうすれば新規顧客を開拓できると予想していました。

でもやっぱりやってみないとわからないものです。

実際に飲食店をまわってみると、写真撮影の需要はほとんどなく、あくまでもメニューやチラシを作るための一環として行うことがほとんどでした。

これも過去に記事にしているので良かったらご覧ください。

【自分が間違っていたと気づいた】フリーランスの商品価値の高め方今回はフリーランスの商品についてのお話です。 ボクは会社員時代に広告代理店で6年間働いていました。 本職は営業でしたが、そこ...

独立して2年経って思うのは、事前に全てを予想しておくのは不可能だということです。

始める前は上手くいくか誰でも不安なので、色々なことを予想しておきます。

でも実際にやってみると、予想していた通りに上手くいくことはありません。

そういうときには軌道修正を行う必要があります。

予想していたことが上手くいかなければ、その通りに物事を進めるよりも、修正しながら前に進む方が賢明です。

ただボクは準備として様々なことを事前にシュミレートしておくことは悪いとは全く思わないです。

全く思わないんですけど一方で、予想通りに上手くいかないことも想定しておくことが大事だと考えています。

しっかりとした準備は大事ですが、必要以上の準備はムダなのでとりあえず行動してしまった方が早いです。

絶対に上手くいかなくなるので軌道修正をできるかがカギとなる

毎月20万円以上を稼げるようになった理由

フリーランスをやっているとよくこのように思われます。

「収入が安定しないし大変でしょう?」

収入が安定しないのは確かに事実ですが、ボクはこの2年間で苦労したと思ったことが一回もありません。

実を言うと、ただただ楽しかっただけです!

2年前に独立して心から良かったと思っています。

この記事のタイトルから苦労話を期待していた方には非常に申し訳ないです(笑)。

お金の面で言うと、大成功できたわけでは決してありませんが、物欲がないため生活してく分には困ることはありませんでした。

ちなみにボクのこれまでの月収はこのブログで全て公開しています。

フリーランスになってからの月収を実数公開ボクがフリーランスになってから現在までの収入を公開しています。 収入というのは主に粗利計算です。 原価のみ差し引いていますが...

独立当初に目標としていた最低毎月20万円以上もアベレージとして稼げるようになりました。

ボクが毎月20万円以上稼げるようになったのは、主に2つの理由があると考えています。

  • 理由1:自社商品を売っていた
  • 理由2:副業としての収入があった(Googleアドセンス)

それでは順番に説明していきます。

理由1:自社商品を売っていた

このブログでも何回も言っていることですが、ボクは独立当初から他人の商品を売る代理店になることを嫌っていました。

なるべく他人に取られる中間マージンをなくさないと、すぐに毎月20万円以上稼げるようにはならないと考えていました。

そのためには自分で商品を作って自分で販売する必要があります。

なおこれについての詳細は以下の記事をご覧ください。

フリーランスとして月収20万円を稼げるようになった戦略ボクはフリーランスとして2年が経ち、これまでなんとか生活に困ることなく仕事を続けることができています。 ボクの場合は人脈もコネもな...

そして代理店ビジネスが最もイヤなのは、自分がやる必要性がないことです。

「単に他人から商品を仕入れて売るだけならボクじゃなくてもできるでしょ?」

このように考えると、ボクの場合は仕事に対するモチベーションが上がりません。

ですのでおそらく今後も代理店ビジネスはやらないでしょう。

理由2:副業としての収入があった

ボクの月収の推移をみると、本業として20万円に届かないことは多々ありました。

でも副業としてサイトを運営しており、毎月約7万円のGoogleアドセンスからの収入があったのは大きかったです。

はっきり言って、この副収入がなかったら今はフリーランスをやれていなかった可能性すらあります。

ですのでもしボクがこれからフリーランスになろうとしている人を見かけたら、

『会社員でいるうちにちょっとでもいいから副収入を作っておくといいよ』

って必ずアドバイスします。

毎月5,000円でも1万円でもあるのとないのとではかなり違います。

ボクの場合には会社員を辞める前からサイトを作って記事を書いていました。

すぐに広告を貼らなかったために収益化はしていませんでしたが、独立後に収益化したことで今では大きな助けになっています。

ブログ、アフィリエイト、YouTube、noteなんでもいいですが(アルバイトじゃないよ!)、独立前に副収入を作っておくと非常に楽になります。

最後に

ボクが会社員時代の顧客であったコンサルタントの方から、

『独立したらとりあえず3年は頑張った方がいい。そうすればあとは何とかなるから』

というアドバイスを受けたため、当初から3年間は何としてでも続けるつもりでいました。

今でももし貯金がなくなったらアルバイトをしてでも続けるつもりでいます。

すでに2年間を終えたので、とりあえずは来年1年間も同様に頑張るつもりです。

ただ1年目よりも2年目の方が楽に仕事をもらえるようになりました。

なぜなら顧客のベースが1年目にあるために、リピーターから仕事がもらえるからです。

【リピートが率が上がる】フリーランスが顧客と良い関係を築くコツ毎月フリーランスとして何件かお仕事をいただけることができたのですが、そこでふと気づいたことがありました。 それは仕事をいただいたク...

もちろん3年目も上手くいく保証はどこにもありませんが、今後も新規顧客は常に開拓していきます。

来年の今頃に再びこのブログで良い記事が書けることを願っています。