フリーランス・独立

フリーランスが自分の商品を作る3つのポイント|スキルの組合せ

ボクは独立当初から他人の商品を売る代理店ビジネスはやらないと心に決めています。

自分の商品やサービスを持つことにこだわってきました。

なぜならフリーランスは自分の商品を持って顧客を獲得していくべきだからです。

そこで今回は、ボクの経験から自分の商品を作るためのポイントについてお話したいと思います。

フリーランスが自分の顧客を持つべき3つの理由|楽に収益アップボクは独立当初から自分の顧客を持つことにこだわってきました。 それはこのブログの記事にも多く反映されています。 例えば過去に...

フリーランスが自分の商品を作るためのポイント

商品を作る上ではまずいくつかの前提条件があります。

その商品を誰かに買ってもらう必要があるため、当然ながら売ることを考える必要があります。

  • 需要のある商品
  • 利益の出る商品

そう考えると、これら2つは絶対に必要な条件となります。

その上で自分の商品を作るために必要なポイントは以下の3点です。

  1. 自分のできることから考える
  2. 組み合わせてパッケージ化する
  3. 注目される商品を用意する

それでは順番に説明していきます。

ポイント1:自分のできることから考える

自分の商品を作るポイントの一つ目は、自分のできることから考えることです。

簡単にいうと、無い物ねだりをしても良いものは作れないということです。

  • コンサルティング
  • SEO・MEO対策
  • SNSマーケティング
  • リスティング広告代理店

最近よくこういったジャンルで活躍している人が増えています。

でも実際のところ、全ての人がこのジャンルで結果を出しているのかといえば決してそんなことはありません。

中には怪しい業者もたくさんあります。

自分で全く結果を出していないのに、他人からお金をもらっている会社も多いです。

言い方悪いですが、それはもはや詐欺のレベルです。

そうではなくて、こういうやり方なら自分に見合った商品を作ることができます。

自分の持っているスキルや経験を活かして商品を作る

もちろん中にはこのように思われる方もいるかもしれません。

「自分には商品を作れるようなスキルや経験はありません」

商品を作るといっても、決して特別なスキルが必要とは限りません。

ボクは実際以下のスキルを使ってサービスを提供しています。

  • 写真撮影
  • Illustrator
  • Photoshop

しかしどれも専門の仕事として働いた経験がありません。

クリエイティブな仕事に関しては実務経験ゼロです。

でも今のボクにできることはこれらのスキルしかなかったために、自分のできる範囲内で商品を考えました。

なお詳細については以下の記事でも解説しています。

フリーランスには特別なスキルが必要ない理由|最低限のレベルで十分日本ではフリーランスになろうとする方や副業を始める方が増えています。 そしてこれからフリーランスになろうとする方の多くがこのように...

自分のできる範囲から始めて、少しずつできる範囲を拡大していけばだんだん仕事のレベルも上がっていくことは可能です。

ポイント2:組み合わせてパッケージ化する

次に大事なことが、組み合わせてパッケージ化することです。

自分の持っているスキルを組み合わせて一つのパッケージ商品にする

なぜ組み合わせる必要があるのかというと、一つだけでは専門のプロフェッショナルな人には勝てないからです。

例えばボクの場合だと、先ほど3つのスキルを持っているとお話ししました。

  • 写真撮影
  • Illustrator
  • Photoshop

しかしボクのレベルは低いため、専門のカメラマンやデザイナーにはスキルで劣っています。

まともに戦っては勝つことができません。

そこで自分の持っている3つのスキルを組み合わせてパッケージ化して商品にすることにしました。

それが今のボクの本業である飲食店向けのメニューやチラシ制作です。

  • カメラマン
  • デザイナー
  • 印刷会社

このように通常はそれぞれ別々のプロがいます。

仕事を発注する飲食店は、それぞれのプロに対してやり取りをしなければいけません。

しかしボクの場合は、自分で全てのスキルを持っていることを活かして、全てをパッケージ化しました。

料理撮影+デザイン+印刷=◯◯円

これらを一括りにして一つの商品にして価格を設定します。

すると飲食店からすれば、支払うべき金額が最初に知れるためにわかりやすい商品となります。

つまりパッケージ化しないと、顧客にとって以下のようなデメリットが生じます。

  • 総額いくらになるのかわかりにくい
  • 複数の業者とのやり取りが面倒になる
  • 意思が一貫したものを作りにくい

さらに自分の持っている武器を組み合わせてパッケージ化することは、専門の方との差別化にもつながります。

なお以下の記事でも詳しく説明しているのでご覧ください。

価格アップにつながる|フリーランスの商品価値の高め方今回はフリーランスの商品についてのお話です。 ボクは会社員時代に広告代理店で6年間働いていて、次のような仕事をしていました。 ...

ポイント3:注目される商品を用意する

ボクが実際にやってみて思うのが、注目される商品を用意した方がいいということです。

一般的にはフロントエンド商品と呼ばれるものです。

言い換えると、誰にでも興味を持ってもらえる商品です。

まずはとにかく一度購入してもらわないことには何も進みません。

たとえどんな商品であっても、自分の良さを顧客に知ってもらう必要があります。

一度購入してもらって顧客となってもらえればこちらにもメリットがあります。

  1. リピート購入してもらえる
  2. 他の商品も購入してもらえる
  3. 別の顧客を紹介してもらえる

ボクはフリーランスにとってこれらが非常に大事だと考えています。

そのためにはまずターゲットとなる人が目を引くような商品があると興味を持ってもらえます。

顧客獲得→リピートにつなげることが重要

フリーランスとして収入を増やすためには、商品をリピート購入してもらうことが重要になってきます。

なぜなら簡単に新規顧客の獲得ができないからです。

詳しくは以下の記事でも解説しています。

営業が苦手なフリーランスはリピート商売にするべき|理由を解説フリーランスをやっていても、実は営業が苦手な方が結構多いです。 なぜならクリエイティブな仕事は営業と無関係だからです。 とこ...

そのためには、まず一人目の顧客を獲得しなければ広がっていくことがありません。

  • 同業他社と比べてお得な商品
  • 同業他社では買えない商品
  • 購入すると何か特典がつく

このような商品を用意することで、注目を集めることが大事です。

最後に

結局のところ、自分の商品は実際にやってみないと売れるかどうかはわかりません。

大事なことは商品を作った後に、修正と改良を加えていくことです。

実際にボクも独立当初と比べると、提案資料は少しずつ変化してきています。

  • スキルアップによる改良
  • 料金体系の見直し
  • 商品ラインナップの変更

こういったことは自分の状況の変化や顧客の要望によって常にアップデートしていくべきです。

フリーランスの営業・価格交渉のやり方|仕事がないを解決ボクは2017年に会社員を辞めて、それ以降はフリーランスとして働いています。 主な仕事内容は、飲食店向けの販促物(メニューやチラシ...