フリーランス・独立

フリーランスが上手にスケジュールを管理する3つのポイント

フリーランスにとって大切なものはいくつかあります。

その中でも最も大切なものに時間があります。

フリーランスにとって時間の使い方はとても重要です。

なぜなら誰にも管理されることはなく、全て自分で毎日のスケジュールを組み立てる必要があるからです。

そこで今回は、上手にスケジュールを管理するポイントについてお話ししたいと思います。

上手にスケジュールを管理するポイント

ボクはとても時間にうるさい人間です。

他人の遅刻には文句を言いませんが、自分が予定時間に1秒でも遅れると絶対にイヤな性格をしています。

もし1秒でも予定に遅れそうなときには、必ず直前に連絡をするほど時間にうるさいです。

そんな時間にうるさいボクがオススメするスケジュールを上手く管理するポイントは以下の3つです。

  1. 規則正しい生活をする
  2. 前日に翌日の予定を決めてしまう
  3. 1〜2週間先までで予定を考える

ポイント1:規則正しい生活をする

フリーランスの基本は何と言っても、規則正しい生活です。

これは何も朝早く起きて、夜早く寝ることが良いというつもりはありません。

自分の生活リズムを毎日一定に保つことが大事だと考えています。

特にこの3つの時間です。

  • 起床時間
  • ご飯の時間
  • 寝る時間

なお規則正しい生活については以下の記事でも解説しています。

フリーランスは毎日規則正しい生活をした方が良い3つの理由常に時間に縛られている会社員からすると、時間に縛られないフリーランスが羨ましいと思われることがあります。 しかしボクの場合はこれら...

なぜ規則正しい生活とスケジュール管理がつながってくるのかですが、これがボクが考える理由です。

理由:仕事の予定が組みにくくなるから

起きる時間、寝る時間がバラバラだと、仕事の予定が組みづらくなってしまいます。

フリーランスにとって大事なことは、仕事時間にいかに効率よく多くの作業をこなすかです。

しかし生活リズムがバラバラなために、作業効率が上がらずに仕事が捗らないことになってしまいます。

また仕事関係者の人たちも、いつ連絡すればつながるのか、いつならアポが取れるのか困ってしまいます。

それを避けるためにも、まずは規則正しい生活を心がけた方が良いでしょう。

ポイント2:前日に1日のスケジュールを決めてしまう

ボクが会社員時代から徹底してやってきたことがあります。

前日のうちに翌日1日のスケジュールを決めてしまうこと

営業出身ってこともありますが、その日の仕事は翌日のスケジュールを決めることだとすら思っています。

なぜ1日のスケジュールを前日までに決めておくと良いのかというと、次のような理由があるからです。

理由:朝起きてからすぐに行動できるため時間にムダがないから

ボクの場合は、スマホのメモ帳機能にその日やるべきこと(ToDoリスト)を全て書くようにしています。

なおメモ帳の解説について詳しくは以下の記事をご覧ください。

https://jj-milky.com/free-lance/memo-function-smartphone/

ボクとしては当日に「今日何しようかな?」って考えるのですらも時間がもったいないと感じています。

ですので仕事関係においてもやるべきことを全て書くようにしています。

  • 写真の加工をする
  • メールを送る
  • 見積書を作成する
  • ブログの記事を書く

こういったやるべきことが前日の段階でわかっていると、翌日朝からすぐに行動することができます。

しかも独立してからは自宅兼仕事場なので通勤時間がゼロ秒です。

これだけでもスケジュール管理において、ムダな時間を極力省くことができるようになります。

【フリーランスは0秒】時間が欲しいなら通勤時間を削るべきフリーランスになってから『時間の大切さ』を感じることがよくあります。 特に何かを始めたい、何かに時間を費やしたいと考えるのはおそら...

ポイント3:1〜2週間先までで予定を考える

ボクは前日に翌日のスケジュールを全て組んでしまいます。

しかしときには予定よりも早くやるべき仕事が終わってしまうこともあります。

1日の予定をあらかじめ前日に決めてても、実際にはやってみないとわからないことが多いです。

その場合には何もしない時間がもったいないので、できるだけ翌日以降の仕事を前倒しして行うようにしています。

そのためスケジュールは1〜2週間先まで考えることにしています。

忙しいときには先の予定を考えると対処できる

また1〜2週間先のスケジュールまで考えておくと、忙しいときにでも対処することができます。

ボクは2019年9月は消費税増税直前で非常に忙しい時期を過ごしました。

通常はのんびりと作業ができるものの、この時期だけは同時に5〜6件も対処する必要がありました。

5〜6件の仕事が同時に来ると流石にパニックになってきます。

しかもそのどれもが締め切りは9月30日までと決められています。

このような仕事がたくさんあって忙しいときには、先のスケジュールまで見通す必要があります。

単にやってきた仕事に対して順番に対処しているだけでは、納期が遅れる可能性も出てきます。

  • 仕事の優先順位は何なのか?
  • 全ての仕事の納期はいつなのか?
  • 1つ1つの仕事はどれくらいの期間で終わるのか?

このようなことを考えながらスケジュールを組んでいくと、自分がやるべき目の前の仕事が明確になってきます。

仕事が立て込んで忙しいときほど、今日や明日だけでなく先のスケジュールまで見通すことが必要です。

なお仕事が忙しいときの対処法については以下の記事で詳しく説明しています。

仕事が多すぎて上手く予定通り進まないときの3つの対処法フリーランスは仕事が忙しいときもあれば、ヒマなときもあります。 『仕事が忙しい=収入が増える』につながるため、フリーランスにとって...

最後に

毎日の時間を有効活用するためには、日々のスケジュール管理が欠かせません。

フリーランスは会社員と違って、会議、面談、打ち合わせなどの社内の仕事はありません。

しかし顧客や取引先などとのスケジュール調整は必要になってくることがあります。

特にフリーランスは受けた仕事をきちっと完了しないと信用問題になってしまいます。

そのため仕事を受けた以上は、決められた納期までに終わらせることが必要です。

フリーランスのリアルな働き方とは?|実体験を元にゼロから解説ボクは2017年に会社員を辞めて、それ以降はフリーランスとして働いています。 主な仕事内容は、飲食店向けの販促物(メニューやチラシ...