フリーランス・独立

フリーランスには絶対に向いていない人の3つの特徴|理由も解説

ボクは以前、独立に向いている3つの性格という記事を書きました。

  1. こだわりが強い職人肌
  2. 一人で仕事をするのが好き
  3. ムダなモノを買わない
フリーランスの適性|独立に向いている3つの性格とは?ボクはフリーランスになって2年以上が経ちました。 当初は不安もありましたが、実際にやってみると、自分の性格がフリーランスにとても向...

一方で絶対にフリーランスに向かない人もいます。

そこで今回は、フリーランスには絶対に向いていない人の3つの特徴についてお話したいと思います。

フリーランスには絶対に向いていない人の特徴

ボクは決してみんなにフリーランスを勧めているわけではありません。

あくまでもフリーランスになりたい方を応援したいだけです。

中にはフリーランスに向かない方も絶対にいます。

このような方は独立しないで、そのまま会社員を続けた方がいいです。

そこでボクが考えるフリーランスには向かない人の特徴は以下の3点です。

  1. 仕事に対して責任感のない人
  2. 自分の意思がない人
  3. 月曜日にモチベーションが下がる人

それでは順番に説明していきます。

特徴1:仕事に対して責任感のない人

会社は組織で動いているため、各部署ごとに役割が決められています。

  • 営業部
  • 経理部
  • 制作部

そして何か問題が生じれば、各部署の責任となってきます。

ところがフリーランスの場合、全ての仕事を一人でこなす必要があります。

  • 営業・集客
  • 商品やサービスの制作
  • お金の管理

それはつまり仕事に対する責任がより大きくなることを意味します。

  • 仕事が全くなくて収入の見込みが立たない
  • 顧客からサービスに対してクレームがあった
  • 仕事をしたけどまだ入金がされていない

このような問題も全て自分で解決する必要があります。

そのため仕事に対して責任感のない人は、独立してやっていくことは非常に厳しいでしょう。

なお仕事に対する責任の大変さは以下の記事でも説明しています。

フリーランスになってマジで大変だと思った3つのことボクは会社員をやめてフリーランスになってから一度もこの選択に後悔していません。 フリーランスになって良かったと心から思っています。...

独立する上で必要なこと:良い人間関係の構築

なぜ仕事に対して責任感が必要なのかというと、相手の信頼関係があるからです。

責任感のない人は顧客や取引先から信用されません。

  • アポの時間にいつも遅れてくる
  • 仕事の納期は守れない
  • 仕事のクオリティが安定しない

このような人に誰が仕事を依頼してくれるでしょうか?

独立したら、自分で稼いでいくという覚悟が必要です。

そのためには自分が関わる全ての仕事に対して責任を持たなければいけません。

特徴2:自分の意思がない人

自分の意思を持たない人もフリーランスには向いていないでしょう。

ボクが会社員時代にもこのような方がいました。

  • 会議などで自分の意見がない人
  • よく周りに同調してばかりいる人
  • 何をしたいのかはっきりしない人

このような方は、何でも自分で決断ができない特徴があります。

しかしフリーランスになったら何でも自分で決断することだらけです。

  • どのような商品やサービスを販売するのかを決める
  • 顧客のターゲットを決める
  • どのように集客していくのかを決める

決断する機会は細かなところにも及ぶため、挙げればキリがないほどです。

フリーランスとして独立してすぐに上手くいくことはありません。

失敗して修正するたびに何らかの決断が迫られます。

重要な決断を他人任せにする

このような方は独立しない方がいいので、会社員として続けていった方が良いでしょう。

特徴3:月曜日にモチベーションが下がる人

Twitterのリアルタイムランキングを見ると、なぜか月曜日だけいつも『月曜日』というワードがランクインしています。

「一週間のはじまり月曜日!今日も頑張ろう!」

このようなツイートも多いのですが、中には以下のようなツイートも多く見られます。

  • 「月曜日の朝は1番だるい」
  • 「月曜日が来てしまった絶望」
  • 「月曜日の喜び方を教えて欲しい」

月曜日にモチベーションが下がる方は独立には向いていないです。

これは何を隠そう実際にボクがそうでした。

新社会人になって入社した不動産会社で働いていたとき、毎週木曜日にはいつもこのように思っていました。(水曜休みのため)

「これからの6日間が長い・・・早く休みが来ないかなぁ」

今思えば過去の自分は、本当にダメなヤツでした。

でもそこから様々な経験を積み、最後に働いた広告代理店のときに月曜日はこのように思っていました。

「休みは暇だからもっと働きたい!月曜日が本当に待ち遠しかった!」

まるで別人のようですが、モチベーションが高いとこれくらいの意識の差が生まれてきます。

月曜日にモチベーションが下がる人の共通点

そしてボクの経験だと、月曜日にモチベーションが下がる人の共通点はこれだと考えています。

毎日の仕事がつまらないから会社へ行きたくない

フリーランスになるのであれば仕事を好きになる必要があります。

仕事をするのが嫌いならフリーランスになるべきではない理由ボクは2017年10月に会社を辞めてフリーランスになりました。 それからやっていて思うのが仕事を本当に好きで良かったということです...

もちろん独立することで自分の好きな仕事に打ち込める方は、すぐにでも会社員を辞めるべきです。

フリーランスは自分の好きな仕事ができることもメリットの一つだからです。

詳しくは以下の記事でも説明しています。

フリーランスになる魅力とは?|仕事面でのメリットを解説ボクはフリーランスになって2年以上経ちましたが、独立するというとデメリットに目を向けられがちです。 収入が安定しない 休めな...

しかしそもそも働くことが嫌いな方であれば、嫌々ながらも会社員として続けた方が賢明です。

最後に

ボクは会社員でいることも、フリーランスになることも、どちらもリスクのあることだと考えています。

しかしフリーランスになると、毎月の収入が安定しないという大きなデメリットがあります。

そのため無理してみんなが独立するべきだとは考えていません。

特に今回お伝えした3つの特徴に当てはまっている方であれば、会社員として働いた方が良いでしょう。

フリーランスになるにはどうすればいい?|初心者向けに徹底解説ボクは2017年に会社員を辞めて、それ以降はフリーランスとして働いています。 主な仕事内容は、飲食店向けの販促物(メニューやチラシ...