フリーランス・独立

実体験|フリーランス2年間で何件顧客を獲得できたのか?

ボクは現在フリーランスとして仕事をしていて、2019年10月で独立2周年となりました。

【独立3年目突入】フリーランスの2年間を振り返ってみる2017年10月13日はボクが開業届を提出した日です。 そのため2019年10月13日でフリーランスになって2年間が経ちました! ...

ボクはこれまで誰かに仲介してもらうことを嫌い、全て自分で新規顧客を開拓してきました。

その結果これまで2年間はなんとかフリーランスとして仕事をしていくことができました。

そこで今回は、ボクが過去2年間で何件の顧客を獲得できたのかについてお話したいと思います。

独立2年間で何件顧客を獲得できたのか?

ボクは会社員時代に営業をしていましたが、そのときの顧客は全て会社に引き継いただため全てゼロからのスタートでした。

  • 顧客なし
  • 人脈・コネなし
  • 制作実績なし
  • 制作での実務経験なし

ちなみにボクは現在飲食店のチラシやメニューを作る仕事をしています。

そのため顧客の95%以上は飲食店です。

独立してからの2年間の月収も公開しているので良かったらご覧ください。

フリーランスになってからの月収を実数公開ボクがフリーランスになってから現在までの収入を公開しています。 収入というのは主に粗利計算です。 原価のみ差し引いていますが...

創業当時からボクがこだわっていたのは次のようなことでした。

  • 自分の商品を持つこと
  • 自分で営業すること
  • 自分の顧客を持つこと

商品も顧客も自分で持つことがフリーランスにとって安定につながるという考えです。

そんなボクが独立してからの2年間で獲得できた顧客の件数は以下の通りです。

  • 2017年(10〜12月):2件
  • 2018年(1〜12月):44件
  • 2019年(1〜10月):21件

顧客の総数は以下のようになります。

独立2年間で獲得できた顧客:67件

ボクは独立したときに顧客が100件くらいいると、そこそこ安定した収入になると考えていました。

その数字にはまだ及びませんが、2年間でこれだけの顧客から仕事をいただけたことはとてもありがたいと思っています。

2018年に顧客獲得件数が多い理由

2017年から2019年の件数をみると、2018年だけが特に多いことがわかります。

2018年に顧客獲得件数が多い理由:テレアポを使って営業していたから

テレアポを使うことによって、より多くの飲食店にアプローチできます。

その分たくさん顧客を獲得することができました。

ちなみに参考として、テレアポの実績などもブログの記事にしています。

実体験で解説|1年間のテレアポで仕事につながった件数とは?ボクはフリーランスになってから、自分の顧客を作るための営業方法として主にテレアポを行ってきました。 そして過去はこのような記事も書...
意外と効果的|フリーランスがテレアポを行うべき3つの条件まずは気になるツイートがあったのでご紹介します。 さっき高2の子が「某空港からアプリ開発の案件を500万で受けた」と言ってて、...

しかし2019年にテレアポをやめる決断をしました。

その理由はテレアポに大きく時間を取られるからです。

単純にテレアポと言っても、次のようなことに時間を取られます。

  • テレアポのリスト作り
  • 電話をかけてアポ取り
  • 実際にお店に行って営業&案内
  • 案内後に連絡する追客

このせいで平日午後13〜18時頃はほとんど営業に時間を取られていました。

テレアポは確かに顧客を増やす手段としては有効です。

しかし大幅に時間を取られてしまうため、独立直後の時間があるとき以外はあまり向かないと考えました。

テレアポによって顧客を増やせるが時間のロスも大きい

ダイレクトメールを始める

テレアポに時間を取られていたボクは、2019年からは完全にやめることにしました。

代わりに広告掲載を考えましたが、飲食店オーナーだけが見るメディアなどはありません。

そこで新たに考えたのがダイレクトメールです。

  1. ネットで飲食店を調べる
  2. A4レターを作って印刷する
  3. 封筒に宛名を書いて飲食店へ郵送

直接お店への郵送によって、問い合わせが来るように考えました。

2019年からは営業手法をテレアポからダイレクトメールに切り替えています。

ダイレクトメールを始めたことで、テレアポにはない大きなメリットを得られました。

それが以下の3つです。

  1. 顧客のレベルが高い
  2. 意外とコストがかからない
  3. 時間的な余裕が生まれる

各項目の詳細は以下の記事をご覧ください。

顧客獲得でダイレクトメールを使う3つのメリット|営業初心者向きボクはフリーランスになってから、テレアポを使って顧客を獲得してきました。 テレアポについて詳しくは以下の記事をご覧ください。 ...

時間的な余裕が生まれた上に、顧客のレベルが高いのはボクにとって予想外でした!

そのおかげもあって、2019年2月からはこのブログをスタートすることもできました。

なお1年間ダイレクトメールを行った結果については、以下の記事をご覧ください。

1年間ダイレクトメール送った結果|どれだけ仕事につながった?ボクは独立してフリーランスになってからは、いつも自分の顧客を獲得しようと心がけています。 そして独立1年目(2018年)はテレアポ...

最後に

ボクは収入が安定しないフリーランスこそ自分で顧客を持つべきだと考えています。

ボクが考える顧客を持つメリットは以下の3つです。

  1. 収入が安定するようになる
  2. 利益を誰かに中抜きされない
  3. 誰かに媚を売って仕事をする必要がない

当初の目標である顧客100件にはまだ遠いですが、今後も継続して営業していくので近いうちには達成できると考えています。

それによってフリーランスは顧客を持つべきだという考えを証明したいです。

フリーランスの営業・価格交渉のやり方|仕事がないを解決ボクは2017年に会社員を辞めて、それ以降はフリーランスとして働いています。 主な仕事内容は、飲食店向けの販促物(メニューやチラシ...