フリーランス・独立

どうすればフリーランスとしてやっていく自信がつくのか

ボクはフリーランスになって2年以上が経ちます。

しかし最初からやっていけるだけの自信があったかと言われると、決してそうでもなかったです。

特に独立したばかりの頃は、いつ貯金がなくなってバイト生活になってしまうのかとドキドキしていました。

でもその後少しずつ自信がついていって、今ではやっていける自信を持っています。

フリーランスとして仕事を続けていくためには、自信を持つことがとても大事です。

そこで今回は、フリーランスとしてどうすれば自信がつくようになるのかについてお話したいと思います。

どうすればフリーランスとしてやっていく自信がつくのか

フリーランスになると、会社員時代にはやったことがなかった仕事までやる必要性が出てきます。

例えばボクの場合だと、広告代理店で営業をしていました。

しかしこのような仕事は独立してから初めて行いました。

  • パソコンを使った制作作業
  • 領収書の整理
  • 請求書の発行

さらにフリーランスになってから確定申告も初めて経験しました。

【不安な人必見】フリーランスの確定申告は意外と簡単な理由会社員からフリーランスになると、最初はいろんなことに不安を覚えます。 その一つが確定申告です。 確定申告とは、前年の収入や支...

そのため本当に自分にできるのかといった不安は、ボクにも独立する前にはたくさんありました。

しかしボクにはフリーランスとしてやっていける自信がついたきっかけがあります。

自信がついたきっかけ:初めて仕事がもらえたとき

たった1件でしたが、初めて仕事を受注できたときは嬉しかったですし、社会から少し認められた気分にもなりました。

フリーランスが自信をつけるためには、誰にも頼らずに自分でお金を稼ぐことが大事です。

お金を稼ぐことと労働収入の中身は全く別物

おそらくボクも含めて独立する人のほとんどが、少なくとも一度は会社員時代を経験していると思います。

フリーランスでも会社員でも、“お金を稼ぐ”というのは全く一緒です。

しかし言葉は同じでも、“お金を稼ぐ”の中身は実のところ全く異なります。

  • 会社員→時間を提供して給料をもらう
  • フリーランス→成果を出すことに対してお金をもらう

フリーランスが会社員と大きく違うところは、労働時間をいくら費やしたところで収入になるとは限らないことです。

だからこそ独立すると毎月の収入は安定しないですし、それが不安で会社員として働いている方もとても多いはずです。

そこでフリーランスとして自信をつけるために言いたいのは以下のことです。

『時間を提供する労働収入ではいくら稼げるようになっても、フリーランスとしての自信にはならない』

結局のところ、会社に属してお金を稼ぐということは自分一人で稼ぐことにはなりません。

  • 会社の知名度やブランド
  • 人脈やコネ
  • 先輩たちが築いた過去の実績

こういったものを利用してお金を稼ぐことができています。

つまり言い換えると、仕事を与えてもらって給料をもらっていることになります。

だからこそ新卒採用や中途採用による転職は『仕事を探す』という言い方をしています。

フリーランスになると、本当の意味で仕事をゼロから生み出してお金を稼がないといけなくなります。

なので自分の力でお金を稼ぐことができたときに、初めてフリーランスとしての自信が生まれるのだとボクは思います。

フリーランスとしての自信は自分の力でお金を稼いだときに身につく

やってみないと本当の自信はつかない

独立した後に仕事をいただけるようになって自信がついてきたボクでも、それ以降でも自信がなくなるときがあります。

それは何か新しいことを始めるときです。

例えばボクの場合だと、過去にはこんなことで悩んだりしてきました。

  • 『最も安い価格で提供している商品をやめて今後も仕事が受注できるだろうか・・・』
  • 『価格を全体的に値上げして受注がゼロになったりしないだろうか・・・』
  • 『新しい商品を販売して本当に需要があるだろうか・・・』

こういった不安というのはおそらくボクだけではないと思います。

なぜなら人は何か未知の体験や行動をするときには、自信よりも不安が大きくなるものだからです。

でもそういったことにどれだけ不安を持っていても、何かが進展することはありません。

それだったらとにかく始めてみて、出た結果に対して後出しで考えた方が案外上手くいくのではないかと思います。

どんどん行動することによってだんだん上手くいくようになり、それによって成功体験がが増えてくると、さらなる自信が生まれてくるという好循環になります。

そしてそれこそがフリーランスがやっていく上で自信をつけるために必要なのではないでしょうか。

自信をつけたいのであればとにかくやってみることが大事

最後に

ボクは比較的根拠のない自信を持つタイプの人間ですが、それでも不安になることはあります。

過去にもそういった経験をたくさんしてきましたが、結局のところ行動することが自信につながっていると今になって思います。

ですので自分の頭で考えて行動し、それによってお金を稼ぐことこそが、フリーランスにとって最高の自信につながるとボクは考えています。

フリーランスになるにはどうすればいい?|初心者向けに徹底解説ボクは2017年に会社員を辞めて、それ以降はフリーランスとして働いています。 主な仕事内容は、飲食店向けの販促物(メニューやチラシ...