フリーランス・独立

フリーランスになると決めたら早く独立した方がいい3つの理由

ボクは現在フリーランスとして働いていますが、会社員だった頃に独立に向けた準備を行いました。

ところが独立の準備には1年半もかかってしまいました。

独立2年で実感した|フリーランス開業前に最低限準備すべきもの『フリーランスになりたい!』って思っても、どんな準備をすればいいのかわからないってありますよね。 ボクはフリーランスになってから2...

もちろん準備するべきものは色々あったのですが、基本的にフリーランスになると決めたら早く独立した方がいいです。

そこで今回は、フリーランスになると決めたら早く独立した方がいい理由についてお話ししていきます。

早く独立した方がいい理由

独立するというと、どうしても準備に時間がかかってしまいます。

それはやっぱり独立する覚悟が出来ていないからです。

なぜ多くの人は始める前の準備に時間がかかってしまうのか?何かを始めるときって『あれが必要かな?』『これが必要かな?』って色々と考えてしまいがちです。 ボクも会社員をやめてフリーランスにな...

「あれも必要」「これも必要」と言っている間に、時間はあっという間に過ぎてしまいます。

そして独立前の準備で時間をかけ過ぎるのはデメリットがあります。

そこでボクが考える、フリーランスになると決めたら早く独立した方がいい理由は以下の3つです。

  1. 会社員で働いている時間がもったいないから
  2. 誰かに先を越されてしまうから
  3. 独立後の方が何倍も学べるから

それでは順番に説明していきます。

理由1:会社員で働いている時間がもったいないから

会社員で働くということは、毎月安定した給料と年に1〜2回ボーナスがもらえます。

ところがそれと同時に失うものもあります。

会社員でいることで失うもの:多くの時間

将来もこのまま会社員で長く働き続けるのであれば問題ありません。

しかしもし独立すると決意したのであれば、それ以降会社員として働く時間は全てムダだと考えるべきです。

  • 会社の売上に貢献した時間
  • 会社の顧客を獲得するために費やした時間
  • クリエイティブなものを生み出した時間

毎月給料をもらっている以上、これらの時間は全て自分ではなく会社のために費やしていることになってしまいます。

ボクが言いたいのはこういうことです。

会社に使う時間を全て自分のための時間に当てるべき

確かに独立前の準備でやるべきことはたくさんあります。

しかし独立後にやるべきこともまた多いです。

  • 自分で仕事や顧客を獲得する
  • 販売する商品やサービスの改良
  • ブログ、YouTube、SNSによる情報発信

会社で働くことに時間を費やすよりも、こういった自分のことに時間を費やすべきです。

フリーランスにとって時間はお金と同じくらい貴重な資源です。

理由2:誰かに先を越されてしまうから

ボクは独立するときに、他人とは違う何かアイデアやコンセプトが必要だと考えています。

なぜならすでに他人がやっていることと同じことをしても、先に行っている人に追いつくのは難しいからです。

詳しくは以下の記事でも解説しています。

スキルだけで独立しても上手くいかない理由|差別化の発想が大事ボクはこのブログでフリーランスのスキルに関して色々と記事にしてきました。 フリーランスが高いスキルを持つに越したことはありません。...

ところが問題なのは、良いアイデアがあるのにすぐ独立しようとしない人です。

良いアイデアがあっても行動しなければ全く意味がありません。

しかもアイデアを温めておいても、結局誰かが先に始めてしまって負ける可能性すらあります。

そうならないためにも、良いアイデアを思いついたのであればすぐに独立という行動をするべきです。

理由3:独立後の方が何倍も学べるから

会社員時代、特にボクが最後に働いた広告代理店での6年間は色々と学ぶことができました。

しかしその6年間よりも、独立後の2年間の方がより多くのことを学ぶことができています。

だからこそ早く独立した方がいいという考えです。

ボクが実際に独立後の2年間の方がより多く学ぶことができた理由は以下の2つがあります。

  1. 独立後に会社員で学べなかったことを経験できたから
  2. 会社員時代の最後の3年間は惰性で働いていたから

それでは順番に説明していきます。

独立後に会社員で学べなかったことを経験できたから

会社では専門の部署に分かれているため、自分のやるべきことが決まっています。

しかし独立すると全ての仕事を自分でやる必要があります。

  • 営業や集客
  • 顧客への対応
  • 商品やサービスの制作・改良
  • 経理業務・確定申告
  • ネット上での情報発信

独立すると会社員で経験していないことをやる必要があるため、いやでも成長することができます。

ボクは会社員時代に営業として働いていたので、営業と顧客への対応はずっと仕事としてやってきました。

しかしそれ以外は全くの未経験でゼロからスタートさせました。

それでもやらなければいけない環境によって、多くの成長につながりました。

そのため会社員として時間を使うよりも、早く独立してしまった方がその時間多くを学ぶことができます。

会社員時代の最後の3年間は惰性で働いていたから

もし会社員として何年も働いている人で、常に自分自身を成長させている人がいたらボクは尊敬します。

ボクは広告代理店として6年間在籍していました。

しかし自分自身成長を感じることができたのは最初の3年間だけでした。

3年間でほとんどの仕事を覚えることができたので、あとは経験による惰性で仕事ができてしまいました。

今思えば最後の3年間はほとんど成長できていなかったと感じています。

結局惰性で仕事ができてしまうと、安住してしまってそれ以上成長しなくなってしまいます。

  • すでに顧客がついて売上が安定している
  • ベテランの域に入って怒られることが少ない
  • 経験がついてどんな状況にも対応できる

会社に入って3年以上経つと、仕事が途端に楽になってきます。

実はボク自身あまのじゃくな性格なので、それがイヤで独立したところもあります。

ですので常に自分を成長させたいのであればすぐに会社員を辞めて独立するべきです。

最後に

独立した後に感じるのですが、準備が足りなくても意外となんとかなります。

最低限の準備だけで十分です。

  • 独立後に必要なものを揃える
  • 仕事をどうやって取ってくるのか?
  • 毎月かかるコストの把握

独立前にこういったことさえ想定しておけば、あとは独立後でも十分対応できます。

それよりも独立前の貴重な時間をムダなことに費やさないようにするべきです。

そのためにはなるべく早く会社員を辞めて独立する必要があります。