フリーランス・独立

【常に考えて行動】フリーランスになって意識するようになったこと

過去にボクはこのブログで次のような記事を書きました。

【得るために何かを捨てる】フリーランスになってやめた3つのことボクはフリーランスになってから、会社員時代と比べて生活スタイルが変化しました。 その中で会社員時代はやっていたけれども、フリーラン...

会社員時代には好んでやっていたのに、フリーランスになった途端にやめたことがいくつかありました。

一方でフリーランスになってから意識してするようになったこともあります。

そこで今回は、フリーランス後に意識してするようになったことについてお話したいと思います。

フリーランス後に意識してするようになったこと

会社員であれば、毎月安定した給料がもらえるため、とりあえずの仕事に困ることはありません。

しかしフリーランスになると、誰にも頼ることができなくなり、成長できるかは全て自分次第です。

そして仕事が上手くいくかどうかも全て自分次第になります。

そのため自分に関する様々なことに対して、常に意識する必要性が出てきます。

そこでボクがフリーランスになって意識するようになったことは以下の3つです。

  1. 情報のインプットが多様化した
  2. 早く寝るようになった
  3. 購入時に必要かを考えるようになった

それでは順番に説明していきます。

1:情報のインプットが多様化した

ボクがフリーランスになって意識するようになったことの一つ目は、情報のインプットが多様化したことです。

自分のスキルを向上させる上で、情報をインプットするというのはとても大事です。

しかしボクが会社員時代に仕事の情報を得ていたのは、主に以下のところからでした。

  • ネットニュース
  • 会社内の同僚
  • 自分の顧客

情報のほとんどがネットニュースからであり、自分の仕事に関する情報を同僚や顧客から少し仕入れるくらいです。

そのため自分から積極的に情報を得ようとすら思っていませんでした。

しかしフリーランスになると、周りは誰もいないため、全て一人で仕事をする必要があります。

そのため自分から情報を得ようとしないと、世の中から取り残されてしまう環境にあります。

フリーランスになってからボクが情報を得るために使っているソースは以下のところからです。

  • ネットニュース
  • Twitter
  • 個人ブログ
  • 有料メルマガ
  • 有料動画およびYouTube
  • 書籍 etc

明らかに情報を得るところが増えることになりました。

会社員時代にはほとんどネットニュースからだったのに対して、フリーランスになってからはソースが多様化しています。

ネットニュースは確かに情報の宝庫です。

しかし結局のところ、ネットニュースもマスメディアのバイアスがかかっているため表面でしか語られていないことがあります。

【ネットニュースはムダ!?】時間を食いつぶすその原因とは?ボクがフリーランスになって特に変わったのは、時間に関する意識です。 会社員時代にそれほどムダだと感じなかった時間も、フリーランスに...

そのためTwitter、個人ブログ、YouTube、メルマガなどはその問題の本質を知ることができるため、非常に重宝しています。

またフリーランスであれば、自分自身のスキルを向上させていく必要があります。

そのために有料動画や書籍を使ったりすることが多いです。

ボクがフリーランスになってこのように思うようになりました。

  • 『良い情報は向こうからやってきてくれることはない』
  • 『良い情報のために多少お金を支払うことは仕方がない』

そのために今ではオンラインサロンに入っています。

【ABCスペース】生まれて初めてオンラインサロンに入会ボクはこれまでいくつか課金して情報を得るということをしてきました。 しかしオンラインサロンだけはこれまで入会したことがありませんで...

世間のニュースを知るのでも、なんとなく無料で見れるテレビばかりでは問題の本質を知ることなどできません。

今の時代、マスメディア以外からどれだけ有益な情報を仕入れることができるかが非常に大事なのではないでしょうか。

2:早く寝るようになった

ボクがフリーランスになって意識するようになったことの二つ目は、早く寝るようになったことです。

フリーランスであれば、そもそも働く時間や残業時間という概念がありません。

  • 毎日起きる時間
  • 働く時間
  • 寝る時間

ですのでこれらの時間は自分のさじ加減で決めることができます。

フリーランスは体が資本のため、なるべく規則正しい生活をするようになりました。

フリーランスは毎日規則正しい生活をした方が良い3つの理由常に時間に縛られている会社員からすると、時間に縛られないフリーランスが羨ましいと思われることがあります。 しかしボクの場合はこれら...

その一環として、フリーランスになってからは意識して21時には寝るようになりました。

ただボクは2年間以上サイト運営の関係で、毎朝3時頃に起きているため、意識して睡眠時間を確保する必要があります。

ところが会社員時代には早くても19〜20時の帰宅で、遅ければ0時以降も会社にいたこともありました。

今では21時に寝るようにしているボクにとって、もはやとても考えられないことです。

しかしそれだけ遅くまで働いていても、会社をやめるときの給料の手取りは毎月22万円でした。

それがフリーランスになってからは働く時間が減ったために、夜も早く寝ることができるようになっています。

【収入だけじゃない】フリーランスは働く時間も考慮するべき会社員を辞めてフリーランスになるにあたって、最も重要視するべきなのが収入面です。 会社員時代は安定して毎月給料がもらえたものの、フ...

体が資本である以上、睡眠時間を確保することは大事です。

そのためには夜もできる限り早く寝て、次の日の仕事に備えることが重要です。

3:購入時に必要かを考えるようになった

ボクがフリーランスになって意識するようになったことの三つ目は、モノを購入するときに必要かを考えるようになったことです。

会社員であれば毎月安定して給料が入ってきます。

さらに年に2回は給料とは別にボーナスまで支給されます。

ところがフリーランスになると、ゼロの状態から自分の収入は全て自分で稼ぐ必要があります。

その結果、お金の大切さがよりわかるようになりました。

ボクはもともと何かをコレクションしたり、趣味にお金をかける方ではありませんでした。

しかしそれでもフリーランスになってからは、より一層ムダなものを買わなくなりました。

何かを買うときには必ず自分自身に問いかけています。

  • 『このモノは本当に必要なのか?』
  • 『これを買うことによって、何を買えなくなるのか?』

このように考えると、意外と95%のモノは買う必要がなかったりします。

でも会社員であれば、このように問いかけるどころか、むしろ逆の考えをすることが多いです。

  • 『今日は給料日だし贅沢しようかなぁ』
  • 『今度のボーナスで何買おうかなぁ』

今ではこのように考えることがなくなったので、会社員時代が懐かしいくらいです。

フリーランスの大きなデメリットとして、『毎月の収入が安定しない』というのがあります。

収入が安定しないフリーランスにとっては、ムダな支出を削減するのは本当に大事なことです。

月によっては収入が良いときもありますが、調子に乗って何かムダ使いをするとあとから痛い目に合ってしまいます。

そうならないためにも、何かを買うときに本当に必要なものかどうかを自分に問いかけるのは必要なことです。

最後に

今回お話しした意識するようになった3つのことは、どれもボクにとっては成長につながっています。

1:情報のインプットが多様化した
2:早く寝るようになった
3:購入時に必要かを考えるようになった

そしてフリーランスにとって特に大事なことは以下のことです。

  • お金
  • スキル
  • 時間
  • 健康

これらをムダに消費しないためにも、会社員時代とは比べ物にならないほど日々意識しなければなりません。