フリーランス・独立

【時間もコスト】テレビの視聴時間を大幅に減らせた理由

ボクは子供のときからテレビっ子で、毎日テレビをたくさん観る生活をしてきました。

それは社会人になってからも変わっておらず、朝も夜も1日何時間もテレビを見る生活を送っていました。

そんなボクでしたが、今ではテレビの視聴時間を大幅に減らすことができています。

ボクは独立してフリーランスになったのですが、テレビを見ている時間は全てムダだと考えています。

そこで今回は、テレビの視聴時間を大幅に減らすことができた理由について説明していきます。

テレビの視聴時間を大幅に減らせた理由

1日中テレビに時間を費やしていたボクが、今では全くテレビを見ない日もあります。

  • 平日→1日4〜5時間
  • 休日→1日8〜12時間

こんなにもテレビに時間を費やしていたと考えると、今思えばとてもムダでした。

独立してフリーランスになった以上、仕事に取り組まなければまた会社員に逆戻りになってしまいます。

そうならないためにも、時間の有効利用は大切です。

そんなテレビっ子だったボクが、視聴時間を大幅に減らすことができた理由は以下の3つです。

  1. レコーダーが壊れたから
  2. 仕事部屋がテレビとは別にあるから
  3. テレビの視聴時間がムダだと理解したから

それでは順番に説明していきます。

理由1:レコーダーが壊れたから

テレビの視聴時間を大幅に減らすことができた理由の一つ目は、ハードディスクレコーダーが壊れたからです。

今テレビを見なくなったボクでしたが、正直いうと独立して半年くらいまではテレビをよく見ていました。

独立当初は仕事も少なく、会社員時代の流れで夜だけで1日3〜4時間はテレビを見ていました。

ところが独立して半年経った頃、ボクがそれまで愛用していたハードディスクレコーダーが壊れてしまいました。

これはかなりショックが大きかったです。

というのもボクはいつもテレビをリアルタイムで見るのではなく、レコーダーに録り溜めておいた番組を好きなときに見るスタイルでした。

  • 毎週日曜日に1週間分を録画予約する
  • 毎日録画した番組50本ほどを空いた時間に視聴する

このような視聴習慣だったのですが、レコーダーが壊れたことによってその習慣が一瞬にして崩壊してしまいました。

もちろん壊れたことによって、お金を払って(約2.5万円)レコーダー修理することもできました。

しかしボクはそのときに思ったのです。

「今のままの生活では仕事が上手くいかない。これを機にテレビを見るのを辞めよう」

それから現在では1年以上が経ったのですが、完全にテレビへの依存を脱却することができています。

フリーランスとして仕事を続けるために、テレビ依存の生活を脱却できたことは正解だったと思っています。

理由2:仕事部屋がテレビとは別にあるから

テレビの視聴時間を大幅に減らすことができた理由の二つ目は、仕事部屋がテレビとは別にあるからです。

レコーダーが壊れたことはすでにお話ししました。

しかしもし仕事部屋にテレビがあった場合、間違いなくテレビを見る時間がもっと増えていただろうと思います。

独立して自分一人で仕事に集中するためには、プライベートと仕事場を完全に分離する必要があります。

ボクも含めて人間は弱い生き物なので、テレビなどの強い誘惑があると負けてしまいます。

詳しくは以下の記事でも説明しています。

フリーランスが一人でも仕事をサボらない3つの方法会社員からフリーランスになると、毎日の生活リズムが一変します。 特に注意するべきなのが時間管理です。 フリーランスになると一...

もしテレビ依存を脱却したいのであれば、まずは無理やりにでも環境を変えてしまうことが最も効果的な方法です。

自分の意志を過信することなく、テレビを見れない環境を作る

理由3:テレビの視聴時間がムダだと理解したから

会社員時代のボクであれば、何も気にせず何時間でもテレビを見ていました。

しかし今ではテレビを見ている時間が全てムダだったと理解しています。

なぜならテレビを見ることで学べるものはゼロだからです。

それについては過去にこのような記事を書いています。

【電通の恐ろしい洗脳】やっぱりテレビは視聴するべきではない理由ボクは昔からテレビっ子でしたが、フリーランスになってからはテレビを見る時間を減らしています。 その詳細については以下の記事でも解説...

フリーランスにとって、コストはお金だけでなく時間も考慮する必要があります。

【収入だけじゃない】フリーランスは働く時間も考慮するべき会社員を辞めてフリーランスになるにあたって、最も重要視するべきなのが収入面です。 会社員時代は安定して毎月給料がもらえたものの、フ...

例えばムダなコストでいうと、次のようなものが挙げられます。

  • 洋服を買う
  • ゲームを買う
  • 旅行へ行く

こういったものにお金を使うのは、損金にならない上に、投資でもないため完全にムダなコストです。

しかし同じムダなコストでも国民年金などは、確定申告で全額損金として扱えるためその分税金が安くなったりします。

これは時間でも同じことが言えます。

『テレビを見る時間=洋服やゲームを買うお金=全てムダなコスト』

一方で同じ動画であっても、自分が勉強のために学ぶ動画であればムダな時間とは言えません。

つまり時間もお金もどちらもコスト意識として考えるべきだということです。

時間もコストであることを考えると、テレビを見ている時間がいかにもったいないのかを実感することができます。

最後に

ここまでテレビの視聴時間を減らすことができたという話をしました。

それに加えて実際には、現在ゲームをする時間もゼロになっています。

ただフリーランスとして成功するためには、やっぱり何か犠牲を払う必要があると思います。

それがボクにとってはテレビでありゲームをする時間です。

ムダな時間を極力減らすことで、フリーランスとしてさらなる上達を目指していきたいと思います。