マインド・考え方

早く行動できるようになる3つの方法|環境と意識で変えられる

ボクは以前、『なぜ多くの人は始める前の準備に時間がかかってしまうのか?』を記事にしました。

なぜ多くの人は始める前の準備に時間がかかってしまうのか?何かを始めるときって『あれが必要かな?』『これが必要かな?』って色々と考えてしまいがちです。 ボクも会社員をやめてフリーランスにな...

すぐに行動しようと思っても、実際には行動できないケースが多くあります。

準備に時間がかかっているのはその典型だと言えます。

そこで今回は、早く行動できるようになる方法についてお話していきます。

早く行動できるようになるための方法

行動はできる限り早くスタートするべきです。

そしてフリーランスになりたいと思ったら、すぐに独立した方が有利です。

フリーランスになると決めたら早く独立した方がいい3つの理由ボクは現在フリーランスとして働いていますが、会社員だった頃に独立に向けた準備を行いました。 ところが独立の準備には1年半もかかって...

行動が1分、1秒遅れるごとに状況も変化していきます。

どんなときでも常に現時点が一番早い

しかしボクは行動の初速度を、意識で変えることができると考えています。

そこでボクが考える早く行動できるようになるための方法は以下の3つです。

  1. やらなきゃいけない環境にする
  2. 自分の好きなことをする
  3. 気軽にできそうなことからやる

それでは順番に説明していきます。

方法1:やらなきゃいけない環境にする

ボクは広告代理店で働いていたとき、〆切に追われて仕事をしていました。

  • 広告を出すタイミングが決まっている
  • キャンペーンの期間が決まっている
  • 繁忙期に合わせる必要がある

このような理由から、広告には必ず〆切というものが存在します。

この〆切こそがやらなければいけないと自分を追い込んでくれます。

やらなければいけない環境に身を置くことで、行動せざるを得ない状況にするのも一つの方法です。

前に進むしかない状況に置かれた過去

ボクがその広告代理店に入社したとき、かなり切羽詰まっていました。

貯金がすでに底をつきかけていたため、一人暮らしを諦めなければいけない状況でした。

そんな中で広告代理店に入社したのですが、最終面接で社長から次のように言われました。

「入れてあげてもいいけど、うち厳しいから1ヶ月もたないと思うよ」

これは何も脅しとかではなく、単にボクの過去の職歴で1年もった経験がなかったことから言われたものでした。

でもボクからすればそんなの関係ありません。

  1. 厳しいと言われても会社に入社して頑張る
  2. 一人暮らしを諦めて実家に帰る

この2択しかなかったために、ボクは迷わず入社することにしました。

入社したあとは、なりふり構っていられずとにかく行動するしかありません。

なぜなら『会社を辞める=実家に帰る』という選択肢になってしまうからです。

そんな環境のおかげもあって、結果的に6年間広告代理店に在籍することになり、今ではフリーランスとして働いています。

行動しなければいけない環境でなければ、間違いなくそれまでの過去のようにすぐ会社を辞めていたかもしれません。

方法2:自分の好きなことをする

『早く行動する』というと、無理やり行動するイメージをもたれます。

しかし必ずしもそうではなく、好きなことなら行動に移しやすいです。

早く行動する=自分がやりたくてたまらないものをする

ボクの場合だと、ブログやサイトの記事更新は自分の好きなことです。

そのため朝起きてすぐに行動することができています。

一方で全く行動できなかったものもありました。

  • 金儲けのために知らないテーマで作ったサイトの更新
  • 興味のないテーマで書かれた本を読む

こういったこともやらなければいけないとはわかっています。

でも自分がやりたくないためになかなか行動に移すことができませんでした。

やっぱり自分がイヤなことは行動に移しにくいものです。

それにイヤだと感じることは自分に向いていない可能性もあります。

そういった心の声に従うこともときには必要です。

【直感を信じる】もっと自分の心に従って行動してみれば?『自分のやりたいことって何なのかよくわからない』 このように思われる方は非常に多いです。 実はボク自身も30歳くらいまではこ...

方法3:気軽にできそうなことからやる

人生における選択でイヤなことはやる必要がありません。

しかし日常生活でどうしてもやらなければいけないことは必ずあります。

例えば次のようなものです。

  • 仕事の事務作業
  • 掃除などの家事
  • 交通事故にあった後の処理

自分から進んで作業をすれば苦になることはありません。

しかし実際にはついつい後回しにしてしまうことも多いです。

『何かと重い腰が上がらない』

こんなときには、とにかく何か手をつけることが大事です。

そうすればあとの作業は惰性で進むことが多くあります。

そこでまずは気軽にできそうなものから始めるのが行動するポイントです。

ボクもときには仕事に手をつかないこともあります。

そんなときには次のような作業を最初にするようにしています。

  • メールやLINEを送る
  • 請求書の作成
  • 写真の切り抜き作業

理由は、これらの作業は頭を使わなくてもできるからです。

頭を使う作業はどうしても後回しにしがちです。

そのため単純作業を先にやってしまうことで、勢いよく他の仕事にも取り掛かることができます。

早く行動に移せない人にとっては作業の順番を変えると効果的です。

簡単なことから始めることで勢いをつける

最後に

ボクは最近自分の行動の初速度が早いように感じています。

朝4時にテレビを捨てたいと思ったら、時間関係なくそのまますぐに行動してしまいました。

テレビを捨てました|仕事に専念&NHKの受信契約がイヤだからボクは独立する前にテレビが好きで1日ずっと見ているときもあるほどでした。 それが独立してからはテレビの視聴時間を大幅に減らすことが...

結局のところ、早く行動できるかどうかは本人の意識の問題が大きいです。

行動するために何か特別な障害があるわけではありません。

誰かが邪魔をするわけでも決してありません。

そのため行動の早さは、意識さえ変えれば誰でも身につけることができます。