マインド・考え方

【直感を信じる】もっと自分の心に従って行動してみれば?

『自分のやりたいことって何なのかよくわからない』

このように思われる方は非常に多いです。

実はボク自身も30歳くらいまではこのように考えていました。

でも今ではそういうときには、自分の心の声に従うことが大事なのだと思うようになりました。

それからは自分のやりたいことがよくわからないと悩むこともなくなったように思います。

そこで今回は、自分の心の声に素直に耳を傾ける重要性についてお話したいと思います。

自分の心の声に素直に耳を傾ける重要性

ボクは大学生の頃から30歳になるまでほぼ毎日このように考えていました。

「将来独立してフリーになりたい。でも何をすれば良いかわからない」

とにかく早く独立したいと思っていたボクは、本を読んでどんなビジネスがあるのか考えたりもしていました。

ところが色んなビジネスがあると知ったところで、なんか自分には違うと感じてしまっていました。

しかし30歳になったあるときいきなりピンっとひらめきました!

「今自分の持っているスキルを組み合わせれば独立できるんじゃないのか?」

ちなみにこのときのことは以下の記事で詳しく説明しているので良かったらご覧ください。

【全ての第一歩】フリーランスになると決意したときに考えたことボクはフリーランスになる前の会社員時代に、こんなことを考えていました。 『独立する人はどうやって始めるのだろう?』 『最初に...

言葉で説明するのは難しいのですが、ボクはこのピンっとひらめくことを非常に大事にしています。

強いて言うなら、こういう感覚です。

  • 「あれ?これなら自分がやれば上手くできるんじゃないのか?」
  • 「何だかよくわからないけど、これなら長く続けられそう!」

そこに明確な根拠は必要ありません。

ただ自分の直感が自分に対して行動するべきだと言っている感じです。

このブログを始めたときもひらめいた

実はこのブログを始めたときにもこの感覚が降ってきました。

そのときにボクはこのように思いました。

『自分のフリーランスとしての経験を記事にすれば、誰かに役に立つのでは?』

その結果、現在までに250記事以上も毎日更新することができています。

やっぱりこの感覚に従って正しかったのだと思っています。

一方で自分に合わないアイデアを聞いたり知ったりしたところで、何の感覚もなく心に全く響きません。

『次どんなことをしようかな〜』

今でもこのように考えないことはないのですが、20代のときとは違って今では焦ることはありません。

なぜならこの感覚が降ってくるのを待つだけだからです。

  • 必要な知識を学ぶ
  • 関連する情報を得る
  • 経験を積む

もちろんひらめくにあたっては、こういった行動が必要ですけどね。

理屈で説明できないところではありますが、何か悩むことがあれば自分の心の声に従うことも大切なのではないかと思います。

自分に必要なアイデアなら行動するべきだという感覚に陥る

良いアイデアかどうかは自分にしかわからない

自分がどうすれば良いかわからないとき、多くの人は他人に答えを求めようとしています。

人生の大事な決断であっても、誰かに相談することがあります。

自分の人生なのに「会社を辞めたい」って相談するのはなぜ?「会社を辞めたい」って思うことは一度や二度誰にでもあるはずです。 実際ボクも会社を何回か辞めてきているので、そのように思うことは多...

もちろん答えが明確にある問いであれば見つかることでしょう。

しかし自分のやりたいことのように答えがない問いの場合には、他人に答えを求めても自分が探している答えが見つかることはほとんどありません。

なぜなら自分のことは自分にしかわからないからです。

他人に答えを求めても意味はない理由【自分の心の中にしかない】毎日ブログを書いていたり、働いていたりすると、自分ではわからないことがたくさん出てきます。 そんなときにはどうしても何かに頼ってし...

じゃあどうすれば良いのかというと、自分の感情に素直に従うことが大事です。

アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズは、かつてスタンフォード大学の卒業生にスピーチを行ったことがありました。

そのときに次のような名言を残しています。

「何より大事なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。あなた方の心や直感は、自分が本当は何をしたいのかもう知っているはずです。他のことは二の次で構わないのです」

大切なのはまさにこれだと思います。

同じアイデアでも人によって感じ方が異なる

例えばあるビジネスのアイデアがあったとしたら、ある人はこのように思います。

「これはすごい!絶対に成功するはずだ!誰よりも早く自分が始めたい!」

ところが同じビジネスのアイデアなのに、違う人はこのように思います。

「確かにすごいアイデアだろうけど、自分にはできないかな。それよりも今の仕事の方が楽しいし!」

このように思った場合、次のような行動を取るべきです。

  • 前者→間違いなく行動に移すべき
  • 後者→行動に移さない方が良い

これはどちらが正しい・正しくないということではありません。

どちらの人もただ自分の心の声に従っただけです。

「これはすごい!絶対にイケる!」

こういうアイデアが浮かんだときには心が躍ります。

そして自信がみなぎるため、行動力が違ってきて、それが最終的に違う結果をもたらすことになります。

また最近よく『好きなことを仕事にする』ということが聞かれます。

ボクはこれこそ自分の心に素直に従うことだと思っています。

なぜならやりたいこと、嫌なことは自分が一番よくわかっているからです。

『結局のところ今後自分はどうすればいいの?』

このように思ったときには自分の心の声に素直に従って行動してみると、良い結果が生まれるかもしれません。

自分のやりたいことや進むべき道は自分だけが知っている

最後に

今回の記事は論理よりも感覚だったので、スピリチュアルな感じになってしまいました。

結局ボクが言いたかったのはこういうことです。

『他人に答えを求めるよりも、もっと自分の心に素直に従ってみれば?』

何か行動するときには、その前にはアイデアが生まれています。

このアイデアを目にしたときに、自分にとって必要なものであれば心が躍る感覚になるものです。

そういった感覚に従って行動することで、結果的に上手くいくようになるとボクは思います。