マインド・考え方

【上手く溶け込む】新しい環境に早く慣れるための3つのコツ

ボクはこれまで多くの新しい環境に飛び込んできました。

県外に飛び出して大学生になったときは、誰も友達がいない中での新しいスタートでした。

社会人になってからも仕事をすぐに辞める性格だったため、いくつもの新しい環境を体験してきました。

そんな中で培ったボクなりの新しい環境に適応するための方法があります。

そこで今回は、新しい環境に早く慣れるためのコツについてお話していきたいと思います。

新しい環境に早く慣れるための3つのコツ

 
4月になって、新社会人にとっては完全に新しい環境に飛び込む今が最も大変な時期です。

またその他にも転職によって、春から新しい仕事を始めた方もいるかもしれません。

新しい環境に入るとき、特に最初が大事です。

なぜなら周りからどんな印象を持たれるのかが、全て最初で決まってしまうからです。

そのため周りの人たちといかに良い関係を築けるのかにおいて、最初を重要視するべきです。

そんな中でボクが考える新しい環境に早く慣れるためのコツは以下の3つです。

早く慣れるコツ1:新しい環境でのルールを把握する
早く慣れるコツ2:わからないことをとにかく質問する
早く慣れるコツ3:Noを言わないようにする

それでは順番に説明していきます。

早く慣れるコツ1:新しい環境でのルールを把握する

 
新しい環境に早く慣れるコツの一つ目は、ルールを把握することです。

人は誰しもが新しい環境に入ると、大きな不安を抱えるものです。

『どう行動をすれば良いのだろう・・・』
『こんな仕事をしても良いのだろうか・・・』

このような不安を覚える理由の一つが、自分の知らない新しい環境でのルールがたくさんあるというのがあります。

実際新しい環境に入って3ヶ月くらい経つとだんだん不安が消えるのは、仕事に対するルールを知ることができるからです。

ですのでなるべく早い段階で新しい環境でのルールを覚えると、不安がなくなって慣れることができます。

新社会人の場合にはゼロからルールを覚えるためにまだ良いのですが、転職してきた中途採用の場合には、前職とのルールの違いに困惑しがちです。

ボクは過去に求人広告会社で営業として働いていたことがあり、その後広告代理店に転職しました。

『広告を作る』という意味ではどちらも同じ業界の会社ではありますが、仕事のルールには大きな違いがありました。

営業が仕事をもらってくると、広告の制作を社内の別部門にいるデザイナーに依頼することになります。

そのプロセスは同じだったのですが、求人広告時代には制作をほぼ全てデザイナーに丸投げだったのに対して、広告代理店では反対に全て営業が指示する必要がありました。

求人広告時代にデザインなどを全く気にしていなかったために、広告代理店に入社したときには自分のデザインの知識の乏しさに苦労したのを覚えています。
 

ポイント

新しい環境に慣れるためにはまず新しいルールに慣れる

人それぞれ過去に培ってきたルールがあると思いますが、新しい環境ではそのルールを一旦忘れて、ゼロからルールを覚えていく必要があります。

早く慣れるコツ2:わからないことをとにかく質問する

 
新しい環境に早く慣れるコツの二つ目は、わからないことをとにかく質問することです。

新しい環境に慣れるためにルールを覚えることと同じくらい大事なことが、

周りの人たちと仲良くすることです。

ところがボクもそうなのですが、人見知りな性格なために初対面の人たちとどんな話をしていいのかわからないものです。

そんなときには仕事上でわからないことを周りの人たちに聞くことで会話をすることができます。

つまりわからないことを利用することで、周りの人たちとコミュニケーションを図ることが重要です。

特に新人であればわからないことがたくさんあって当然なので、周りの人たちも喜んで教えてくれるはずです。

しかもそれによって自分自身も新しい仕事を覚えることができるので、コミュニケーションも図れて一石二鳥の行動です。

また新しい環境に慣れるためには、自分から積極的にコミュニケーションを行っていくことが大事になってきます。
 

質問するメリット

メリット1:自分から積極的にコミュニケーションができる
メリット2:周りの人と会話をする回数が圧倒的に増えてくる
メリット3:自分自身の仕事の理解に役立つ

わからないことを周りの人たちに質問する行動は、こんなにもたくさんのメリットがあるのです。

早く慣れるコツ3:Noを言わないようにする

 
新しい環境に早く慣れるコツの三つ目は、Noを言わないようにすることです。

実はボクは以前こんな記事を書いています。

 
ボクは基本的に、これまで仕事においてイヤなことは『No』と言うようにしてきました。

とはいえいくらボクでも、新しい職場に入ってからいきなり『No』と言うことはありません。

むしろ新しい職場ではまず環境に慣れるために、一切『No』と言わずに頑張ることが大事です。

そして周りの人たちに頑張っている印象を与えてから、慣れてきたところでだんだん本性を表していきます(笑)。

何かお願いしたのに、相手から『断られる』とういうのは誰しもがイヤなことです。
 

ポイント

人は拒絶されるとだんだん心の距離が離れていく

そのためあくまでも周りの人たちと良い人間関係を築いた上でやらないと、単に『生意気なヤツ』という印象を与えかねません。

そうなってしまうとだんだん新しい環境に居心地の悪さを感じてしまうこともあるでしょう。

ですので特に最初は良い関係を築くために、どんなことにも『No』と言わずにただひたすら頑張ることが大事です。

それによって周りから認められて、新しい環境にでも早く馴染めるようになるはずです。

まとめ

 
新しい環境に早く慣れるコツを3つご紹介しましたが、どれにも共通して言えることは真面目に頑張るということです。

頑張っている人を見ると、つい周りも応援したくなります。

それが新しい環境に入ったばかりの新人ならなおさらです。

じゃあどう頑張るのかといえば、新しい環境でのルールを把握して、周りと積極的にコミュニケーションを図ることで、より早く溶け込むことができるようになります。