マインド・考え方

三日坊主って実は素晴らしい理由【時間のムダが削減できる】

日本には多くのことわざがあって、色々な場面で用いられることがあります。

その中でものごとが長続きしない人に対しては、『三日坊主』という言葉を使います。

これは修行に耐えられず三日で辞めてしまうお坊さんから由来しているため、一般的に悪い意味で使われます。

しかしボクはこの三日坊主を良い意味で捉えています。

そこで今回は、三日坊主って実は素晴らしい理由について説明したいと思います。

三日坊主って実は素晴らしい理由

我慢強く辛抱すれば必ず成功することとして、よく次のことわざが用いられます。

『石の上にも三年』

三日坊主とはまさに対象的なことわざです。

しかしボクは昔からこの『石の上にも三年』という言葉があまり好きではありませんでした。

なぜなら自分が飽きっぽくて三日坊主であることをわかっていたからです。

  • 新卒で入社した不動産会社を9ヶ月で辞める
  • 引越しのアルバイトを2日で辞める
  • 中途で入社した求人広告会社を8ヶ月で辞める

ボクの経歴からも三日坊主なのはお分かりいただけると思います。

でも本当に三日坊主ってダメなことなのでしょうか?

ボクは世間とは反対に、三日坊主は素晴らしいことだと思っています。

イヤイヤ続けるのは時間のムダ

そもそも仕事って自分が楽しいと思えることをやった方が、モチベーションも高くて上達しやすいです。

それに長く続けられないということは、自分には合っていないということです。

でも問題なのは、自分が楽しいと思える仕事が一体何なのかわからないことです。

だからこそ色々な仕事にチャレンジするべきだとボクは考えています。

ボクは不動産会社を9ヶ月働いて辞めたとき、このように心に固く誓いました。

「もう絶対に不動産業界では一生働かない」

つまりわずか9ヶ月間で自分には不動産業界は合わないことがわかりました。

これがもしイヤイヤながら5年も10年も続けていたら、おそらくその莫大な時間をムダにしていたことでしょう。

三日坊主の素晴らしい理由はこういうことです。

短期間で自分に合わないとわかって時間をムダにする必要がないから

ボクにとって最悪なのは、イヤな気持ちを抑えて何年も頑張ったけど結局諦めて辞めることです。

それまでの何年もの時間が非常にもったいない!

それよりもとりあえずやってみて、自分に合わないと思ったら辞めれば良いと思っています。

どんどんチャンレンジすれば自分に合うものが必ず見つかるはずです。

合わないものはすぐに辞めるべき

ボクはフリーランスになってから色々とチャレンジしてきました。

それでわかったことがあります。

  • ブログ→長い文章を書くことが自分に合っている
  • Twitter→短い文章で数多く書くことは自分には合わない

ブログはこれまで250記事以上を毎日書き続けています。

一方でTwitterもブログ開設と同時に始めたのですが、その後すぐに辞めてしまいました。

なぜなら自分に合わなかったからです。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

Twitterは自分に向かないので運用をあきらめます【その理由】一般的にブログやアフィリを行っている人の場合、検索エンジンやSNSから流入させることが多いです。 でもボクはこのブログをやるに当た...

実際には3日間では何もわかりませんが、自分に合わないとわかったらなるべく早く舵を切った方が時間をムダにしなくて済みます。

ある程度は続けないと結果は出ない

ボクは自分に合わないと思ったら、どんどん辞めて新しいことにチャレンジするべきだと考えています。

ただし誤解して欲しくないのは、結果は続けることでしか出ないというのもまた事実です。

ボクは9ヶ月で不動産会社を辞めた後も、いくつかの仕事を数ヶ月ごとに転々としました。

でも今フリーランスとして働けているのは間違いなく、広告代理店で6年間働いた経験があるからです。

そのときに培ったベースを使って今でも仕事をしているので、その6年間は決してムダではなかったです。

一方でもし不動産会社を辞めずに続けていたとしても、今ほど成長していたかどうかは疑問です。

なぜなら自分がイヤイヤ仕事を続けたところで、成長できないことは目%