マインド・考え方

なぜ本当に頭の良い人ほど難しい言葉を使わないのか?

ボクは普段から本を読むのですが、不思議と良い本ほど文章がわかりやすいと感じています。

文章は中学生でも理解できるのではないかというほどわかりやすいのに、載っている内容は非常に濃かったりします。

ボクの持論として、本当に頭が良い人ほど実は難しい言葉を使わないのではないかというのがあります。

難しい言葉を知っているのにあえてそれを使わないのは素晴らしいことです。

そこで今回は、本当に頭の良い人ほど難しい言葉を使わないというお話をしたいと思います。

頭が良い人ってどんな人?

まずボクが考える頭の良い人についてお伝えします。

世間一般で頭の良い人というと次のようなイメージがあります。

  • 東大や京大などの名門大学出身
  • 大学教授などの学者
  • 多くの知識を持っている人

特に学歴というのは今でもどこか権威を示すところが存在します。

でもボクが考える頭の良い人というのは、ちょっと違います。

『頭が良い=頭の回転が速い人、仕事ができる人、地頭が良い人』

決して学歴が高いわけではないのに、非常に仕事ができる人がいます。

もしくはしゃべりが上手かったり、アイデアが豊富な人というのもこの頭が良い人に含まれます。

ということで今回は世間一般のイメージではなく、ボクが考える頭が良い人という意味合いででお話したいと思います。

本当に頭の良い人ほど難しい言葉を使わない

頭の良い人というとたくさんいますが、ボクが思う有名人の中で頭が良い人は次のような方がいます。

  • ホリエモン(堀江貴文)
  • ひろゆき(西村博之)
  • 松本人志(ダウンタウン)
  • 秋元康(作詞家)
  • ぐっちーさん(山口 正洋) etc

ボクは彼らの本を読んだり、コメントを聞いたりしたことが何回もあります。

でも「この言葉は難しい」と感じたことがありません。

もちろん彼らは難しい言葉もたくさん知っているはずです。

ひろゆきさんなんて、誰でも理解できるようにわざわざ噛み砕いて説明してくれます。

本当に頭の切れる賢い人ほどわかりやすい説明をしてくれます。

一方でテレビなどを見ていて難しい言葉を使っている人も見かけます。

  • 政治家
  • 大学教授
  • 評論家

彼らが難しい言葉を使いすぎて、時々何言っているのかよくわからないこともあります。

このように見ていくと、難しく説明する人はボクらの理解力が乏しいのではなく、単に説明が下手なだけではないかと思ってしまいます。

なぜ頭が良い人ほど難しい言葉を使わないのか?

じゃあなぜ頭が良い人ほど難しい言葉を使わないのでしょうか?

ボクが思うに、自分の中に一度落とし込んで理解した上で本質だけを話しているからだと考えています。

  1. 一度自分の中に落とし込んで理解する
  2. 要点をまとめる
  3. 掻い摘んで大事なところだけを話す

全て話をしないといけないところを、大事なところだけを話してくれるためこちらも聞きやすいです。

一方で“頭が良いとされている人”の場合、難しい言葉を使うことがよくあります。

これはおそらく、自分の中でまとめずに思ったままに話をしているのではないかとボクは考えています。

だからまとめずに難しい言葉を加えたまま全て話すため、いちいち話が長いです。

確かに難しい言葉を使った方が楽な気持ちはよくわかります。

なぜならその一言で全てが済んでしまうからです。

「でもそれは単に相手に伝えようと努力してないからでは?」

このようにボクは思ってしまいます。

例え難しい言葉を知っていても、頭の良い人は別のわかりやすい言葉に置き換えることができます。

この置き換えが頭の良い証拠です!

難しい言葉を使うのはただの自己満足

難しい言葉を使うメリットって何かあるのでしょうか?

ボクはメリットが全くないと思っています。

  • 言っている意味がわからない人が出てくる
  • 自分の意思が伝わらないことがある
  • 相手に嫌悪感をもたれる

デメリットはあるのに、一方でメリットは話し手にしかありません。

  • 難しい言葉一言で済ますことができる
  • 自分の知識が豊富だと示すことができる
  • 相手が知らない言葉を使うことでマウントが取れる

結局のところ、難しい言葉を使う人ってただの自己満足ではないかと思います。

そして自分をすごいと見せたがる人に限って、案外大したことがないようにも思えます。

ちなみに営業、接客、ブログなど何でも難しい言葉を使ったらアウトです。

なぜなら相手の気分を害することは損失しかないからです。

もはやそこに権威性も関係ありません。

ということで難しい言葉をよく使う人になっても何のメリットもありません。

ボクも普段の仕事やこのブログで難しい言葉を使わないようにしたいです。

最後に

言葉って言い換えればいくらでもわかりやすくできます。

それをしないということは、ただの自己満足であり怠慢でもあります。

人ってつい自分の知らない言葉を知っている人を見ると、すごい人と感じてしまいがちです。

でも本来は大したことない人というのが真実なのではないでしょうか。