営業・広告

営業で契約が取れない時にネガティブにならない3つの対処法

ボクは会社員時代からフリーランスになった今でも自分で営業活動を行っています。

営業において付きものなのは、契約が取れなかったときに落ち込んでしまうことです。

特に営業初心者に多いのですが、落ち込んだ気持ちによって他の仕事にも影響してしまうこともあります。

でもそれだと営業の仕事を続けるのは難しいので対処法を知っておく必要があります。

そこで今回は、営業で契約が取れない時にネガティブにならない対処法についてお話したいと思います。

営業で契約が取れない時にネガティブにならない対処法

ボクは営業は常にポジティブでいる必要があると考えています。

なぜならネガティブでいると、必ず相手にその気持ちが伝わってしまうからです。

すると不思議と契約が取れなかったりしてきます。

ですのでネガティブにならない対処法は営業をやる上で知っておく必要があります。

そこでボクが考える、契約が取れないときにネガティブにならない対処法は以下の3つです。

  1. 見込客に過剰な期待をしないこと
  2. 常に見込客を作っておくこと
  3. 縁がなかったんだと割り切ること

それでは順番に説明していきます。

対処法1:見込客に過剰な期待をしないこと

まず営業を行う上で知っておいて欲しいのが、契約に至らないケースというのは当たり前のようにあることです。

しかも中には、契約がほぼ間違いなく取れると自信満々だったときでもそれは起こる可能性もあります。

「今回は間違いなく契約が取れるだろうなぁ」

このように思っていても、顧客から何の反応もないことはしょっちゅうあります。

だからこそ見込客に対して過剰な期待を抱くのはやめるべきです。

ボクの場合は、見込客がほぼ契約につながると確信しているときが今でもあります。

特に最近ではダイレクトメールからの問い合わせを待っているため、どうしても即契約を期待してしまいます。

なおダイレクトメールに関して詳しくは以下の記事をご覧ください。

【実際にやってわかった】ダイレクトメールを使う3つのメリットボクはフリーランスになってから、テレアポを使って顧客を獲得してきました。 テレアポについて詳しくは以下の記事をご覧ください。 ...

でもそんなときには、その見込客のことを一旦忘れることにしています。

なぜならもしそれでダメだったときに、落ち込みが尋常じゃないほど襲ってくるからです。

契約を期待した分ダメだったときの落ち込みも激しくなる

ですのでいくら自信があったとしても、契約が取れたらラッキーくらいに思っておくのが良いと思います。

これもポジティブになる一つの考え方です。

営業をいくら頑張っても、残念ながらほとんどの人が『ノー』を突きつけてきます。

そんな中でもポジティブに営業を続けるためには、見込客に過剰な期待を抱くことをやめるべきです。

対処法2:常に見込客を作っておくこと

対処法一つ目では、見込客に過剰な期待をしないで、契約が取れたらラッキーくらいに考えておくべきだとお話しました。

さらに他の見込客をいくつか作っておくと自分の心に余裕が生まれるようになります。

いくら見込客に過剰な期待をしないとはいえ、もしダメだったときには誰でも多少落ち込むものです。

そんなときに他にも見込客がいると、

「他にも見込客がいるし、今回ダメだったけど次がんばろう!」

このようにポジティブに営業に対して取り組めるようになります。

反対に見込客が全くいないと営業では非常に不利になります。

なぜなら絶対に契約を取らないといけないと切羽詰まるほど、心に余裕がなくなってそれが相手に伝わるからです。

  • 堂々として自信があるように見える営業マン
  • 心に余裕がなく切羽詰まっている営業マン

果たして見込客はどちらの人に仕事を依頼したいと思うでしょうか?

当然堂々と自信がある営業マンの方が頼り甲斐がります。

営業として最も良いメンタルは、このような状態です。

「今回は契約が取れても取れなくてもどっちでも良いか!」

ちなみにこれは値下げ要求などに対してもかなり効果的です。

フリーランスは値下げ要求にきっぱりと断るべき【対処法あり】独立して2年になる2019年は前年よりも収入が増える見込です。 それは1年目に顧客を増やしたこともありましたが、過度な値下げを辞め...

これくらいに思っておくと余裕が生まれて、相手にその堂々とした気持ちが伝わることになります。

その心の余裕を作るためには、他にいくつかの見込客があるのが理想です。

そして見込客を作るためには、日々タネを撒いておくことが必要になってきます。

なおタネを撒くことについては以下の記事でもお話しているので良かったらご覧ください。

【開花は3ヶ月以降】営業活動で大事なことはタネを蒔くことボクは会社員時代に営業職をしており、今でも直接見込客に案内に行ったりしています。 どんな会社でもフリーランスでも、営業をすることは...

対処法3:縁がなかったんだと割り切ること

ネガティブな気持ちって結構引きずります。

しかしもし契約が取れなかったとしても、いつまでも落ち込んでいてはいけません。

そのためボクの場合は、その見込客とは一緒に仕事をする縁がなかったんだと割り切っています。

よく就職活動やお見合いなどで『縁』という言葉が使われます。

実際に縁というものが存在するかどうかボクにはわかりません。

でも大事なことは、契約が取れなかった見込客のことをすぐ忘れることです。

そのために『縁』というものを口実にするのは賢い方法だと思います。

縁がない→自分の力ではどうすることもできなかった→次がんばろう

縁がなかったんだったら、自分の力ではどうしようもありません。

それよりも反省するところは反省して、ポジティブに次の契約に向けて進む方が自分にとってよっぽど効果的です。

ネガティブな気持ちを断ち切れるなら自分以外のせいにすることも大事

最後に

営業はスキルが重要だとされていますが、ボクはスキルよりも自分のメンタルコントロールの方が大事だと考えています。

いくら経験やスキルがあっても、メンタルが弱いと営業としてはかなり不利です。

また契約が取れなかったりするたびに、いちいち落ち込んでいては仕事になりません。

そんなときには今回お伝えした3つの対処法が効果を発揮するはずです。

強いメンタルを身につけてネガティブを受け止めるよりも、対処法を学んでネガティブを受け流す方が簡単にできるのではないかとボクは考えています。

ですのでもし営業ですぐに落ち込むと悩んでいるのであれば、これらの対処法を試して欲しいと思います。

フリーランスの営業・価格交渉のやり方|仕事がないを解決ボクは2017年に会社員を辞めて、それ以降はフリーランスとして働いています。 主な仕事内容は、飲食店向けの販促物(メニューやチラシ...