営業・広告

【成約率UPにつながる】営業で自信をつける3つの方法

営業を行う上でセールストークのスキルは結果に影響を及ぼします。

しかしボクは、それ以上に相手に示す態度が大きく結果を左右すると考えています。

そのためもし自信なさそうにしてしまうのであれば、まず自信をつける必要があります。

そこで今回は、営業で自信をつける方法についてお話ししたいと思います。

営業で自信をつける方法

ノンバーバルコミュニケーションという言葉があります。

これは言葉以外の情報のことであり、より多く相手に伝わっています。

言葉以外の情報というのは以下のようなことを言います。

  1. 表情
  2. 発する声
  3. 行動や態度

これらは自分の中にある自信から出てくるものです。

そのためもし営業先でオドオドした態度をしていると、相手との交渉ではかなり不利になります。

詳しくは以下の記事で解説しています。

【営業や接客】オドオドした態度は相手に伝わり仕事で不利になるボクは営業経験があるため、自分が営業されたときには相手の心理がわかることがあります。 「この人の頭の中はこういう風に考えているんだ...

つまり営業で上手くいくためには、自信満々の態度でいくべきです。

そこでボクが考える、営業で自信をつける方法には以下の3つがあります。

  1. 自分が勧める商品を好きになる
  2. 断られることは当然と考える
  3. 何を聞かれても答えられるようにする

それでは順番に説明していきます。

方法1:自分が勧める商品を好きになる

ボクは会社員時代、ずっと営業として働いてきました。

そこからフリーランスになったのですが、ボクが会社員時代に最も不満だったものの一つに商品があります。

会社員であれば、当然会社が扱っている商品を販売することになります。

でもその商品を販売しながら自分で欠点が見えてくるようになります。

  • 「この商品は同業他社と比べて高すぎる」
  • 「ここをもっと変えるとさらに売れるようになるのに」
  • 「商品は常に改良していかないといつか売れなくなる」

自社の商品に対する不満は営業であれば、誰でも一つや二つは持っているものです。

でも営業として自信をつけるのであれば、まず自分が扱う商品を好きになる必要があります。

なぜ商品を好きになることが自信につながるのか?

なぜ商品を好きになることが自信につながるのか?

それには以下の理由があるからです。

  1. 自分が本当に良いと思っている方が堂々とした気持ちになれるから
  2. 好きになることでさらに価値を理解しようとするから

営業というと、一般的に他人にモノを売ることを言います。

しかし結局のところ、自分が良いと思っていないモノを堂々と勧めるのって結構難しいです。

「この商品は自分だったら買わないけどな」

このように思っている中で商品を売ろうとしたところで、たいして売れるはずもありません。

また好きなモノほど、より価値を深く理解しようとするようになります。

『好きこそものの上手なれ』

このようなことわざもありますが、結局は仕事や商品を好きな人の方が上達が早いです。

このようなステップで上達していきます。

  1. 商品に対して豊富な知識を自ら学ぶ
  2. どうすれば売れるかと考えるようになる
  3. 売れるためのセールストークが身についてくる

この成長こそが自分自身への自信へとつながっていきます。

方法2:断られることは当然と考える

ボクは営業するときに、いつもこのようなことを考えています。

「断られても仕方がないつもりで行く」

断られることを良しとするわけではありませんが、その覚悟を持って臨むようにしています。

これはなぜかというと、『どうしても仕事が欲しい』という気持ちでいると、相手との交渉で負けてしまうからです。

なお同様のケースで値引き交渉について詳しくは以下の記事でも説明しています。

フリーランスは値下げ要求にきっぱりと断るべき|対処法も公開独立して2年目は前年よりも収入が増えました。 それはいくつかの理由がありますが、過度な値下げを辞めたことも理由の一つとしてあります...
  • 切羽詰まった態度
  • ここで契約を取れないとノルマを達成できない
  • 大型顧客の可能性があるため何としてでも仕事が欲しい

このような追い詰められた気持ちでいると、必死な態度が伝わってしまって相手に良い印象を与えることができません。

それよりもボクがオススメするのは、契約してもしなくてもどっちでもいい態度です。

普通営業するときにはこのような感じで説明するでしょう。

「私どもはとても良い商品を扱っています。他社と比べてもお得なので、絶対に契約するべきです」

しかしボクはいつもこのような感じで相手に説明しています。(実際にはもう少し言い回しを工夫しています)

「私どもはこのような商品を扱っています。料金はこれくらいです。契約されるかどうかはおまかせします」

この前提としてあるのが、常に断られる覚悟でいることです。

また断られる覚悟を持つことで、営業でのネガティブな気持ちを抑えることもできます。

なおネガティブな気持ちへの対処法については以下の記事で詳しく説明しています。

営業で契約が取れない時にネガティブにならない3つの対処法ボクは会社員時代からフリーランスになった今でも自分で営業活動を行っています。 営業において付きものなのは、契約が取れなかったときに...

方法3:何を聞かれても答えられるようにする

営業でベテランと新人を比べた場合、ほぼ間違いなく新人の方が自信がない態度を取ります。

なぜなら営業先での次の展開が読めないからです。

  • 「この次は何を話せばいい?」
  • 「相手はどんなことを聞いてくる?」
  • 「どうすれば契約につながるの?」

営業先でこのようなことを考えていると、どうしても自信のない態度になってしまいます。

一番いいのは場数を踏んで経験値を上げることです。

それによってどのような反応に対しても臨機応変に対応することができます。

しかし経験値は数年レベルで身につくものであり、すぐに自信をつけることはできません。

そこですぐに自信をつけるために、何を聞かれても答えられるようにしておくといいと思います。

事前にあらゆる可能性を想定しておくことで、営業先での不安が和らぎます。

  • よく質問されるのはどんなことか?
  • この商品の良さや特徴は何か?
  • 同業他社との明確な違いは何なのか?

これらを事前に知っておくことは、結果的に商品理解にもつながっていきます。

『方法1』でも説明しましたが、やっぱり商品のことを深く理解することは自信をつける上で非常に重要です。

最後に

営業での成約率をアップさせるためには自信のある態度が欠かせません。

誰であっても自信のない営業マンから何かを勧められるのはイヤなものです。

そして自信をつけるためには、商品のことを深く理解して好きになり、切羽詰まった態度を示さないことが重要です。

これらは誰にでもできることなので、もし営業で上手くいっていないのであれば、ぜひ実践して欲しいと思います。

フリーランスの営業・価格交渉のやり方|仕事がないを解決ボクは2017年に会社員を辞めて、それ以降はフリーランスとして働いています。 主な仕事内容は、飲食店向けの販促物(メニューやチラシ...