営業・広告

1年間ダイレクトメール送った結果|どれだけ仕事につながった?

ボクは独立してフリーランスになってからは、いつも自分の顧客を獲得しようと心がけています。

そして独立1年目(2018年)はテレアポで新規顧客獲得を行っていました。

しかし2年目(2019年)は郵送によるダイレクトメールに切り替えて行ってきました。

そこで今回は、ダイレクトメールを1年間送った結果についてお話ししたいと思います。

顧客獲得でダイレクトメールを使う3つのメリット|営業初心者向きボクはフリーランスになってから、テレアポを使って顧客を獲得してきました。 テレアポについて詳しくは以下の記事をご覧ください。 ...

1年間ダイレクトメール送った総数

まずダイレクトメールを1年間で送った件数とコストについて説明していきます。

ダイレクトメールは全て顧客のターゲットである飲食店に向けて郵送しています。

  1. 食べログで送る飲食店を調べる
  2. A4レターを作って印刷する
  3. 封筒に宛名を書いて飲食店へ送る

この一連の流れによって行っています。

ダイレクトメールを送るときの3つの注意点|フリーランス向けボクは独立2年目である2019年から営業方法を郵送のダイレクトメールに変更しました。 それまではテレアポを利用していたのですが、ダ...

そして2019年に送った総数は次のようになります。

  • 1月:87件
  • 2月:164件
  • 3月:180件
  • 4月:159件
  • 5月:461件
  • 6月:335件
  • 7月:416件
  • 8月:0件
  • 9月:450件
  • 10月:0件
  • 11月:0件
  • 12月:0件

これらを合計すると以下の数字です。

2019年の1年間で送った総数:2,252件

ペースとしては、だいたい毎月200件くらいずつ送った計算です。

ただし始めたばかりだったので、どのタイミングで送ると反応が良いなどがわかりませんでした。

特に5月、6月、7月は問い合わせがなくなってきたので、単に送る量を増やそうと考えただけでした。

このあたりは今後の参考に役立てていきたいです。

コストとしてはどれくらいかかった?

ダイレクトメールは郵送しているため、1件あたりである程度のコストがかかってきます。

実際にかかるのは以下の部分です。

  • 切手代(84円)
  • 封筒代
  • A4レター印刷代

これらを合計すると、およそ1通あたり約100円として換算しています。

そのため1年間にダイレクトメールに費やしたコストは以下のようになっています。

1年間でかかったコスト:約22万5200円

1年間トータルでのコストは計算していなかったので、実際に送ってみて予想よりもコストがかかっていた印象です。

ただ広告宣伝費と考えれば、妥当なところではないでしょうか。

仕事につながった件数

約22万5200円のコストを費やしても、それ以上に元を取れていれば問題ありません。

そこで重要になってくるのが、実際にどれくらい仕事につながったのかどうかです。

1年間で2,252通のダイレクトメールを送って、問い合わせにつながったのは以下の件数です。

  • 1月:0件
  • 2月:2件
  • 3月:2件
  • 4月:0件
  • 5月:0件
  • 6月:1件
  • 7月:2件
  • 8月:1件
  • 9月:1件
  • 10月:2件
  • 11月:0件
  • 12月:0件

合計すると以下の件数になります。

1年間で問い合わせがあった件数:11件

2,252件送って11件しか反応がなかったので、これだけ見るとまだまだ改善の余地がありそうです。

「22万円もコストをかけて11件しか問い合わせがなかったら赤字では?」

おそらくこのように思われるかもしれません。

しかし実際には、これだけの問い合わせで40万円近くも黒字になっています。

なぜなら顧客のクオリティが高いために、高単価の仕事が多かったからです。

それに加えて新規顧客も増えたので、将来さらに仕事につながっていく可能性もあります。

広告はなかなかすぐに結果が出るものではありませんが、ダイレクトメールを始めたことは良かったと感じています。

最後に

2019年からダイレクトメールを始めましたが、メリットが大きかったと感じています。

  • 黒字を生み出せたこと
  • 良い新規顧客を獲得できたこと
  • 時間的な余裕が生まれたこと

しかし一方で、2,252件送って11件しか問い合わせが来なかったのは非常に少なかったとも感じています。

そのためまだまだ改良の余地はありそうです。

ダイレクトメールに関しては、将来性があると判断したので、今後も続けていきたいです。

なおレターを改良したことで、夏の終わり頃から問い合わせが少し増えることになりました。

詳しくは以下の記事で説明しているのでご覧ください。

ダイレクトメールの反応率が少し上がった方法|変更点を解説ボクは本業で飲食店を顧客にしており、フリーランスとして様々な制作に携わっています。 独立直後から主にテレアポを使って新規顧客を開拓...