営業・広告

【チャンスを逃す】先入観にとらわれると営業では損をする

営業という仕事において持っているスキルや経験は大きく活きてきます。

そのため営業初心者とベテランを比べると、やはり経験もスキルも間違いなくベテランの方が上です。

しかし営業初心者がベテランに優っていることの一つに、先入観が一切ないというのがあります。

営業では先入観を持つことによって損をすることすらあります。

そこで今回は、先入観にとらわれると営業では損をするというお話をしたいと思います。

先入観にとらわれると営業では損をする

ボクは会社員時代に、求人広告の会社で営業として働いたことがあります。

その会社の特徴を挙げてみます。

  • 社員数20人弱の小さな会社
  • 営業スタッフは4人で全員が3年以上のベテラン
  • 営業一人ひとりにメールアドレスを持たせていない古い会社

周りにいる営業はみんなキャリア3年以上のベテランだったので、新人はボク一人です。

しかも新人だからと言って研修などは一切ありません。

最低限の商品説明などを教えてもらっただけで、入社初日からいきなりテレアポをやらされました。

ちなみにそのときのボクはテレアポの経験がほとんどありませんでした。

入社後2週間で大型クライアントを獲得

新人だったボクでしたが驚くべきことに、入社して2週間目で大きなクライアントを獲得することになりました。

そのクライアントは大きな企業で求人予算を持っていたため、一番高価な求人枠を売ることができました。

ちなみにより高額な商品を売りたいのであれば、それだけ予算を持っている企業や業種を選ぶ必要があります。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

【顧客の業種を変える】同じ商品がいつもの2倍の金額で売れたワケボクは普段本業で、飲食店に特化してチラシやメニューを作っています。 ところがあるとき、同じ商品なのに通常の2倍の金額で契約が決まっ...

今回の話は、ボクのテレアポスキルがすごいとかそういうことではありません。

むしろ初心者だったため、営業やテレアポスキルは皆無でした。

入社したばかりのボクがいきなり大きなクライアントを獲得できたのは以下の理由があったからです。

理由:先入観が全くなかったから

その大きなクライアントというのは、多くの求人メディアに大きな枠で広告を出稿している企業でした。

つまりキャリア3年以上の先輩たちは、いつでもこのクライアントを獲得することができる状況にありました。

でも先輩たちには先入観があったために一切アプローチをしていませんでした。

  • 「どうせ契約してくれることはないだろう・・・」
  • 「営業してもムダな時間に終わるだろう・・・」
  • 「他のメディアに予算を使ってお金は残っていないだろう・・・」

ところが新人のボクには先入観がなかったために、何も考えずにいつも通り営業していたら金鉱に当たってしまったというだけです。

そのため営業において先入観を持つことは損することに等しいです。

ちなみに大きなクライアントを獲得しましたが、当時は新人だったために継続的に売るだけのスキルが備わっていませんでした。

でもこれによって、営業では先入観を持つと損をすることが学べたので良かったと思っています。

想像は無視して事実をそのままとらえることが大事

仕事はキャリアを重ねてベテランになってくると、自分の経験に基づいた勘を働かせることになります。

  • どうすれば効率良く仕事ができるか?
  • どうすれば同じ仕事量で売上を伸ばせるか?
  • どうすれば同じ時間で営業先をまわれるか?

経験が増えてくるにつれて、このように考えるのは当然です。

しかしこの勘というのは、全て自分の幻想であり、想像でしかありません。

特に先入観という認知バイアスがかかっていることが多いです。

そうなってしまうと、本来獲得できる仕事やクライアントを失う恐れがあります。

ですので大事なことは、事実をそのままとらえることです。

これは恋愛でも同じで、自分自身で勝手な想像をしてしまいがちです。

  • 「実は嫌われているのではないか・・・」
  • 「ボクなんかが告白しても断られるに決まっている」

このように自分勝手に判断して、行動を制限してしまうのは実にもったいないことです。

そうではなく、行動に移して生じた事実を自分で受け止めることが大事なのではないかと思います。

ボクは会社員時代、新入社員が入ってくるのを見るたびに、先入観なく行動している姿を見ながらいつも勉強させられていました。

でも今はフリーランスになってしまったため、そういった新人の姿勢を見る機会を失っています。

ですのでボク自身も先入観にとらわれないように日々意識しながら、これからも仕事をしていきたいと思います。

先入観が無意識のうちに自分の行動を制限させる

最後に

営業において先入観を持つことは、結果的に損する可能性が高いです。

やってみなければ結果がどうなるのかは誰にもわかりません。

経験が増えてくるにつれて、無意識に効率の良さを求めるあまり先入観を持ってしまいます。

先入観を持ってしまうと行動が制限されてしまいます。

もし迷ったら先入観にとらわれることなくどんどん行動していくべきです。

フリーランスの営業・価格交渉のやり方|仕事がないを解決ボクは2017年に会社員を辞めて、それ以降はフリーランスとして働いています。 主な仕事内容は、飲食店向けの販促物(メニューやチラシ...